旧車・絶版車購入ガイド

海外で人気が再燃。値上がり必須のオープンクーペ 日産「フィガロ」

菅野 直人

1990年前後の数年間のみ限定で何種類か販売され、いずれもヒット作となって各社がコンセプトをちょっと拝借した車を出したことで知られる日産パイクカーシリーズですが、中

旧車・絶版車購入ガイド

2020.05.25

今でも愛好家が多い、レトロちっくな外見が魅力な日産「パオ」

菅野 直人

現在でも「ちょっとクラシックカー風にしたコンパクトカー」はいくつか作られていますが、1980年代後半から1990年代前半にかけて販売され、日本における先駆けとなった

旧車・絶版車購入ガイド

2020.05.22

バイクのような超高回転エンジンが気持ち良い ホンダ「ビート」

菅野 直人

四輪車市場への参入時に試作された「S360」が結局小型車「S500」として世に出て以降、実用車ばかり作っていたホンダですが、1991年に思い切り気合を入れて発売した

旧車・絶版車購入ガイド

2020.05.25

ミッドシップエンジンにガルウイング!?軽スポーツ界のスーパーカー オートザム「AZ-1」

菅野 直人

バブル時代が生み出した軽自動車の中で最もぶっ飛んでいたのがオートザム「AZ-1」でした。過激なチューンナップで白ナンバーのスポーツカーを追いまわしたと思えば、乗り手

旧車・絶版車購入ガイド

2020.05.19

唯一無二の軽オープンFRスポーツ スズキ「カプチーノ」の実力は!?

菅野 直人

FRオープンスポーツといえば「これぞスポーツカー!」ですが、中でも日本最小の量産FRオープンスポーツとして有名なのが1991年から1998年まで販売されていたスズキ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.05.18

チューニングベースに最適!日産最後の5ナンバーFRセダン「ローレル」

菅野 直人

かつてトヨタ「マークII」3兄弟としのぎを削った日産のアッパーミドルセダン「ローレル」を覚えていますか? 2代目以降は実質的に「スカイライン」の兄弟車で、販売政策

旧車・絶版車購入ガイド

2020.04.28

ハイソカー路線から一転、いまだ色褪せないスポーツセダンの代表格 トヨタ「チェイサー」

菅野 直人

1980年代から1990年代初頭にかけての「ハイソカーブーム」を乗り切ったトヨタ「マークII」3兄弟の次男「チェイサー」。 長男マークIIや三男「クレスタ」より若

旧車・絶版車購入ガイド

2020.04.24

現代に蘇った40ランクル?ポップな見た目に反して本物の走破性をもつ「FJクルーザー」

菅野 直人

1990年代後半から「現代の車をベースにして、過去の名車のモチーフを可能な限り再現したリメイク」というのが流行りました。 海外ではVW「ビートル」を手始めにさまざ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.04.25

ドラマあぶない刑事でお馴染みの元祖ハイソカー 日産「レパード」中古車購入ガイド

菅野 直人

同じ車名でも代替わりしていくうちにコンセプトが大きく変わり、先代とは全く別の車になることが時々ありますが、日産「レパード」もその1台です。 高級スペシャリティカー

旧車・絶版車購入ガイド

2020.04.22

バブル時代に一世を風靡!高級ビッグサルーン日産「セドリック」

菅野 直人

「シーマ」や「セルシオ」といった新世代の高級車が登場するまで大型高級セダンの代名詞と言えば、トヨタ「クラウン」、日産「グロリア」「セドリック」でした。 その中でも

旧車・絶版車購入ガイド

2020.04.13

SUV風なのにベースはあの大衆車?コンセプトが秀逸な「ラシーン」の魅力とは

菅野 直人

1994年の発売当時、まだ流行し始めたばかりのクロスオーバーSUVの世界に、一世を風靡した“日産パイクカー”のテイストを加えて成立したのが日産「ラシーン」です。

旧車・絶版車購入ガイド

2020.04.13

生産期間45年!高級セダン市場でクラウンと覇権を争った日産「グロリア」とは!?

菅野 直人

かつてトヨタ「クラウン」と大型高級セダンの覇権を争ったのが日産「セドリック」と「グロリア」です。グロリアはセドリックより歴史の古い車で初代モデルは当時のプリンス自動

旧車・絶版車購入ガイド

2020.04.11

デートからサーキットまで活躍、小型FRスポーツの代表作!日産「S13型シルビア」

菅野 直人

この車は、1988年に登場後、バブル時代の波に乗りデートカーとして大ヒットしました。 それゆえ中古車市場でもタマ数豊富で、1990年代のドリフトブーム・走り屋ブー

旧車・絶版車購入ガイド

2020.04.06

今後作られないのでは?と言われる5ナンバーFRスポーツクーペ。S15型シルビアの実力とは?

菅野 直人

衝突安全基準の強化や環境題、需要減少により、おそらく今後作られないのでは?と言われる5ナンバーFRスポーツクーペ。 そんな、希少価値の高いポジションの車が、日産「

旧車・絶版車購入ガイド

2020.03.30

通好みの3ナンバーFRスポーツクーペS14型シルビア、再評価されたその実力とは?

菅野 直人

歴史的名作に数えられる日産「S13型シルビア」から一転、バブル崩壊期にデビューしSUVやミニバン人気に押され、スペシャルティカー市場そのものが低迷する中、3ナンバー

旧車・絶版車購入ガイド

2020.03.28

絶滅危惧種!見つけたらすぐに買うべき!三菱「ランサーエボリューション」(第1/第2世代)

菅野 直人

WRCをはじめ国内外のモータースポーツで大活躍した三菱「ランサーエボリューション」。最初に登場したランエボIの時点で「コンパクトなランサーへギャランVR-4のメカニ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.02.01

ハイパワーエンジンとMTの組み合わせはこれが最後?日産「Z34フェアレディZ」

菅野 直人

発売から11年とさすがに「現行モデルと言うには古い」日産の6代目「フェアレディZ」(Z34)ですが、ロングセラーモデルゆえに初期型でさえ現行モデルと基本的には同じだ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.31

上質で速い!大人のプレミアム・スポーツ、三菱「ランサーエボリューションX」を知る

菅野 直人

今でも復活が望まれながら、2020年現在で最後の三菱自動車「ランサーエボリューション」(ランエボ)である第4世代「ランエボX」。走行性能を重視しながら高級GT路線ま

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.31

走行性能だけじゃない!ATやワゴンも選べる三菱「ランサーエボリューションVII~IX MR」

菅野 直人

2001年の三菱「ランサーエボリューションVII」から進化を極めて最終型の「ランサーエボリューションIX MR」など2020年現在でもモータースポーツの最前線で使わ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.30

ホンダの自然吸気エンジン搭載スポーツセダンの決定版!シビックタイプR(FD2)とは!?

菅野 直人

7代目「シビック」(EU)まで設定されていたハッチバックがついに8代目で消滅して4ドアセダンのみとなった時、ああこれでシビックタイプRはなくなったんだな…と思った人

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.25

最後の自然吸気エンジン搭載ハッチバック型TypeRのホンダ「シビックタイプR」(EP3/FN2)とは

菅野 直人

フルノーマルでも群を抜く高性能と、若者にも手を出しやすい価格だった初代シビックタイプRは2000年9月で販売終了してしまいましたが、その後もシビックタイプRの歴史は

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.25

現在もクラストップのハイパフォーマンス!初代ホンダ「シビックタイプR」とは!

菅野 直人

今や400万円以上の高額車になってしまいましたが、1997年8月に登場した初代「シビックタイプR」(EK9)は200万円以下と若者にも手が届く現実的な価格でありなが

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.24

GT-Rだけじゃない!直6エンジンを味わうためのR34スカイライン選びとは!?

菅野 直人

日産「スカイライン」は1957年の初代発売以来、現在でも販売中で長い歴史を誇る車ですが、それだけに単なるモデルチェンジに留まらずコンセプト自体の大幅変化を何度か経て

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.23

今でも色あせないトヨタを代表する高級車「3代目セルシオ」購入のポイントとは?

菅野 直人

世界を震撼させた高級車レクサス「LS」、日本では3代目までトヨタ「セルシオ」の名で販売されていました。4代目以降は日本でもLSとして販売されるも、日本ではすっかり

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.02

国外流出進む日産「R33スカイライン」。欲しいならすぐ買うべき!その判断方法とは?

菅野 直人

開発中にバブル崩壊、日産も販売激減で大変なことになりコストダウンを迫られる中、どうにかデビューした9代目「スカイライン」(R33)は「大きく重く、動きがダルくなって

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.01

5ナンバーサイズの正統派FRスポーツセダンは日産「スカイライン」R32以外無し!

菅野 直人

1989年、先代同様に「ハイソカー路線」を歩み続けるかに見えた日産「スカイライン」の印象を一変させた8代目スカイライン(R32)。最後の5ナンバーサイズの正統派FR

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.29

圧倒的なパワーに興奮“スープラセダン”ことトヨタ「アリスト」の中古を買う

菅野 直人

日本でもレクサス車の販売が開始される以前、レクサス「GS」はトヨタ「アリスト」として販売されていました。GSと異なり3.0リッター直列6気筒DOHCツインターボエン

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.20

「TypeR」とは付かないがほぼTypeR。2代目ホンダ「CR-X」の入手法

菅野 直人

かつて最高のスポーツハッチバックとして名高い1980~1990年代のホンダ「シビック」からさらにホイールベースを短縮し軽量化、強力なエンジンによる動力性能のみならず

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.19

高価だけど“アガリのクルマ”、第2世代「スカイラインGT-R」の入手方法

菅野 直人

日産「GT-R」がすっかり1,000万円オーバーのスーパーカーになってしまった現在、それに劣らぬ魅力を持つ、あるいはそれ以上の魅力を持つともされる日産「スカイライン

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.18

一度は所有したい!伝説のFRスポーツ、トヨタ「AE86」を手に入れる方法とは!?

菅野 直人

現在でも根強い人気を誇るトヨタ「カローラレビン/スプリンタートレノ」(AE86)。しげの秀一氏の漫画「頭文字D」やプロレーサーの土屋圭市氏がドリフトや峠走行に用いた

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.17