引用:https://toyota.jp/landcruiserprado

買取相場 | 2019.11.29

圧倒的リセールバリュー!価値がほとんど落ちないランドクルーザープラド、なぜ人気なのか?

Posted by UruCar編集部

ランドクルーザープラドの初代モデルが登場したのは、今から30年ほど前の1990年。1950年代に発売されたランドクルーザーの派生車種として登場し、主にライトデューティー用途として登場しました。 世界の悪路を制してきたランドクルーザーを血筋とし、直系ではランドクルーザーワゴンがプラドの先祖に当たります。 悪路走破性が非常に高いランドクルーザー一族の中でもタウンユースの快適性を考えた、RVよりもSUVに近い立ち位置にいるのがこのプラドというモデルになります。 現在販売されているモデルは2009年に登場した4代目モデルですが、ランドクルーザーのライトデューティー仕様という立ち位置は変わっていません。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

あわせて読みたい

ランドクルーザープラドの特徴

これまでのランドクルーザープラドは、ランドクルーザーのイメージをそのまま小さくしたようなボディとデザインが特徴でした。それが変わったのは先代モデルである3代目から。ヨーロッパでデザインの再考が行われた結果、ランドクルーザーのイメージを随所に残しながらも洗練されたボディ・デザインとなり、柔和な印象が増しました。

2009年に登場した4代目にもそのイメージを継承させ、新型ランドクルーザープラドは「小型でややフレンドリーなランドクルーザー」というコンセプトが分かるデザインになっています。2度のフェイスリフトが行われ、現在販売されているモデルは当初のデザインよりもやや普遍的な顔つきとなっています。

歴代のランドクルーザープラドは5ドアボディに加えて、3ドアボディもラインナップされていましたが、新型では5ドアのみとなります。日本市場では実用的な5ドアへの人気が集中していたことがその理由です。

全長4760mm×全幅1885mm×全高1835~1850mmのボディに2.7L直列4気筒、2.8Lディーゼルターボの2つのエンジンが搭載されています。2009年から2015年までは4LのV型6気筒エンジンがラインナップされていましたが、現在では落とされています。

旧型との違い

新型ランドクルーザープラドは、旧型からボディサイズをやや大型化しました。5ドア専用となったことで実用性も大きく向上し、ファミリーカーには最適な車となっています。また、一部のグレードではリアに電子制御式のエアサスペンションを装備しており、乗り心地も向上しました。

旧型に比べるとサスペンション取り付け部などの局部剛性も高められているので、ボディ全体の剛性も向上し、乗り心地や操縦安定性が大幅に良くなっています。

ランドクルーザープラドの中古市場での人気について

ランドクルーザープラドはランドクルーザーファミリーの国際的な人気の影響もあり、国内外問わず常に需要の高いモデルです。
特にランドクルーザーは大排気量設定のみになるため、金銭目での維持のしやすさからもプラドは積極的に中古車市場で選択される傾向があります。
大柄なボディに見合った室内空間と、信頼性、輸出需要が高いため、値崩れがしにくく、人気は常に高止まりしている印象があります。

人気の理由

ランドクルーザー自体は信頼性が高く、世界的にも知られたSUVです。一方でボディは大きく、エンジンも4.6LのV型8気筒と、日本ではやや持て余し気味な面も否めません。価格も700万円近く、置き場所や維持費を考えると簡単に手が出せる車ではない印象です。

ランドクルーザープラドはランドクルーザーよりボディも排気量も小さく、扱いやすさ・維持費の面で大きなメリットがあります。外観もランドクルーザーのイメージをそのまま残しているので、「安く買える小柄なランクル」として人気があるようです。

また、ミドルSUVの多くがモノコックボディですが、ランドクルーザープラドは頑丈なラダーフレームを持ちます。エンジンも縦置きで、悪路踏破性能はこのクラス随一だといっても過言ではないでしょう。

買取査定額が期待できるランドクルーザープラドの人気グレード

ランドクルーザープラドの現在のラインナップは、2.8Lのディーゼルターボと2.7Lのガソリン仕様に大別できます。ディーゼルターボの方が高価で、最安は2.7Lのガソリン仕様です。「Lパッケージ」から「TZ-G」までのグレードがあり、最上級の「TZ-G」はディーゼル仕様のみにラインナップされます。

現行のランドクルーザープラドのグレード体系は非常にわかりやすく構成されており、ガソリン・ディーゼルで『TX』『TX Lパッケージ』が、最上級グレードとしてディーゼルの『TZ-G』が存在します。
この中ではTXにレザーシートとシートヒーターが装備された『TX Lパッケージ』が人気を得ており、装備とコストの均整が取れているグレードということが出来るでしょう。

一番人気のグレードは、ディーゼルエンジン搭載モデルの中で最も安い「TX」のようです。前述した通り、新型ランドクルーザープラドは安い仕様でも装備が充実しているので「TX」で十分といえるかもしれません。

最も安いガソリン仕様の「Lパッケージ」は412万円で、最上級グレードの「TZ-G」は546万円。価格的には、130万円以上もの開きがあります。ランドクルーザープラドは最も安い仕様であっても本革シートが標準装備されており、全体的に装備は充実しているといえるでしょう。最上級の「TZ-G」のみリアに電子制御式のエアサスペンションが設定されています。

レンジローバーなどの高級SUVにはエアサスペンションが装備されています。元は初代セルシオ用に開発したサスペンションで、トヨタが最も得意とする技術です。「TZ-G」にはそのサスペンションが装備され、乗り心地や悪路踏破性にも威力を発揮します。

「TZ-G」は265/55R19と径が大きく、偏平率の低いタイヤと専用デザインのホイール
を履いているので、タイヤのサイドウォールが薄いです。見た目がとてもスポーティでかっこいいのですが、車重の重い車に低偏平率タイヤはあまりおすすめできません。もし悪路に乗り入れて遊ぶような使い方をした場合、偏平率が高いタイヤの方が踏破性能は高くなりますので、見た目だけで選ばないことが大切でしょう。

買取査定額が期待できるランドクルーザープラドの人気カラー

ランドクルーザープラドは輸出需要もあるために、カラーでの価格変化は少ない車種です。
国内再販を考えるとブラック、アティチュードブラックマイカが一番人気で、続いてオプションカラーのホワイトパールクリスタルシャインと続き、他色と比べて3万円~5万円前後の査定額アップになるようです。

1年落ちランドクルーザープラドの目安査定額

人気の高いランドクルーザープラドは通常最も償却の進む1年目でも優秀な残価値を維持します。
ガソリンモデルで390万円~410万円前後、ディーゼルモデルで400万円~420万円前後での買い取り実績もあり、財として所有してもいいほどの査定価格で推移しています。

3年落ちランドクルーザープラドの目安査定額

ランドクルーザープラドの3年前のモデルは現行型前期モデルとなります。
ガソリンモデルとディーゼルモデルで差異が発生し始めるのもちょうどこの3年経過前後からとなります。
データから読み解くと3年落ちランドクルーザープラドのガソリンモデルで330万円~350万円前後、ディーゼルモデルで350万円~370万円前後の査定相場で推移しています。

7年落ちランドクルーザープラドの目安査定額

ランドクルーザープラドの底力を感じるのが年次経過をした場合の買い取り平均価格です。
7年落ちのランドクルーザープラドは現行初期モデルに近い年次経過を経たモデルです。
当時はガソリンモデルのみの設定で、買い取り平均価格はなんと270万円~290万円前後で推移しています。
当時のTX Lパッケージの車両本体価格が374万円であったことを考えると驚異的な残価率であることがわかるでしょう。

事故車・修復歴ありのランドクルーザープラドの場合は?

本格RVの骨格を持つランドクルーザープラドは、ラダーフレーム構造を採用しているため、キャビンの交換、フレームのみの交換すら可能な車両となります。モノコック構造でないためそれぞれに修復修正が高い水準で可能であり、海外では大きな問題にならないのが有名です。輸出が前提であれば、修復歴あり車両の買い取り価格は通常査定の75%前後、国内販売でも70%前後を期待でき、3年目の車両であれば250万円前後の買取金額に期待出来るでしょう。

ランドクルーザープラドの残価率・リセールバリューは?

ランドクルーザープラドは買取価格が非常に高水準で推移しているのがわかりました。続いて、残価率の観点から価値の残り方を紐解いていきたいと思います。
ランドクルーザープラドで人気の高いTX Lパッケージを新車購入した場合のベースの購入価格が¥4,047,840で、諸々のオプション等をつけたとして、購入価格は450万円程度になるでしょう。(もちろん実際のオプション内容によって金額は変わってきます)

その後約1年1万キロ乗って売却した場合に買取最高値は¥3,940,000でした。
つまり、1年間での償却金額は約50万円で。これは月に4万円ほどしか償却していない状態です。
ここまでの数値だと、レンタカーやカーシェアを使うよりよほど賢いクルマの使い方になります。そしてその残価率たるや約90%程度にも及びます。

その他の例として、3年時走行3万キロ車両の買取最高値が¥3,470,000、こちらもおおよその残価率は80%〜85%程度に。
また、7年時走行7万キロ車両での買取最高値が¥2,870,000で、残価率は70%〜75%程度となりました。

このことから、3年以降4年間で10%の償却しか発生しない、まさに夢のようなクルマで、価値の残り方から考えると非常に堅実な買い物であるといえるでしょう。

ランドクルーザープラドは日本国内にとどまらず、海外需要も高いことから、どの年代になってもしっかりと価値の残るモデルであることがわかりました。現有ユーザーから見ると売り時に困りそうな残価の残り方になりますが、常に需要があるために起伏も少なく安定した買取価格が出るため、思い立ったら査定!というのもまた正解の考え方です。

新型の登場も噂され、特に初度登録から3年間は少なからず年間5%以上の償却をしていくので、初回車検までに乗り換えを検討されている方は早めの査定をオススメします。

ランドクルーザープラドの燃費は?

ランドクルーザープラドは現在、2.7L直列4気筒のガソリン仕様車と2.8L直列4気筒ディーゼルターボ車の2種類がラインナップされています。ディーゼルの燃費は11.2km/L、ガソリン仕様の燃費は9.0km/Lです。

車重が2000kg前後ある車なので、排気量を考えれば決して悪い値ではありません。最近のダウンサイジング・ターボエンジンや最新のクリーンディーゼルと比べると劣りますが、ランドクルーザープラドのような重量級のSUVには1気筒あたり600ccオーバーの低速トルク型のエンジンを積むのは当然の選択でしょう。

エンジンのトルクは1気筒あたりの排気量の大きさに比例しており、乗用車用のエンジンだと1気筒あたり概ね500cc前後の排気量がないと十分な力を発揮しないといわれています。その分、ムービングパーツの重量がかさみ、高回転化が難しくなるのですが、ランドクルーザープラドのような車の場合はハイスピード・ドライビングをする機会はほぼありません。低速トルク重視型のエンジンを積むのが正解なのです。

トヨタの人気SUV、ランドクルーザープラドの今、そして今後は?

本格派ミドルSUVとして大人気のランドクルーザープラドは4代目!
現行モデルはディーゼルエンジンが販売の主力で走りも燃費も良好
エンジンはガソリンとディーゼルの2種類!全6グレードから好みのグレードを選べる
新車販売価格はグレードに応じて420〜550万円!モデル末期の今なら値引きも大きい!

現行モデルのランドクルーザープラドは、発売から10年を経たモデルです。今後新しいモデルが登場する可能性も考えられますので、新車の購入を検討している方は新型を待つか、現行モデルを買うか悩ましいところではないでしょうか。

一般的には、モデル末期になると値引き幅が大きくなり、買い得感が高まることは間違いありません。またEVへの変革期を迎えている近年、自動車メーカーはEVの開発・生産に莫大な投資を行っているため、従来のモデルのコストダウンをする傾向にあるようです。

トヨタはミドルクラスのSUVが充実しているため、ランドクルーザープラドは現行モデル限りで生産終了、またはハリアーと基本を共用するFFベースのSUVにコンセプトを変える可能性もあります。

ランドクルーザー プラドの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えを検討されている場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ買取に持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、カーオークションの相場、経費などその他の状況で金額が大きく変わります。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額を一括査定で調べてからから交渉されることを強くお勧めします。 愛車の売却や、中古車購入で損をしないために是非お試しください。

一括査定なら買取相場や
複数社の査定額が一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

カーセンサーなら最大30社が愛車を査定、最高額がわかります、大手リクルートが運営するため、個人情報の取り扱いも安心。
愛車の最高査定額を調べるならカーセンサーならまず間違いないでしょう。

ランドクルーザー プラドの査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX

    3,198,800
    2015年(H27)61千km

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,798,300
    2015年(H27)11千km

最大30社へ無料査定ランドクルーザー プラドの
最高査定額を知る

ネットに掲載されていないランドクルーザー プラドの非公開車両

ズバット車販売の中古車提案サービスならネット、市場に出ていない車絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。

ズバット車販売は中古車オークションに出品される前の車両を非公開在庫として販売。

中古車市場の70%は一般には公開されない非公開車両なので一般市場に出る前にGETのチャンスです。
年間20万台の車買取をするガリバーと提携、だからこその流通量、毎日500台以上入荷。
ネットで欲しい車を探しながら、同時に非公開車両から探したりと併用しながら希望の車を探すのをおススメします。

しかも10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者に条件を伝えると探して提案をしてくれます。
車は安くない買い物、もちろん無料で相談可能です。

ランドクルーザー プラドの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車

10月度サイト別査定相場
平均:357.1万円/自社査定中古車買取台数No,1、買取金額だけ知りたいでもOK
平均:258.9万円/一括査定専門店最大8社から見積もり、最高額を選べる。金額だけ確認もOK
平均:194.9万円/一括査定47秒で無料一括査定スピード回答、73%の人が高く売れたと実感。平均23万もお得!
平均:-万円/一括査定利用実績450万人突破!3社以上の比較で平均17.6万円アップ!
平均:326.5万円/一括査定最大30社から見積り、最短で即日査定、すぐに査定額がわかる。
平均:269.5万円/一括査定全国150社以上へ一括査定、現金10万円プレゼントキャンペーンあり