買取相場 | 2022.12.15

人馬一体感に磨きをかけたシティ派SUV、マツダ「CX-30」の残価率は大健闘か?

Posted by 菅野 直人

マツダ独自のSKYACTIVテクノロジーを初めて全面採用したCX-5がヒット作となり、SUVを新たな基幹カテゴリーに据えることを決めたマツダ。 デミオ(現在は改名してMAZDA2)がベースのコンパクトなCX-3と、アテンザ(同MAZDA6)の姉妹車と言える、やや大柄なCX-5の中間的モデルとして、アクセラからのモデルチェンジを機に改名したMAZDA3をベースとしたミドルサイズSUVとして開発したのがCX-30です。 狭すぎず大きすぎず、手頃なサイズのSUVを高い質感で提供するCX-30は、買取市場でどのような評価を受けているでしょうか。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

CX-30の中古車市場での人気について

2022年11月現在、大手中古車情報サイトにおけるCX-30の流通台数を見ると、以下のようになっています。

2リッター純ガソリンエンジンのSKYACTIV-G2.0、または2022年8月以降マイルドハイブリッド化したe-SKYACTIV-G2.0搭載の「20S」系が、436台で車両本体価格は165.7万~326.9万円、そのうち試乗車や展示車、登録済み未使用車と思われる走行500km以内の車両は、13台(239.8万~319万円)。

予混合圧縮着火を採用して熱効率を向上した新型直噴ガソリンエンジンへ、マイルドハイブリッドを組み合わせた2リッター純ガソリンエンジン+MHVのe-SKYACTIV-X2.0を搭載する「X」系(2020年1月追加)が、69台で225万~383.9万円、うち走行500km以内が、3台(264.8万~329.8万円)。

1.8リッター直噴ディーゼルターボエンジンSKYACTV-D1.8を搭載する「XD」系が2、26台で189万~321万円、うち走行500km以内が、6台(264.8万~319万円)。

「性能はともかく、高価過ぎる」(新車の車両本体価格が330万~407万円)と不評の「X」系はさすがに少なく、流通台数の約6割を20S系が占めていて、「燃料が経由で安く、トルクフルなXD系、高性能のXD系」に比べ、手頃な価格で普通のSUVが欲しい、という保守層に人気があるようです。

なお、マツダといえば、MT車の設定比率が多いことでも知られますが、CX-30でも20S系とX系に設定があるものの、中古車の流通は30台と約4%に過ぎず、価格帯も199.8万~331.9万円と、特にプレミアがついているわけでもありません。

 

買取査定額が期待できるCX-30のグレード

グレード別で単純に買取査定額が高いものを探すと、装備が充実した「プロアクティブツーリングセレクション」、「Lパッケージ」が上位に来ますが、あくまで車両本体も高いからであり、意外と健闘しているのが素の「20S」です。

今回の調査では、2021年式以前、つまりマイルドハイブリッドのe-SKYACTIV-G化された2022年8月以前の車両のみであり、純ガソリン車のもっとも簡素な最廉価グレードが新車価格(239.25万円)の割に買取査定で高く評価されています。

つまりは、「内外装の豪華さや充実した装備」は査定であまり高く評価されない、CX-30くらいのマツダ製ミドルクラスSUVだと、それより手頃な価格の方が重要視されている、と考えられそうです。

 

買取査定額が期待できるCX-30のカラー

買取査定の評価が凡庸な最廉価グレードほど高いというのであれば、ボディカラーも無難で保守的な白黒系が人気かといえば、そうでもありません。

黒、白(パール)、グレー、赤、紺といった感じで、白黒系以外も普通に高額査定が出ており、あえて言えば茶色やシルバー系が低い程度。

ここから考えられるのは、ファミリーカーやフォーマルな場へ乗りつけるラグジュアリーカーというよりも、「手頃なサイズ、手頃な価格でパーソナル用途の需要が多い、ちょっと立派なアシ車」というCX-30像が浮かび上がってきます。

マツダSUVのエントリーモデルとなるはずが、販売面で苦戦しているCX-3に代わり、CX-30が新たなエントリーモデルと受け止められているのでしょう。

 

【1年落ち2021年式CX-30の目安査定額】

1年落ちの2021年式CX-30は、2020年12月の改良(X系とXD系は2021年1月発売)によって、追加されたばかり(2020年1月)なのに、コストパフォーマンスの悪さを指摘され不評の「X」系がテコ入れされ、最高出力、最大トルクともに向上したほか、XD系も最高出力を向上し、トルク特性も低回転型にチューニング。

また、同じタイミングで2020年7月に発売した特別仕様車「100周年記念車」には、2020ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーのTOP3選出を記念した、「100周年特別記念車2020WCOTY TOP3選出記念モデル」が追加されています。

2021年4月には、サスペンションセッティングの変更、10月にもX系がさらにテコ入れされ、吸排気系のサウンドチューニング、コストパフォーマンス改善のため「プロアクティブ」系グレードをX系のみ廃止して、装備を厳選した安価なグレード、「Xスマートエディション」を追加する改良を受けました。「オプション込みでおおよその新車価格」と2022年11月現在での平均買取相場は、以下のようになっています。

 

(SKYACTIV-Gガソリン車)

20S 新車276万円に対し、買取価格176万円程度
20Sプロアクティブ 新車300万円に対し、買取価格175万円程度
20Sブラックトーンエディション 新車306万円に対し、買取実績なし
20Sプロアクティブツーリングセレクション 新車314万円に対し、買取価格186万円程度
20S Lパッケージ 新車320万円に対し、買取価格182万円程度
20S 100周年特別記念車 新車356万円に対し、買取価格195万円程度
20S 100周年特別記念車2020WCOTY TOP3選出記念モデル 新車360万円に対し、買取実績なし

 

平均買取価格 183万円程度・平均残価率59%程度

 

(SKYACTIV-Xマイルドハイブリッド車)

Xスマートエディション 新車318万円に対し、買取実績なし
Xプロアクティブ 新車376万円に対し、買取実績なし
Xブラックトーンエディション 新車381万円に対し、買取実績なし
Xプロアクティブツーリングセレクション 新車389万円に対し、買取実績なし
X Lパッケージ 新車395万円に対し、買取実績なし
X 100周年特別記念車 新車431万円に対し、買取価格204万円程度
X 100周年特別記念車2020WCOTY TOP3選出記念モデル 新車435万円に対し、買取実績なし

 

平均買取価格 204万円程度・平均残価率47%程度

 

(SKYACTIV-Dクリーンディーゼル車)

XDプロアクティブ 新車331万円に対し、買取価格192万円程度
XDブラックトーンエディション 新車336万円に対し、買取実績なし
XDプロアクティブツーリングセレクション 新車344万円に対し、買取価格197万円程度
XD Lパッケージ 新車351万円に対し、買取価格204万円程度
XD 100周年特別記念車 新車386万円に対し、買取価格209万円程度
XD 100周年特別記念車2020WCOTY TOP3選出記念モデル 新車390万円に対し、買取実績なし

 

平均買取価格 201万円程度・平均残価率57%程度

 

【2年落ち2020年式CX-30の目安査定額】

2年落ち2020年式CX-30は、2019年10月に発売されたCX-30の2年目モデルで、2020年1月に新型エンジンへマイルドハイブリッドを組み合わせたe-SKYACTV-X2.0搭載のX系グレードを、同7月にはマツダ創立100周年を記念し、記念装備で充実させた特別仕様車「100周年特別記念車」を追加しています。

2020年12月には、2021年式の項で説明した改良がX系とXD系に施されたほか、20S系を含む全車でCTS(クルージング&トラフィックサポート)の作動上限速度を従来(55km/h)より高速域まで引き上げ、レーダークルーズコントロール(MRCC)の加減速制御も滑らかになりました。「オプション込みでおおよその新車価格」と2022年11月現在での平均買取相場は、以下のようになっています。

 

(SKYACTIV-Gガソリン車)

20S 新車276万円に対し、買取価格162万円程度
20Sプロアクティブ 新車300万円に対し、買取価格167万円程度
20Sプロアクティブツーリングセレクション 新車314万円に対し、買取価格174万円程度
20S Lパッケージ 新車320万円に対し、買取価格175万円程度
20S 100周年特別記念車 新車356万円に対し、買取価格168万円程度
20S 100周年特別記念車2020WCOTY TOP3選出記念モデル 新車360万円に対し、買取実績なし

 

平均買取価格 169万円程度・平均残価率54%程度

 

(SKYACTIV-Xマイルドハイブリッド車)

Xプロアクティブ 新車376万円に対し、買取実績なし
Xプロアクティブツーリングセレクション 新車389万円に対し、買取実績なし
X Lパッケージ 新車395万円に対し、買取価格226万円程度
X 100周年特別記念車 新車431万円に対し、買取実績なし

 

平均買取価格 226万円程度・平均残価率57%程度

 

(SKYACTIV-Dクリーンディーゼル車)

XDプロアクティブ 新車331万円に対し、買取価格164万円程度
XDプロアクティブツーリングセレクション 新車344万円に対し、買取価格182万円程度
XD Lパッケージ 新車351万円に対し、買取価格187万円程度
XD 100周年特別記念車 新車386万円に対し、買取価格196万円程度

 

平均買取価格 182万円程度・平均残価率52%程度

 

【3年落ち2019年式CX-30の目安査定額】

3年落ち2019年式CX-30は、2019年10月に発売されたマツダの新型SUV、CX-30の初期モデル。

CX-3とCX-5の中間的なサイズと車格のSUVとして、2019年5月に発売されたMAZDA3(3代続いたアクセラのモデルチェンジ版)をベースに開発された新型で、クーペルック的でスポーティな外観は、MAZDA3ファストバックに通じるものの、特に後席の頭上スペースに配慮しつつ、ほとんどの機械式立体駐車場へ収まる全高1,540mmへ抑えたのが特徴です。

発売時点では、e-SKYACTV-X2.0搭載の「X」系グレードはまだ設定されておらず、2リッター純ガソリンエンジンのSKYACTV-G2.0を搭載した「20S」系と、1.8リッタークリーンディーゼルターボSKYACTV-D1.8Dを搭載した「XD」系のみ。

20S系のみベーシックグレードの「20S」があり、全系統で装備充実版の「プロアクティブ」、「プロアクティブツーリングセレクション」、「Lパッケージ」が設定されました。「オプション込みでおおよその新車価格」と2022年11月現在での平均買取相場は、以下のようになっています。

 

(SKYACTIV-Gガソリン車)

20S 新車276万円に対し、買取価格156万円程度
20Sプロアクティブ 新車300万円に対し、買取価格146万円程度
20Sプロアクティブツーリングセレクション 新車314万円に対し、買取価格173万円程度
20S Lパッケージ 新車320万円に対し、買取価格177万円程度

 

平均買取価格 163万円程度・平均残価率54%程度

 

(SKYACTIV-Dクリーンディーゼル車)

XDプロアクティブ 新車331万円に対し、買取価格171万円程度
XDプロアクティブツーリングセレクション 新車344万円に対し、買取価格182万円程度
XD Lパッケージ 新車351万円に対し、買取価格181万円程度

 

平均買取価格 178万円程度・平均残価率52%程度

 

CX-30の残価率・リセールバリューは?

まだ発売から約3年と新しい車種であり、同じデザインテイストを採用するにはサイズが小さすぎ、腰高感のあるCX-3よりも好評を得ているだけあって、根本的なデザイン変更などは行われておらず、XD系のディーゼルターボで低回転特性向上や、不評のX系でスペック変更を伴う大掛かりな改良、安価に新エンジン車を購入できるグレード整理が行われたくらい。

そのためCX-30としては発売当初のモデルでも型落ち感はなく、新車価格に対する買取査定額の割合、「リセールバリュー」は3年落ちでも50%台をキープ、売れ筋グレードの20S系など、1年落ちでは約59%に達しています。

XD系は若干20Sより落ちるものの、やはり52~57%程度のリセールバリューを保っていますが、難しいのはe-SKYACTIV-2.0のX系で、今ひとつリセールバリューに伸びがなく、このまま「失敗作」として新車販売が早期終了してしまった場合、さらに買取査定が厳しくなる可能性があり、先が読めません。

もちろんマツダとしては、それなりに期待して開発、実用化にこぎつけた新パワーユニットなので、今後も継続したいところだとは思いますが、最廉価グレード「20S」のリセールバリューがもっとも高い(1年落ちで約64%)CX-30のように、新車価格が重要視されるモデルでは少々ミスマッチだったようで、X系ユーザーにとっては売るタイミングが難しい状況が続きそうです。

400万件以上の実績!CX-30の
査定相場を見る
01月30日 19:55:55現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

CX-30の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「400万件以上の実績!」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

400万件以上の実績!
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
400万件以上の実績!まずはCX-30の
査定相場を見る
01月30日 19:55:55現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

CX-30の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

毎日500台入荷するCX-30の非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

CX-30の
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車