カスタム・アフターパーツ | 2020.11.23

うるさいマフラー音を静かにする2つの方法(※ただし近年の車を除く)

Posted by 菅野 直人

新車のうちは静かであったり、多少音が大きくても騒音規制内で済んでいた車のマフラーも、経年劣化で消音効果が落ち、次第に車検が通るか怪しくなってきます。2010年4月以降に製造された車であれば、もはや打つ手なし!応急処置で一時しのぎしつつ、新品へ交換するしかありませんが、それより前の車であれば、多少は静かにする方法が使えます。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

最初に断言!2010年4月以降に製造された車はマフラーを買い替えよう!

経年劣化などで音量が上がってしまい、もはや車検の規制値を超えてしまうようなマフラー、あるいは最初から規制値を超えているようなマフラーの場合、昔であれば、「公道を走る時だけこうしておこう」という方法があったものですが、保安基準の改正によって、2010年(平成22年)4月以降に製造された車では、そうした方法が一切通用しなくなりました。

今でも後述する「インナーサイレンサー」の装着を推奨するWEBサイトなど目につきますが、まず10年落ち以上の車であれば、そのような小手先の技はもう通用せず、新品のマフラーに交換するしかありません。

これも後述する応急処置は一応有効ですが、近年の車で「マフラーの音がうるさいな」と思った時は、基本的に消耗品と考え、新しいマフラーを購入・交換しましょう。

多少年式が古かったり特殊だったりで自動車メーカー側に純正マフラーの在庫がなく、欠品扱いで供給されなくても、純正マフラー相当品を製造しているマフラーメーカーに相談すれば、車検適合品をつくってくれる可能性もあります。

また、とにかく車検に通りさえすれば良いのであれば、中古マフラーでもOKですが、装着してみないと中の劣化状況まではわからず、なるべく元々の走行距離が少ない部品取り車から外した物を使うべきです。

何しろ自動車の騒音規制は年々厳しくなっており、将来想定される基準では走行時にタイヤから起きるロードノイズでさえも低減を求められている、つまり排気音など問題外、EVでさえ、このままでは達成が難しいという時代が迫っているため、まだマフラー交換で走らせてもらえるだけマシだと思うしかありません。

マフラー音を静かにする方法その1:古い車であればインナーサイレンサー(脱着不可)

2010年4月より前に製造された車であれば、マフラーの排気口へインナーサイレンサーと呼ばれる消音器を取り付けることで、消音性能の低下を補うことが可能です。

ただし、解釈には幅があり、「2010年4月以降に生産された車であれば、インナーサイレンサーを固定すれば通る」という人もいますし、何ならボルト止めでもあまり厳しくない検査員であれば車検を通してしまいます。

しかし、保安基準第40条(自動車の騒音防止装置)2の二では、以下のように記載されており、結局は固定であれ点検整備で分解が求められるインナーサイレンサーは使えません。

「 消音器の騒音低減機構を容易に除去できる構造(一酸化炭素等発散防止装置と構造上一体となっている消音器であって、当該一酸化炭素等発散防止装置の点検又は整備のために分解しなければならない構造のものを除く)でないこと。」

昔であれば、ボルト等で走行中に脱落しなければ良かったのですが、今は2010年4月より前に製造された車でも、リベット止めや溶接で固定が求められ、サーキットの規制値内で音が大きい代わりに効率のよいマフラーなど使用する場合、現地でリベットや溶接を剥がしてインナーサイレンサーを外すかマフラー交換を行い、使用後にまた元に戻さなくてはいけません。

なお、インナーサイレンサーには単に排気口径を細くするタイプとグラスウールつきのものがあり、後者の方が消音効果が高く、また後付けのグラスウールもあります。

 

マフラー音を静かにする方法その2:パテなどで応急補修

排気音が大きくなる原因には、消音性能の劣化以外にパイプに穴が空いた、タイコ(本来のサイレンサー)が破れて中のグラスウールなど消音機構が脱落した、というケースがあります。

筆者は峠道でちょっと遊んでいた際に、後者のケースに遭遇(急に排気音が変わって何かと調べたら、タイコの中身がなかった)、また事もあろうに、大都市の駅前ロータリーでテールパイプが破断、タイコを落とし慌てて拾うというトラブルにも遭いましたが、確かに「かなりイイ音」になるものの、もちろん違法です。

他にパイプに穴が空き、ついでに床にも穴が空いていたため、渋滞中に排気が車内に入って一酸化中毒になりかけたこともあるなど、マフラーの穴空きはうるさいだけでなく危険ですし、もちろん車検など通らないため、すぐに対策が求められます。

一番簡単なのは、カー用品店など量販店に行けば「マフラーパテ」などの名称で販売されている補修材があるため、それで穴を塞ぎましょう。

この応急処置は旧車でも今の車でも変わらず、車検にも通るとはいえ、あくまでその場しのぎのため、マフラーに穴が空くなど破損してしまったら、なるべく早くマフラーを買い替えるのがオススメです。

↓合わせて読みたいマフラー記事↓

スーパーカーのマフラーはなぜうるさい?違法ではないの?

チタンマフラーはなぜ人気なのか?メリットとデメリットについて

ワンオフマフラーのすすめ。付けるときはどこに頼めば良い?