トヨタの新しいエコノミーコンパクト「ヤリス」。買取相場の今後はどうなる?

菅野 直人

4代目へのモデルチェンジを契機に3代続いた「ヴィッツ」の名を捨て、国際名に統一したトヨタのコンパクトカー「ヤリス」。経済性に優れた1Lモデル、6MT車も設定し、ワン

買取相場

2022.10.28

コンパクトなサイズ感で人を選ばないSUV「トヨタ・ライズ」その買取相場は?

菅野 直人

近頃の販売ランキング上位で元気なトヨタのコンパクトカーですが、中でも派生車種を含まず、単体で驚異的な販売台数を誇るのがコンパクト・スーパーハイトワゴンのルーミー(ダ

買取相場

2022.10.28

第2世代e-POWERの搭載で走りの評価は上々。日産キックスの中古市場での評価は?

菅野 直人

海外生産、特に東南アジア製日本車のセールスは、失敗しがちという日本市場において、例外的に好調なセールスを続けているe-POWER専用コンパクトSUV、日産 キックス

買取相場

2022.10.28

見た目だけじゃない、本格オフロード志向のトヨタ・RAV4。査定相場での評価は?

菅野 直人

初代は国産クロスオーバーSUV初期の傑作、2代目、3代目は平凡にして凡庸、4代目はついに国内販売をやめて欠番となるものの、2019年4月に国内市場で復活した5代目は

買取相場

2022.10.28

かつての無骨さは皆無!ダイハツのコンパクトSUV 新型「ロッキー」その買取市場での評価は?

菅野 直人

テリオス/キャミ、ビーゴ/ラッシュと、カタチはともかく中身はビルトインラダーフレームボディに、FRベースのセンターデフロック機構付きフルタイム4WDと、ライト感覚が

買取相場

2022.10.28

ダイハツの小型オフローダーの血統、新生「タフト」その買取相場とは?

菅野 直人

スズキ ハスラー(初代2014年)の成功で火が付いた軽SUV市場ですが、先行者の優位で販売トップを走り、スペーシア派生車も人気のスズキに対して他社が容易にシェア奪回

買取相場

2022.10.28

車のエアフィルターを交換すると何が良くなる?

菅野 直人

これからは次第に少なくなっていくとはいえ、少なくとも今後数十年は、まだまだ現役であろう、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンといった内燃機関に欠かせないのが、吸気か

カスタム・アフターパーツ

2022.04.08

リアディフューザーの役割や付ける効果とは?

菅野 直人

最近は後付けの社外品だけでなく、純正での採用も多いエアロパーツ、「リアディフューザー」。後ろに並んだ時でも、よほど近づかないと目立たず、乗っているドライバーにとって

カスタム・アフターパーツ

2022.04.02

エンジンオイル、どのタイミングで交換していますか?エンジンオイルの点検方法は

菅野 直人

自動車のエンジンを動かす上で、潤滑、冷却、密封、防錆(ぼうせい、サビ止め)、洗浄と重要な役割を果たす「エンジンオイル」は欠かせません。また、劣化したり消耗すれば交換

カスタム・アフターパーツ

2022.04.02

セルフでのタイヤ交換、したことありますか?タイヤの交換方法について

菅野 直人

雪国の人であれば、スタッドレスタイヤと夏タイヤの交換は年2回必須、自分でやる人も少なくない「タイヤ交換」ですが、寒冷地以外の地域であれば、「雪が降れば、乗らなければ

カスタム・アフターパーツ

2022.03.12

トヨタの名作、V型12気筒エンジン「1GZ-FE」は何がすごかったのか?

菅野 直人

トヨタのみならず、国産乗用車全ての頂点に立つ真のフラッグシップ・モデルと言える高級セダン「センチュリー」には、1997年から2017年まで販売された2代目モデルに、

コラム

2022.03.05

スタッドレスタイヤの空気圧の調整の仕方は?注意点など

菅野 直人

2月も半ばを過ぎれば春一番が吹き始めたり、花粉予報すら出始める日本列島ですが、まだまだ春先までは突然の雪に見舞われることもあり、スタッドレスタイヤは必要です。

カスタム・アフターパーツ

2022.03.05

ショックアブソーバーの役割とは?交換目安や交換の仕方について

菅野 直人

スプリングとともに、車体とタイヤの間に存在し、車体を支える役割を果たすとともに、車高を決める存在でもあるショックアブソーバー。スプリングとは異なり、大抵は筒型の形状

カスタム・アフターパーツ

2022.02.05

まだまだ続くスノーシーズンにおすすめのスタッドレスタイヤ10選

菅野 直人

既に2021-2022年冬シーズンも中盤を過ぎていますが、地域によっては、4月~5月まで雪道を想定せねばならないため、新たに車を購入する人など、今からスタッドレスタ

カスタム・アフターパーツ

2022.01.28

まだまだ値上がりの可能性あり!絶版国産スポーツカー5選

菅野 直人

新型コロナウイルス禍が始まって以降、旅行や外食が自由にならないこともあってか、中古車、それも趣味性の高い絶版スポーツカーの人気が爆上がりしていますが、それはあくまで

コラム

2022.01.28

ホイールリペアをDIYする方法は?

菅野 直人

車を路肩に寄せたら、ちょっと寄せすぎたようで縁石にホイールをガリっと…運転に慣れない人や、慣れない車では誰でも起こしがちなトラブルですが、昔と違って安くともアルミホ

カスタム・アフターパーツ

2022.01.18

今さら聞けない、制動距離を短くする方法

菅野 直人

車を停止または減速させるまでの距離は、「ブレーキをかけようとして、実際に踏み始めるまでの空走距離」と、「ブレーキが作動してから止まる(減速する)までの制動距離」の2

カスタム・アフターパーツ

2022.01.07

サスペンションが硬い!硬さを変えて乗り心地を良くするには?

菅野 直人

車体とタイヤ/ブレーキの間にあって、ショックアブソーバーと呼ばれる伸縮する柱やスプリング(バネ)で車を支えているサスペンション。車の走行性能や乗り心地に大きな影響を

カスタム・アフターパーツ

2022.01.07

100馬力/1Lは常識、排気量あたりの馬力が凄まじいターボエンジンを積んだ車達

ヤス

NA(自然吸気)エンジンだとホンダのVTECを筆頭に1Lあたり100馬力以上は高馬力とされますが、ターボ車の世界では市販で1Lで200馬力超えるモデルまで登場。排気

コラム

2021.11.21

電子回路の電流パワーを開放!チューニングヒューズはオカルトパーツなのか?

KAKO MIRAI

車の電子制御は目覚ましいスピードで進化を遂げ、そのほとんどはECUに頼っているといっても過言ではありません。車の中を流れる電気抵抗を減らすことができれば、パワーアッ

カスタム・アフターパーツ

2021.11.12

使い方次第では他車の迷惑⁈フォグランプの今どき事情

KAKO MIRAI

昔のフォグランプといえば黄色が主流でしたが、現在では色も仕様も変化してきています。使うシチュエーションが限られていることから、今後は搭載しない車種も増えていきそうで

カスタム・アフターパーツ

2021.11.07

史上初となるJAF公認レース!ヴィッツレースからヤリスカップまで サンデーレーサーが楽しめるワケとは?

KAKO MIRAI

JAF公認のナンバー付きレースは、今や珍しいことではありません。一般人でも気軽にレースを楽しむことができるようになりました。その草分け的な存在となるのは『Netz

コラム

2021.10.30

GTカーの定義は曖昧⁈スポーツカーとも違うホントのところとは?

KAKO MIRAI

さまざまな車が持つGTというグレード。最上級に位置するハイパフォーマンスモデルとして君臨しています。ともするとスポーツカーと思われている現代のGTカーですが、本来の

コラム

2021.10.30

OHVのマッスルカーから進化を遂げたV8エンジンHEMIの誇り!変わりつつあるアメ車事情

KAKO MIRAI

マッスルカーを代表するアメ車は、国産や欧州車にはないエンジンサウンドが魅力のひとつ。歴史あるOHVエンジンを現在使用しているのはアメ車だけとなってしまいました。中で

コラム

2021.10.22

車をチューニングしたい!予算別に換えることができるパーツをご紹介

KAKO MIRAI

車をカッコよくしたい、速くしたいと考えても、そこに立ちはだかるのは予算の壁。もちろん車の性能をどのように変えていきたいのかという目的が明確ならば、その方向へ突き進む

コラム

2021.10.22

玄人好みのファイナルギアをチューニング!立ち上がり重視か最高速か?セッティングで変えられる極意とは⁈

KAKO MIRAI

サーキットユースにはなじみ深いパーツのひとつ、ファイナルギア。最終減速比ともいわれるファイナルギアと変速比は、車のキャラクターを左右する重要な要素でもあります。最適

カスタム・アフターパーツ

2021.10.10

一度はやってみたかったエンジンチューンのひとつ、ボアアップはNAの特権!

KAKO MIRAI

ボアストロークアップという言葉が懐かしい。それともあまり聞き馴染みがないでしょうか。ここで大きく世代が分かれるかもしれません。NA車をパワーアップさせるために誕生し

カスタム・アフターパーツ

2021.10.02

伝説のミッドシップMR2とMR-S!走ることに特化した異なる性質を振り返る

KAKO MIRAI

MR2の後継モデルといわれるMR-S。両車共にミッドシップレイアウトを持つ、走りに特化したモデルといえるでしょう。しかしその性質はそれぞれに異なっています。今では生

コラム

2021.10.02

バブル崩壊の前と後 ゴージャスな車から一転コストダウンされた懐かしい車たち

KAKO MIRAI

「失われた10年」といわれるバブル崩壊は、日本の自動車業界にとって大きな激震を受けた経済危機でした。ハイパワーで高性能、贅沢な仕様だった車がどんどんコストダウンされ

コラム

2021.09.22

狙うのはハンドリング?それとも旋回性?パワーに勝るとも劣らない軽量化の方法とは

KAKO MIRAI

車の性能を向上させるための方法として軽量化があります。『SUPER GT』では、獲得ポイントに対してウェイトハンデが採用されているほど、車体にとって重さは非常に重要

カスタム・アフターパーツ

2021.09.22