引用:mgnovenia / Shutterstock.com

コラム | 2022.01.28

まだまだ値上がりの可能性あり!絶版国産スポーツカー5選

Posted by 菅野 直人

新型コロナウイルス禍が始まって以降、旅行や外食が自由にならないこともあってか、中古車、それも趣味性の高い絶版スポーツカーの人気が爆上がりしていますが、それはあくまで一過性の話。 もともとはアメリカで「生産から25年たった車であれば、もともと新車販売していなかった車種も登録して公道を走ってよい」という特例、通称「25年ルール」によって、新車から25年以上経過し、かつ高品質高性能を誇った1990年頃からの日本車が高騰した、という事情があります。 そこで今回は、新たに今後値上がりする見込みだが、まだ安く買える、2000年頃以降の絶版国産スポーツカーを5台、紹介しましょう。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

トヨタ セリカ7代目T230系(22万円〜188万円)

Paul Stringer / Shutterstock.com

1999年に発売されたセリカ最終型7代目T230系は、市場での2ドアクーペ不振によってカローラレビン/スプリンタートレノと統合して1.8L化、WRCでの出番がなくなったGT-FOURを廃止してダウンサイジングし、小型FFスポーツクーペとして再出発したモデルです。

可変バルブ機構VVTL-iにより、190馬力を発揮する2ZZ-GE搭載車(SS-II)がトップグレードで、モータースポーツでもダートトライアルなどで活躍、小型軽量を生かしてホンダのタイプR勢へ食い込める数少ない車種でした。
現在は、中古車市場で22万円~188万円と割安ですが、25年ルール対象となる2024年以降、RHD(右ハンドル)需要が高まるのを見越し、今後はプレミアがつく可能性があります。

トヨタMR-S(39万円~299万円)

Evannovostro / Shutterstock.com

前身にあたる2代目MR2同様、セリカのパワーユニットをリアに搭載して対になった存在であるミッドシップオープンスポーツで、7代目T230系同様に1999年発売。

セリカと異なり2ZZ-GEは搭載せず、140馬力の1ZZ-FEのみとなっていますが、最軽量モデルで1tを切るため動力性能に不足はなく、ミッドシップならではの旋回性能を生かせるコースと腕前ならば、FFやFR、4WDスポーツにも引けは取りません。

中古車市場では、既に1オーナーフルノーマルなど、程度良好車のプレミアがつき始めていますが、価格帯は39万円~299万円と、今のうちであれば、まだまだプレミア前の安いタマを購入可能です。

トヨタアルテッツァ(19.9万円~250万円)

Art Konovalov / Shutterstock.com

「AE86後継を目指せる小型FRスポーツセダンを開発中」と騒がれたものの、1998年に発売されたのは新型の小型高級スポーツセダン、レクサスISの日本版(当時まだ日本でレクサスは展開していなかった)であり、いわばプログレのスポーツ仕様でした。

2リッターDOHCスポーツエンジンの名機3S-GEの最終進化系を搭載、MT仕様は210馬力を発揮する「RS200」を設定するなど、レクサスISとの差別化を図り、ワンメイクレースも開催されましたが、ユーザーとしてはやや拍子抜けで販売は低迷。

中古車価格も一部チューニングコンプリートカーを除けば安価で推移していたものの、25年ルールが近づいた2021年になってからプレミアがつき始め、元々の安さから「急に中古車価格が上がった車」として注目されました。

ただし、相場は19.9万円~250万円とまだまだ安く、タマ数もある程度豊富なため、普通の中古車として買うのであれば、今が最後のチャンスです。

ホンダEP3シビックタイプR(84.8万円~268万円)

Roman Belogorodov / Shutterstock.com

全日本ジムカーナでのシリーズ優勝など実績を残しているにも関わらず、究極のテンロクスポーツであった初代EK9、究極のFFスポーツセダンであった3代目FD2に挟まれ、もっとも地味で目立たないホンダタイプRのひとつが2代目シビックタイプR、EP3型です。

実質的にはフィットタイプRと言えるシビックタイプRユーロ(FN2)と並ぶ不人気車として、中古車市場でも安値推移しており、現在でも84.8万円~268万円とシビックタイプRとは思えない安値販売ですが、215馬力のタイプR用DOHC VTEC、K20Aによる実力は本物。

インパネシフト6MTが少々妙ではありますが、それを気にしないのであれば、「安くて速い、しかもリアサスはダブルウィッシュボーンでちゃんとシビックしているタイプR」として、注目すべき存在です。

ホンダDC5インテグラタイプR(113万円~347.7万円)

Shahjehan / Shutterstock.com

EP3シビックタイプR同様、初代DC2(3ドア)/DB8(4ドア)に対し、地味で目立たない、しかしおかげで激安タイプRとなっているのが2代目インテグラタイプRのDC5型です。

スーパー耐久レースでは同クラス他車を相手にしないほどの実力を誇りましたが、ジムカーナなど、軽量かつ旋回性能の高さを重視するステージでは分が悪く、初代が今でも第一線車種として現役なのに対し、2代目は全く目立ちません。

しかし、高速ステージ向けの自然吸気エンジンFFスポーツとしては、現在でも最高クラスの実力を誇るのも確かで、現在の中古車相場113万円~347.7万円は、既に程度がよければプレミアがつき始めているとはいえ、今後はさらに上がると思われます。

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「400万件以上の実績!」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

400万件以上の実績!
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
400万件以上の実績!まずは愛車の
査定相場を見る
05月23日 14:24:26現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

毎日500台入荷する非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

市場に出る前の
非公開車両を見る