買取相場

積載性が高く使い勝手が良いプリウスα、ワゴンタイプとしては残価率は大健闘?

菅野 直人

トヨタを代表するハイブリットカー、プリウスの2列シートステーションワゴン/3列シートミニバン仕様がプリウスα(アルファ)。3代目30系プリウスをベースとして2011

買取相場

2019.11.11

プレミアムコンパクトハッチバック、レクサスCTの中古市場での評価は?

菅野 直人

ラグジュアリーライフブランド、レクサスでもっともコンパクトなモデルであり、「トヨタ・オーリス」のレクサス版といえるプレミアム・コンパクトハッチバック、それが「レクサ

買取相場

2019.11.09

レクサスのフラッグシップモデル、LSの買取相場はどの程度か?

菅野 直人

1989年に初代モデルが登場、日本では3代目まで「トヨタ・セルシオ」として販売されて大人気となり、国際的にも高級車のあり方を大きく変えた革命的なモデル、「レクサス・

買取相場

2019.11.08

日本を代表する高級SUV!レクサスRXの買取相場は高値安定?

菅野 直人

いまや世界中で人気を集める高級クロスオーバーSUV、その流行に火をつけたのが「レクサス・RX」。2代目まで「トヨタ・ハリアー」として販売されてヒットを飛ばした日本に

買取相場

2019.11.07

軽自動車版ハイエース?エブリィワゴンの査定相場について

菅野 直人

軽商用1BOX車「エブリイ」をベースに豪華内外装を与え、軽ミニバンというべきジャンルに昇華させた「スズキ・エブリイワゴン」は、軽自動車界のハイエースともいえるエブリ

買取相場

2019.11.06

軽トールワゴン人気を牽引したワゴンR、現在の買取市場での人気は?

菅野 直人

現在の軽自動車ブームは価格や維持費の安さはもちろん、サイズに対するスペース効率や使い勝手のよさが好感をもたれているからこそ。そして、その流れを決定づけたのは1993

買取相場

2019.11.05

販売台数トップクラス!スペーシアカスタムの査定相場は?

菅野 直人

初代ワゴンRの発表以来、現在まで続く軽トールワゴンブームの先駆けとなったものの、軽スーパーハイトワゴンではダイハツやホンダに遅れをとったスズキ。 2代目「スペーシ

買取相場

2019.11.05

電源としても使えるプリウスPHV、売却時の残価率はどれくらい?

菅野 直人

初代プリウスで量販自動車の電動化という扉を開いたトヨタが、独壇場とするハイブリッドカーの新たなステップとして2012年1月に発売したPHV(プラグインハイブリッド)

買取相場

2019.11.04

燃費の良さとリーズナブルさが売りのダイハツ・ミライース。査定市場での評価は?

宮川 丈

ミライースは2009年に開催された東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「イース」をベースに2011年に発売されました。軽量化による燃費改善をめざし、10・1

買取相場

2019.11.04

スバルの本格派クロスオーバー、レガシィアウトバックはいくらで買取されている?

菅野 直人

かつて一時代を築いた名車「スバル・レガシィワゴン」は2014年にレガシィがモデルチェンジされた際、日本の道路事情に見合わぬ大柄ぶりから海外専用車になってしまいました

買取相場

2019.11.03

ザ・軽自動車のスズキ・アルト、近年の軽ハイトブームで買取相場は逆風か?

菅野 直人

今でこそ軽トールワゴンや軽スーパーハイトワゴンの売れ筋モデルに主役の座を譲ったものの、かつて軽自動車の代表選手、“ザ・軽自動車”と呼べる車種だったスズキ・アルト。

買取相場

2019.11.02

女性に根強い人気のアルトラパン、売るときはいくらになる?

菅野 直人

いまや、スペース効率に優れた軽スーパーハイトワゴンが本流の軽自動車ですが、昔ながらのコンパクトな軽セダン人気もまだまだ健在。 ウサギのエンブレムと徹底的に角を落と

買取相場

2019.11.02

日産の代表的なモデルとして50年以上の歴史を持つスカイライン。買取相場は今後どうなる?

菅野 直人

国産車有数の長い歴史をほこる「日産・スカイライン」。伝統あるスポーツセダンおよびスポーツクーペとして現在でも多くのファンがいますが、高級スポーツセダン/クーペとして

買取相場

2019.10.31

元祖国産スポーツカー、日産フェアレディZは買取市場ではどんな評価をされている?

菅野 直人

国産スポーツカーの元祖であり、現在でも販売されている国産スポーツカーの中でもっとも古い車名と歴史と伝統を誇り、いまなお世界中のファンから愛されている“ズィーカー”こ

買取相場

2019.10.29

高値買取傾向!人気高級SUV、レクサスNXのリセールバリューは?

菅野 直人

セダン不振でSUVのラインアップ充実に力を注いだトヨタは、2代目までトヨタ名義で販売していたハリアーを3代目から「レクサスRX」として日本でも販売開始、その弟分とし

買取相場

2019.10.29

アグレッシブなスタイルが人気のタントカスタム、買取市場ではどう評価されている?

菅野 直人

いまやトールワゴンやSUV、ミニバンといった車種は、いかに迫力満点でインパクトのあるフロントマスクであるか、こそが最重要項目。それは日本最大の販売台数を誇る軽スーパ

買取相場

2019.10.24

高級スポーツセダン、レクサスISの買取市場での評判は?

菅野 直人

2005年、トヨタが高級車ブランド「レクサス」を国内で展開し始めた直後にデビューを果たした「レクサス・IS」。 いまや高級大型セダンの「LS」、高級アッパーミドル

買取相場

2019.10.22

EVの立役者、日産・リーフは売るといくらくらいになるのか?ガソリン車と違うEV特有の事情とは?

菅野 直人

2010年に発売後、コンパクトカークラスで自動車としても十分な使い勝手が与えられつつ、高望みさえしなければ実用性ある航続距離を保つことで、順調に販売を重ねてきたEV

買取相場

2019.10.22

「元祖」軽スーパーハイトワゴン!ダイハツ・タントの査定相場は?

菅野 直人

現在、軽自動車販売にて熾烈な闘いを繰り広げている、軽スーパーハイトワゴンというジャンル。ハイルーフと後席両側スライドドアを組み合わせ、抜群のスペース効率と使い勝手、

買取相場

2019.10.22

ハイブリッドカーの先駆者、プリウスの買取相場はどの程度か?

菅野 直人

世界で初めて量産化に成功したハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」。もはやハイブリッドカーの代名詞的存在として知らない人はおらず、販売面でも弟分の「アクア」ともどもシ

買取相場

2019.10.22

豊富なバリエーション、鮮やかなカラーリングが特徴のダイハツ・キャスト。査定相場は?

宮川 丈

キャストは、軽トールワゴン市場をメインターゲットとしてダイハツが開発、2015年に発売されました。 毎日の生活をドラマに例え、そのドラマのキャストになって欲しいと

買取相場

2019.10.15

ホンダの意欲作、ジェイド。買取相場ではどう評価されている?

宮川 丈

ステーションワゴンでもありミニバンでもあるジェイドは、ホンダの流れから読み解いてみるとオデッセイとストリームの中間のような存在となります。 CMにはフリオ・イグレ

買取相場

2019.10.15

惜しくも生産終了のレガシィB4、買取相場はどのように推移しているのか?

廣瀬英俊

SUBARUと言えばレガシィ、といえるほど、レガシィはSUBARUを代表する車種です。 レガシィの歴史は古く、初代は1989年に発売されて以降、モデルチェンジを経

買取相場

2019.10.15

ホンダの大ヒット軽ワゴン!街で見かけることの多いN-BOX、買取相場はどうなっている?

UruCar編集部

軽自動車のみならず、登録車も含めた国産乗用車でもっとも売れている超ベストセラー車、ホンダ N-BOX。 撤退も目前といわれていたホンダの軽自動車ラインアップを見事

買取相場

2019.10.05

名作と呼び声高い軽スポーツ、コペンの残価率は?

UruCar編集部

ダイハツが満を持して投入した軽 前輪駆動(FF)オープンスポーツ、コペン。世界的にもまだ珍しかった電動メタルトップをもつ、カジュアルな軽クーペカブリオレとして人気を

買取相場

2019.10.05

貴重な5ナンバーステーションワゴン、シャトルの買取査定額は?

UruCar編集部

ホンダ シャトルは2019年現在、選択肢の少ない5ナンバーのコンパクトステーションワゴンの1台として売り出されています。 2019年5月にマイナーチェンジされ、エ

買取相場

2019.10.05

初めての1台に最適!ダイハツ ミラトコットの買取相場について

UruCar編集部

ダイハツ ミラトコットは、2018年6月に発売したハッチバック式の軽自動車で、ミライースの派生モデルとなりますが、実質的には2018年に生産終了となった、ミラココア

買取相場

2019.10.03

スズキの普通車!満足度の高いSX4 Sクロスは売るときの評価はどうなのか?

UruCar編集部

SX4 Sクロスは、スズキの普通車カテゴリーの中でも中核を担うコンパクトハッチモデルのSX4をオフロード仕立てにしたクロスオーバーSUVです。2015年より販売され

買取相場

2019.10.03

トヨタの国民的ハイブリッドカー、アクア。その査定相場は?

UruCar編集部

2011年12月発売と、長いモデルライフを送っているにも関わらず、いまだに年間販売台数トップを争うほど売れているハイブリッドカー、トヨタ アクア。 日本の道路

買取相場

2019.10.03

新世代コンパクトスポーツ、カローラスポーツの市場価値は?

UruCar編集部

2019年9月のモデルチェンジで全車3ナンバーとなった新型カローラ。 それに先立つ2018年6月、先代にあたるオーリスの後継車として登場していたのがカローラスポー

買取相場

2019.10.03