買取相場

走りに定評のあるスバルのセダン、インプレッサG4の査定相場は?

2011年、インプレッサの家系図の再編が行われました。インプレッサのセダンはインプレッサG4として、ハッチバックはインプレッサスポーツとして独立をし、2014年には

2019.09.20

通好みでハイクオリティなセダン車、グレイス。買取相場はどれくらいで推移している?

2014年に販売が開始されたグレイスは、ホンダの小型車規格(5ナンバーサイズ)ではフィットアリアがモデル落ちをして以来5年ぶりとなる待望のデビューを飾ったモデルでし

2019.09.18

コスパ抜群!取り回しにすぐれるスモールハッチバック、パッソの査定相場は?

パッソは『パッソプチプチプチトヨタ♪』のCMで2004年にデビューをした、トヨタのスモールハッチバックです。 コンパクトでなく、スモール。そう、トヨタで言うとヴィ

2019.09.18

ヨーロピアンテイストで高級感溢れるハッチバック、アクセラスポーツの買取価格の目安は?

マツダの”Zoom-Zoomスピリット”の第4弾として誕生したアクセラスポーツ。2003年から2019年まで、マツダのCセグメントを担ってきました。 現在では

2019.09.18

車好きに圧倒的人気を誇るアルトワークス、ライバル不在のプレミア価値はいつまで続く?

現在購入できる、唯一のターボ+MTが楽しめるハッチバック型軽乗用車、それがスズキ アルトワークスです。 「こんな車があれば!!」というコアな声を受けて発売された趣

2019.09.15

スズキの隠れた人気モデル、ソリオバンディットの買取相場はどの程度か?

ソリオバンディットは、スズキソリオの派生モデルとして2012年に販売開始した、5ナンバーサイズのコンパクトトールワゴンになります。 ソリオの歴史は古く、1997年

2019.09.15

「トヨタのトールワゴン」タンクは買取市場ではどのように評価されている?

トヨタのタンクは2016年11月に販売開始された、5ナンバーサイズのトールワゴンになります。 タンクはダイハツが開発・製造するOEM車であり、トヨタからはタンクと

2019.09.14

「SUVの三菱」の伝統を受け継ぐ、質実剛健なアウトランダーの買取相場は?

いまでこそプラグインハイブリッドのPHEVが主力となった印象がありますが、もともとはガソリンエンジンが主流だった三菱のクロスオーバーSUV、それがアウトランダーです

2019.09.14

驚異的なリセールバリューを誇るヴェルファイア、高額買取の秘訣は?

ヴェルファイアは兄弟車であるアルファードを、より若者へ向けてデザイン変更をした、トヨタのラインナップ内では高級ラインに位置するミニバンです。 この、アルファードと

2019.09.09

モデルチェンジで人気爆発!本格派オフローダー、ジムニー シエラの買取相場は?

世界最強クラスのオフローダーを何台か選べと言われれば、必ずランドクルーザーとともに名前が上がる小さな巨人、ジムニー。 ジムニーシエラは根本的には日本固有の軽規

2019.08.31

”スズキの普通車”、クロスビーのリセールバリューはどの程度か?

クロスビーは2017年に販売が開始された、スズキのラインナップ中でも非常に若いモデルとなります。 ビジュアルは軽規格で大ヒットとなっている、ハスラーの普通車バージ

2019.08.31

ママ世代から人気のスズキ スペーシア。残価率の目安は?

2013年に発売されたスペーシアは、それまで販売されていた軽ハイトワゴン、パレットの後継車種としてスズキを支えています。 名前からも分かる通り、広いスペースを確保

2019.08.31

新車価格100万円を切るハイコストパフォーマンスのマツダ キャロル。買取相場は?

マツダのキャロルの歴史は古く、初代は1962年の『マツダ360』から始まり、2015年1月にフルモデルチェンジした、現在の7代目まで続くマツダブランドの軽自動車とな

2019.08.31

歴史ある高級セダン、2代目フーガは買取市場ではどう評価されている?

かつて日産にはトヨタ クラウンと高級セダン市場での覇権を争った、セドリックとグロリアという姉妹車がありました。 時は流れて2台とも車種整理によって廃止されましたが

2019.08.31

大人気軽スーパーハイトワゴンのデイズルークス、いくらで売れる?

デイズルークスは、2014年2月に発売されたスーパーハイトワゴンであり、三菱自動車からはekスペースとして販売する、共同開発車となります。 トールワゴンである

2019.08.30

乗って良し、見た目良しの人気車種、ヴォクシーの残価率は?

より幅広いユーザーに向けてシンプルリッチな魅力が磨かれたノアや、車格上の高級感を訴求するエスクァイアとは対照的に、インパクトあふれるアグレッシブな造形を好むエッジな

2019.08.30

本格派軽スポーツのS660。査定に出すとどのように評価されるのか?

ホンダ S660(エスロクロクマル)は、軽規格内ではビート以来となる本格オープンスポーツカーです。 現在、軽規格以外を見渡しても国内ではスポーツカー、オープンカー

2019.08.30

マツダ人気の火付け役!CX-5の残価率はなぜ高いのか?

現在のマツダ人気、プレミアム感を引き出すキッカケを演出したCX-5。 新世代技術として名高いSKYACTIV TECHNOLOGYを初めて全面的に採用、大排気量ガ

2019.08.30

貴重なMT設定有りステーションワゴン!カローラ フィールダーのリセールバリューについて

今や国産車では数少なくなった5ナンバーステーションワゴン、しかも5速MTを選択できる唯一の車種がカローラ フィールダーです。 プロボックス/サクシードの5ナンバー

2019.08.30

堂々復活!根強いファンの多いCR−V、買取市場ではどんな値動きをする?

国産クロスオーバーSUV黎明期の傑作として大人気となったホンダ CR-V。 2016年春の4代目販売終了により一時期日本市場から姿を消していましたが、2018年8

2019.08.30

ファミリー層に根強い人気のポルテ、中古市場での需要は?

トヨタのポルテは、2004年の発売以来、マイナーチェンジと2012年のフルモデルチェンジを経て現在の2代目に至る、5ナンバーサイズのトールワゴンになります。

2019.08.27

新世代コンパクトSUV!トヨタ C-HRは買取市場ではどんな値動きをする?

1990年代半ばからヒットしたクロスオーバーSUVは数々のヒット作を生み出し、ミニバンと並ぶ主要ジャンルとなるまでに急成長しました。 トヨタもかねがねこのジャ

2019.08.27

使いやすさ抜群のつコンパクトSUV、CX-3の査定相場はいかほどか?

CX-3は、マツダの共通デザインである『魂動デザイン』を採用した、2015年より販売されているクロスオーバーSUVです。 軽量かつコンパクトであり、全高が1.

2019.08.22

カラフルなボディが特徴の大人気軽クロスオーバー!ハスラーを売る場合、どのくらいの査定額になる?

スズキ ハスラーは、広い室内空間と軽自動車に求められる日常での使いやすさに加え、アウトドアやスポーツなどのレジャーや、わだちや雪道など起伏のある路面を走行する機会が

2019.08.22

SUV王者のハリアー、初代から世界的人気を獲得したその理由を中古車ニーズを含めて解説

トヨタから発売されているプレミアムSUVのハリアー。1997年に初代モデルが登場して以降、SUVでありながらスタイリッシュなボディ・デザインとスポーティな走り、ラグ

2019.08.21

高級RVのランクルはどうやって高い人気を維持してきたか、その理由を歴史と中古車市場から見る

車離れが進んでいる昨今でも、安定した人気を誇っているのがRV車です。比較的コンパクトなRV車が人気で、より大きな車体を購入したい場合は外車がメインとなります。 日

2019.08.21

新型プリウスを購入する際のグレードの選び方とは?旧型との違いについても解説

1997年に「世界初のハイブリッドカー」として登場した、トヨタ・プリウス。従来のエンジンに電気モーターのアシストを加えることで、驚異的な低燃費を実現した車体です。2

2019.08.21

世界的に人気のアルファード、3代目はどんな歴史で今に至るか、グレード別・モデル別に紹介

ミニバンの中でも高い人気を誇っているのが、トヨタのアルファードです。ファミリーカーとしての需要は高く、「ぜひ新車で購入したい」という方も多いでしょう。 アルファー

2019.08.21

”ダントツに売れているミニバン”、ノアのリセールバリューは?

FF(前輪駆動)1BOXタイプの5ナンバーサイズミニバンで、2018年度は日産セレナとトヨタ ヴォクシーに次ぐ販売台数第3位、同じくトヨタの系列違いとなるヴォクシー

2019.08.20

経済性の高さと室内の広さで大人気のセレナ。最新の買取相場はどれくらい?

1991年にフロントノーズのあるボディスタイルを採用し、国産初となる2BOXミニバンスタイルをまといデビューした「バネットセレナ」。1994年に車名を変更し現在の「

2019.08.20