損しない車売却とは?お得に売却が出来る一括査定サイトを漫画で紹介

UruCar

車を売る際、少しでも高く買い取ってくれる業者に売りたいものです。現在では多くの自動車買取業者がネットを通じた査定サービスを行っています、どの業者を選ぶかを考えるのは

コラム

2020.03.31

今後作られないのでは?と言われる5ナンバーFRスポーツクーペ。S15型シルビアの実力とは?

菅野 直人

衝突安全基準の強化や環境題、需要減少により、おそらく今後作られないのでは?と言われる5ナンバーFRスポーツクーペ。 そんな、希少価値の高いポジションの車が、日産「

旧車・絶版車購入ガイド

2020.03.30

通好みの3ナンバーFRスポーツクーペS14型シルビア、再評価されたその実力とは?

菅野 直人

歴史的名作に数えられる日産「S13型シルビア」から一転、バブル崩壊期にデビューしSUVやミニバン人気に押され、スペシャルティカー市場そのものが低迷する中、3ナンバー

旧車・絶版車購入ガイド

2020.03.28

遊びも仕事も日常も。便利な軽トラをカスタムしてレジャーに行こう!

菅野 直人

たとえば田舎で、農家で、酒屋で、町工場で、そして運送業で…皆さんのもつ“軽トラ”のイメージって、だいたいはこれらのジャンル、これらの枠内に収まるのではないでしょうか

コラム

2020.02.12

絶滅危惧種!見つけたらすぐに買うべき!三菱「ランサーエボリューション」(第1/第2世代)

菅野 直人

WRCをはじめ国内外のモータースポーツで大活躍した三菱「ランサーエボリューション」。最初に登場したランエボIの時点で「コンパクトなランサーへギャランVR-4のメカニ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.02.01

ハイパワーエンジンとMTの組み合わせはこれが最後?日産「Z34フェアレディZ」

菅野 直人

発売から11年とさすがに「現行モデルと言うには古い」日産の6代目「フェアレディZ」(Z34)ですが、ロングセラーモデルゆえに初期型でさえ現行モデルと基本的には同じだ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.31

上質で速い!大人のプレミアム・スポーツ、三菱「ランサーエボリューションX」を知る

菅野 直人

今でも復活が望まれながら、2020年現在で最後の三菱自動車「ランサーエボリューション」(ランエボ)である第4世代「ランエボX」。走行性能を重視しながら高級GT路線ま

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.31

走行性能だけじゃない!ATやワゴンも選べる三菱「ランサーエボリューションVII~IX MR」

菅野 直人

2001年の三菱「ランサーエボリューションVII」から進化を極めて最終型の「ランサーエボリューションIX MR」など2020年現在でもモータースポーツの最前線で使わ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.30

聞きたい!でも聞けない! 中古車販売のホンネをガチで聞いてきたよ!【後編】

UruCar

そろそろ車を買い換えたい…という時にお世話になる中古車販売店。決して小さくはない金額のやりとり、失敗しないためにはどこを注意したらいいのか。中古車販売を続けて約30

インタビュー

2020.01.28

聞きたい!でも聞けない! 中古車販売のホンネをガチで聞いてきたよ!【前編】

UruCar

そろそろ車を買い換えたい…という時にお世話になる中古車販売店。決して小さくはない金額のやりとり、失敗しないためにはどこを注意したらいいのか。中古車販売を続けて約30

インタビュー

2020.01.27

ホンダの自然吸気エンジン搭載スポーツセダンの決定版!シビックタイプR(FD2)とは!?

菅野 直人

7代目「シビック」(EU)まで設定されていたハッチバックがついに8代目で消滅して4ドアセダンのみとなった時、ああこれでシビックタイプRはなくなったんだな…と思った人

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.25

【インタビュー】いい中古車販売店、悪い中古車販売店。その差はどこ??

UruCar

車を買い替えたい……と思った時、迷うのは店選び。ネットで調べてみても、価格はどこも横並び。それなら、「いい店」を選ぶポイントはどこなの? そこで元中古車販売の中の人

インタビュー

2020.01.25

最後の自然吸気エンジン搭載ハッチバック型TypeRのホンダ「シビックタイプR」(EP3/FN2)とは

菅野 直人

フルノーマルでも群を抜く高性能と、若者にも手を出しやすい価格だった初代シビックタイプRは2000年9月で販売終了してしまいましたが、その後もシビックタイプRの歴史は

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.25

現在もクラストップのハイパフォーマンス!初代ホンダ「シビックタイプR」とは!

菅野 直人

今や400万円以上の高額車になってしまいましたが、1997年8月に登場した初代「シビックタイプR」(EK9)は200万円以下と若者にも手が届く現実的な価格でありなが

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.24

かわいいけど、パパ、ママ困っちゃう!車に乗る時の子供あるある21選

UruCar

編集部新米ライターTです、2児のママをやっています、今回はわたしが車とファミリーのあるあるを書かせていただきます。 子供はいつも無邪気なもの、自由奔放に振舞いすぎ

コラム

2020.01.23

こんな車が今あれば?!ディーラーでも購入できた90’s純正カスタムスポーツセダン3選

菅野 直人

現在はトヨタなら「GR」、日産なら「ニスモ」や「オーテック」など、純正カスタムカーが常にラインナップされて各車種の魅力を高めていますが、その流れが盛り上がってきた1

コラム

2020.01.23

マツダのフラッグシップとして進化し続ける「アテンザ セダン」の市場評価は!?

菅野 直人

最近はあまり人気がないセダンですが、マツダ「アテンザ セダン」には強力なクリーンディーゼルターボあり、“人馬一体感覚”を求める通好みの6MT車もあり、その上デザイン

買取相場

2020.01.23

ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、で買取金額はどう違う?マツダ「アクセラ セダン」

菅野 直人

2019年5月に車名を「マツダ3」に変えたマツダ「アクセラ」ですが、前身の「ファミリア」以来、長らくマツダの主力車種を務めており、「アクセラ セダン」もベーシックク

買取相場

2020.01.21

GT-Rだけじゃない!直6エンジンを味わうためのR34スカイライン選びとは!?

菅野 直人

日産「スカイライン」は1957年の初代発売以来、現在でも販売中で長い歴史を誇る車ですが、それだけに単なるモデルチェンジに留まらずコンセプト自体の大幅変化を何度か経て

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.23

今でも色あせないトヨタを代表する高級車「3代目セルシオ」購入のポイントとは?

菅野 直人

世界を震撼させた高級車レクサス「LS」、日本では3代目までトヨタ「セルシオ」の名で販売されていました。4代目以降は日本でもLSとして販売されるも、日本ではすっかり

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.02

国外流出進む日産「R33スカイライン」。欲しいならすぐ買うべき!その判断方法とは?

菅野 直人

開発中にバブル崩壊、日産も販売激減で大変なことになりコストダウンを迫られる中、どうにかデビューした9代目「スカイライン」(R33)は「大きく重く、動きがダルくなって

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.01

5ナンバーサイズの正統派FRスポーツセダンは日産「スカイライン」R32以外無し!

菅野 直人

1989年、先代同様に「ハイソカー路線」を歩み続けるかに見えた日産「スカイライン」の印象を一変させた8代目スカイライン(R32)。最後の5ナンバーサイズの正統派FR

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.29

【アルヴェルオーナー必見】中古車輸出で爆伸びしているENGに高額査定で重要なコトを直接聞いてきました!

UruCar

アルファード・ヴェルファイアの高価買取でいま注目されている中古車輸出のENG。なぜ高価買取ができるのか? なぜこの2種に特化しているのか? その理由は、「輸出需要」

インタビュー

2019.12.27

車売却一括査定サイトはどこがいい?編集部一押しサイトを口コミ・評判、特徴から調査比較してみた!

UruCar

車を売る際、少しでも高く買い取ってくれる業者に売りたいものです。現在では多くの自動車買取業者がネットを通じた査定サービスを行っています、どの業者を選ぶかを考えるのは

リサーチ

2020.03.31

ハイエースの唯一のライバル?NV350キャラバンワゴンの査定相場について

菅野 直人

国産大型1BOXカーの定番ともいえるトヨタ・ハイエース唯一のライバルとして並び立っていた「日産キャラバン/ホーミー」。現在はすっかりハイエースにシェアを奪われていま

買取相場

2020.01.01

“いつでも売り時”な定番人気車種、ハイエースワゴンの残価率は?

菅野 直人

国産1BOXカーで圧倒的なシェアを誇る「トヨタ ハイエース」には、日本の産業を支える商用車のバンのほか、乗用登録でミニバンに分類される「ハイエースワゴン」も存在しま

買取相場

2020.01.01

中国で“もっとも売れている日本車"!?日産シルフィの国内買取市場での評価は?

菅野 直人

日産に残された最後の小型セダン「シルフィ」。かつての名車である「ブルーバード」や「サニー」の歴史がしっかりと受け継がれており、日本ではともかく巨大な中国市場において

買取相場

2020.01.01

圧倒的なパワーに興奮“スープラセダン”ことトヨタ「アリスト」の中古を買う

菅野 直人

日本でもレクサス車の販売が開始される以前、レクサス「GS」はトヨタ「アリスト」として販売されていました。GSと異なり3.0リッター直列6気筒DOHCツインターボエン

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.20

「TypeR」とは付かないがほぼTypeR。2代目ホンダ「CR-X」の入手法

菅野 直人

かつて最高のスポーツハッチバックとして名高い1980~1990年代のホンダ「シビック」からさらにホイールベースを短縮し軽量化、強力なエンジンによる動力性能のみならず

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.19

高価だけど“アガリのクルマ”、第2世代「スカイラインGT-R」の入手方法

菅野 直人

日産「GT-R」がすっかり1,000万円オーバーのスーパーカーになってしまった現在、それに劣らぬ魅力を持つ、あるいはそれ以上の魅力を持つともされる日産「スカイライン

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.18