旧車・絶版車購入ガイド | 2020.08.29

今からでも手に入る?車好きなら一度は乗りたいロータリーターボ!「RX-7」

Posted by 菅野 直人

“マツダ・ロータリー・ロケット”の定番中の定番であり、もっとも長く生産・販売されて愛されたロータリーエンジン車、マツダ・RX-7。2002年に3代目FD3S型が販売終了するまで、多くの熱狂的なファンに愛され、2010年代が終わろうとする今でさえ復活を望む声が多い、この傑作の中古車相場やオススメのグレードなどを紹介します。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

マツダ・RX-7とは

1970年代、世界で初めて2ローター式ロータリーエンジンの実用化と量販化に成功、小排気量・小型軽量ながら高出力を発揮する「未来を目指す夢のエンジン」として世界中から賞賛されたマツダ。しかし、オイルショックによる原油高でガソリン価格が高騰すると、アメリカンV8エンジンにすら劣る燃費劣悪車として、一気にその評判を落とし、マツダ自体が存亡の危機に陥る事態となりました。

そんな状況を打破するとともに、絶賛から一転、酷評され続けたロータリーエンジンの復権をも目指して1978年に発売されたのが、SA22型・初代サバンナRX-7でした。コンパクトなスポーティセダン/クーペだったサバンナの後継車ながら、ロータリーモデルらしくエンジンを可能なかぎり低く後方に搭載したフロントミドシップレイアウトと、リトラクタブルヘッドライトを持つシャープなデザインのスポーツクーペは大ヒット!

「赤いファミリア」こと初代FFファミリア(1980年発売)とともに、イメージダウンによる悪影響ゆえクルマが売れず崩壊寸前だったマツダの救世主となり、人々にロータリースポーツの素晴らしさをあらためて強く印象づけたのはご存じの通り。2代目FC3S型サバンナRX-7/FC3CサバンナRX-7カブリオレ、3代目FD3S型RX-7と3代24年にわたって長く販売され続けました。

RX-7は、ロータリーにこだわり続けたマツダにおいて最後のロータリーターボ車(後継のRX-8は自然吸気ロータリーエンジン)であり、2002年に3代目FD3S型が生産終了されてから現在に至るまで、新たな後継車の登場が望まれている歴史的な名車といっても過言ではありません。

RX-7の中古車相場

絶版の人気スポーツカーのためワンオーナー車やフルノーマル車はもちろん、改造が施されたチューンドカーも高値安定傾向。安いタマもありますが絶版部品も多いので、維持するためには整備や修理を依頼できるショップが身近にあったり、自力で整備可能だったりする場合をのぞいては、安易に手を出さないほうが良いでしょう。

数多く量販される実用車と異なり、ロータリーエンジンはじめ専用部品が多い特殊なスポーツカーであることや、絶対的な販売台数が少ないため中古部品やリビルトパーツはごくわずか。同じマツダ車でも初代NA型ロードスターのように純正レストア事業による廃盤純正部品の再供給がないことにも注意が必要で、とりわけ中古車の流通台数が少ない2代目までは「昭和時代の旧車」を維持する覚悟も必要です。

とはいえ、3代目FD3Sについては中古流通台数も多く、現在のモータースポーツでも通用する高い戦闘力を保持するなど、単なるコレクションとしてだけではなく、実用に供するクルマとして所有に値する魅力は十分にあります。

RX-7のオススメグレード!もっとも新しい3代目なら1999年以降の5型(タイプRB除く)

長い歴史をもつRX-7だけに、初代・2代目は選ぼうにも流通台数が少なく、選択肢はないとみてまず間違いナシ。ですが、2019年11月現在でも200台以上が流通する3代目はそれなりに各グレードから選ぶ余地があります。そのなかでもオススメなのは、1999年1月の改良で通称「5型」と言われる、13B型ロータリーターボエンジンが280馬力に達した以降のモデル。

従来からの265馬力(4AT車は255馬力)に留まる「タイプRB」および「タイプRB Sパッケージ」をのぞく、「タイプR」「タイプRS」、2000年10月に通称「6型」となってから追加された「タイプRZ」「タイプRバサーストR」「タイプRバサースト」「スピリットRタイプB」「スピリットRタイプC」が280馬力・5速MT仕様で、タイプRZとスピリットRタイプCが2シーター、ほかは4シーター仕様(2+2シート)です。

ただし、それはあくまでノーマル車での話であり、新車販売当時から改造を受けることが多かったRX-7においては初期の車両でも後に馬力向上したエンジンへ載せ替えたり、チューニングでノーマルを大きく上回る大出力仕様となっていたり。また、外観が社外パーツで大きく変わっているクルマも数多く、実際には購入の際に1台1台、具体的な状態やそれまでの整備・改造履歴を丹念に確認する必要があります。

もし、最初からチューニングカーが欲しいのであれば、ノーマルに近い車を購入してイチから手をつけるより、最初からチューニングが施された個体を購入して必要な消耗品を交換するなど、徹底的に整備する方が得策といえるかも知れません。

RX-7の中古車選びの注意点

すでに何度か書いているように、RX-7は初代から3代目まで一貫してロータリーエンジンを搭載したリアハッチつき2ドアスポーツクーペ(2代目カブリオレのみ2ドアオープンスポーツ)であり、専用部品が多用された特殊なクルマであるため、純正部品の供給は旧くなるほど難しく、目につかないところであればともかく、目につく内外装部品の欠落や破損を気にするようならば、なるべく現車をじっくり隅々まで確認することが肝心です。

また、見た目でわかるかどうかに関わらず何らかの改造を受けた車も多いため、車高や排ガス、内外装の突起など車検が通る状態かどうかの確認も必要ですから、車検が残っているからと安易に購入すると、そのままでは車検が通らなかった、などと泣きをみる可能性も。

さらに、簡単な構造で分解整備も楽だと言われるロータリーエンジンながら、酷使されたり生産時からハズレのエンジンだったりした場合は、圧縮不足で十分に馬力やトルクが出ないといった問題が考えられるため、それなりの知識も求められます。

中古車購入以前に「多少のトラブルなら解決できるノウハウを自分で持っているか、持っているショップと付き合いがある」こと、そうでないなら新たに付き合いをお願いしないかぎり、そもそも購入じたいを控えた方が良い類の特殊なスポーツカーだ、ということはキモに銘じておいてください。

RX-7の中古車の維持費目安

クルマの維持費はRX-7のような特殊な車であっても整備さえキチンとしていればそうは変わらず。故障でも起きないかぎり、必要経費として考えればいいのは駐車場代、タイヤやオイルといった消耗品代、ガソリン代に車検代と税金くらいです。

とはいえ、RX-7ならではの注意点はいくつかあり、自動車税は初代が搭載した12A(573cc×2ローター)にしろ、2代目と3代目が搭載した13B(654cc×2ローター)にしろ、ロータリの場合は「排気量×1.5倍」が課税される排気量扱いとなる「ロータリー換算」が存在するため、12Aなら「573×2×1.5=1,719cc」、13Bなら「654×2×1.5=1,962cc」、つまり1.5リッター以上2リッターのエンジンと同じ自動車税が請求されます。

さらに、もっとも新しい3代目FD3S型RX-7でも2002年の生産終了から17年以上経過していますから、新車登録から13年以上超過した車への15%が加算され、毎年の自動車税は代を問わず45,400円となります。

くわえて、燃費は3代目FD3S型でも10・15モード燃費でカタログ値7.0~8.1km/L、実燃費となると約4~7km/L台程度でしかありませんし、おまけにシーケンシャルツインターボのハイオク指定ですからハイオクガソリンしか給油できず、実燃費30km/L超えもある現在のエコカーからすれば、同じ距離を走っても数倍のガソリン代がかかります。

2019年11月現在のハイオクガソリンの平均価格が約153円程度なので、仮に280馬力仕様の5速MT車(最良でも実燃費7km/L程度)で月に1,000km走るだけでも、ガソリン代は約2万2千円程度。年間維持費は自動車税とガソリン代だけで約31万円!!

破損や故障での出費も社外品や特注品が用いられていればバカにならず、さらには希少価値も出てきた人気スポーツカーゆえにセキュリティや保険にも気を使う必要が。RX-7を中古車で購入するならば、それなりの収入があるか、収入のかなりの割合を維持費が占めるものと考えた方がよさそうです。とはいえ、永遠に語り継がれるであろう名車、RX-7。クルマ好きなら誰もが一度は憧れて当然、購入を検討してみる価値は大アリといえるでしょう。

RX-7で良いタマが無いときに検討すべき車種は?

ロータリースポーツとして人気の高いマツダ・RX-7ですが、2020年8月現在で中古車のタマ数は、初代SA22Cで10台、2代目FC3Sおよびコンバーチブル版FC3Cで38台、3代目FD3Sでも127台しかありません。

その中で、程度良好な車を探すと、FC3Sでも400万円オーバー、FD3Sであれば900万円オーバーという領域に入ってしまい、あまり安い車を買ってもオーバーホールやレストアなどで結局は同じような予算を覚悟する必要があり、お世辞にも燃費がよい車でもないため、月々の燃料代も高くつきます。

そうなると他の選択肢も検討してみるべきで、有力候補は基本的に「FRスポーツ」になります。ロータリーにこだわるのであれば、NA版13BのRX-8、ピュアスポーツということであれば、ホンダ・S2000、それも超高回転型エンジンを搭載した、前期のAP1であればなおオススメです。

また、RX-7であれば、3代続けてヘッドランプがリトラクタブルライトであったため、そこにこだわるのであれば、最近マツダが純正レストアメニューを打ち出し、維持のしやすさが魅力の初代ロードスター(NA系)もよいでしょう。エンジンパワーが物足りない場合は、思い切ってエンジンスワップしたものを選ぶ手もあります。

クローズドボディのクーペがよいという場合は、他にも日産・S15シルビアやR34スカイラインクーペ、トヨタ・80系スープラという選択肢もありますが、いずれも年代的にはFD3Sと同時期で程度のよい車は高いことや、AT限定免許のユーザーも考慮すると、最新のトヨタ・スープラ現行モデルが結果的に安くつくかもしれません。

RX-7の中古、FCとFDであれば、どちらがオススメか?

比較的タマ数のある2代目FC3S/FC3Cと3代目FD3S、どちらが乗りやすいか(維持しやすいか)?ということになると、まだいくらか新しくて部品の入手も容易なFD3S一択なのは間違いありません。

ただ、FD3Sの形状はヌメっとしてどうにも気に入らず、FC3Sの形がどうしても好きでたまらないという人もいるかと思います。

カタログスペックとしては、最大280馬力を発揮するFD3Sの圧勝ですが、チューニング次第でどうにでもなり、こればかりは「好きな方を選んでください」というのが答えです。

10年ほど前までであれば、「まだ新しいFD3Sより、安いFC3Sの方がガンガン走って乗り倒すのに向いている」と言われていたこともありますが、現在はどちらもこの先乗れない貴重なロータリースポーツという意味で変わりはありません。また、程度のよい車はプレミア価格がついているため、「好きだから」という理由以外ではオススメできません。

RX-7の後継機、新型の噂は?

ロータリーターボを搭載した最後のピュアスポーツというわけで、RX-7後継車の噂は、それこそFD3S末期から浮かんでは消えていっています。

マツダが当初目指したNA版13B「RENESIS」のピュアスポーツRX-01は、4ドア・4シーター車へ再設計された上で、RX-8として世に出ましたが、2013年にRX-8が廃止されてからもマツダは、ロータリーエンジン開発継続を公言しているものの、実車は登場せず、ロータリーファンに夢だけ与えているのが実情です。

「RX-9」とも言われる新たなロータリースポーツが、新型ロータリーターボ「SKYACTIV-R」を搭載して、いつか発売されるという夢は消えず、実際にそれらしきエンジンの特許が出願されているのも確認されていますが、それがいつになるかはわかりません。

現状で実用化の見込みがある自動車用ロータリーエンジンは、そのコンパクトさや振動・騒音の少なさから、レンジエクステンダーEV用の発電機に限られており、ロータリースポーツなど、最近ではコンセプトカーでも登場しなくなりました。

仮に登場するとして、電動化時代に対応したマイルドハイブリッドや電動スーパーチャージャーと組み合わせた環境対応型スポーツになると思われますが、そこまでいくと「ロータリーエンジンである必要はあるのか?」という問題も出てくるため、なかなか難しいでしょう。

唯一活路があるとすれば、水素燃料とロータリーエンジンの相性が良いことで、FCV(燃料電池車)用の水素ステーションで燃料を補給し、有害な排気ガスをほとんど出さない水素ロータリースポーツであれば、水素ステーションが整備された遠い将来に実現する可能性は高そうです。

合理的に考えれば悲観的ではありますが、スポーツカーのような車は必ずしも合理的な考えだけで片付けることができないため、実際は「マツダの心意気と経営の余裕」次第ともいえます。

RX-7の専門店・カスタムショップで有名どころといえば?

人気車種のため、ロータリーエンジンそのものを得意と公言するショップは日本全国にありますが、実際のところ、そうしたショップでも近場にない限り、なかなか足を運ぶことはないと思います。

RX-7で言えば、「RE雨宮」(千葉県富里市)が有名どころではありますが、それも含め実際にはそうしたショップで開発したパーツを通販で購入したり、近場のショップを通して購入し装着、セッティングまでお任せするケースがほとんどなはずです。

幸い、RX-7はサーキット走行会やドリフト、ジムカーナと多彩なステージで活躍している車なので、そのようなイベントや競技が開催されている近場の会場へ足を運び、出場しているユーザーから話を聞いて、自分が通いやすいショップを選ぶことをオススメします。

 

↓この記事に興味ある読者にはこちらもオススメ↓

復活に期待⁉マツダが誇るロータリーエンジン、搭載車の魅力とは

RE雨宮のコンプリートカー「GReddy」シリーズ3選+伝説の1台!

RB26DETTや2JZ-GTEなど、各メーカーから1機ずつ選出!国産車メーカー史上最高のエンジン8選

 

RX-7を中古車探しのプロ非公開車両から探しますRX-7の中古車を市場に出回っていないガリバーの非公開車両、500店舗、18000のネットワークから条件にあった中古車を中古車探しのプロが探します。
中古車検索サイト、インターネットで条件の合うRX-7が見つからなかった方は是非一度相談して下さい。

RX-7の在庫を見る

※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。