買取相場 | 2022.10.28

第2世代e-POWERの搭載で走りの評価は上々。日産キックスの中古市場での評価は?

Posted by 菅野 直人

海外生産、特に東南アジア製日本車のセールスは、失敗しがちという日本市場において、例外的に好調なセールスを続けているe-POWER専用コンパクトSUV、日産 キックス。2022年7月には待望の4WDが追加されるなど、テコ入れもバッチリな同車ですが、下取りや売却で参考になる買取市場での評価はどうでしょうか?

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

キックスの中古車市場での人気について

 

2016年にブラジルで発売されたのが初セールスであったように、本来は新興国向けの低価格小型SUVでしたが、高級・スポーツ路線が一段落して、コンパクトSUVの需要が高まった日本でも発売待望論が高まり、ついに2020年6月には日本でも発売されたキックス。

1.2Lエンジンを発電機としたタイ製e-POWERモデルを日本仕様に手直しして発売、現在のノートやノート オーラのようなe-POWER専用車の先駆けで、当初はタイ製ということもあって、品質に懐疑的な見方があったり、一部グレードやボディカラーの納期に遅れがあったものの、順調なセールスを記録していきました。

大手中古車情報サイトによると、2022年10月現在で、全国703台のキックスが流通しているものの、走行500km未満の登録済み未使用車や展示車・試乗車上がりのような車は、約13%に過ぎず、納期も2~5ヶ月程度と短めのため、昨今の生産遅延により半年から1年以上待つのが当たり前のモデルが多い現在でも、比較的手に入りやすいモデルと言えます。

それでも車両本体の価格帯は、修復歴の有無に関わらず206~349.8万円と、オプション込み新車価格平均の304~365万円に対し極端に安いわけでなく、発売されてまだ2年程度の高年式車ばかりなことから、中古車価格は新車並みの強気展開になっていると言えるでしょう。

買取査定額が期待できるキックスのグレード

キックスは、基本的に1.2Lエンジンを発電機としたe-POWERモデル一択のモノグレード(単一グレード)展開で、内外装が若干異なる「~エディション」や、スポーティな「オーテック」モデルに付加価値がつき、少々高めの値付けがつけられている程度のSUVです。

2022年7月に追加された電動4WDモデルがどのような影響を与えていくかは、まだ新しすぎて不明ですが、少なくとも現在の買取市場におけるキックスの相場は、「~エディションやオーテック版で新車価格が上がったなり」程度の差しかなく、極端に買取査定額アップを期待できるグレードは、特にありません。

買取査定額が期待できるキックスのカラー

e-POWER専用車らしく、オレンジ(プレミアムホライズンオレンジ)、またはオレンジにルーフがブラック(ピュアブラック)の2トーンがイメージカラーとなっているキックスですが、パーソナルユース(個人利用)向けのゲタ車的SUVだけに、買取査定で高額になっているのは、無難な白(ブリリアントホワイトパール)か、黒と意外に平凡です。

コンパクトSUVだからといって、ポップなカラーが高評価というわけでもなく、経済性に優れたクルマを好み、趣味性はさほど重視しない、保守層向けコンパクトSUVという一面が見えてきます。

【1年落ち2021年式キックスの目安査定額】

1年落ち2021年式キックスは、同年3月にスポーティエアロ仕様の「オーテック」を追加、同11月に総合アウトドアメーカーのコロンビアスポーツウェアジャパンと内外装を共同企画した「コロンビアエディション」が500台限定で販売されました。

4WD追加などは2022年に持ち越されていて、他に大きな変化はなく、「オプション込みでおおよその新車価格」と2022年10月現在での平均買取相場は、以下のようになっています。

X 新車304万円に対し、買取価格191万円程度
Xツートーンインテリアエディション 新車316万円に対し、買取価格199万円程度
Xコロンビアエディション 新車327万円に対し、買取実績なし
オーテック 新車342万円に対し、買取実績なし

 

平均買取価格 195万円程度・平均残価率63%程度

【2年落ち2020年式キックスの目安査定額】

2年落ち2020年式キックスは、同年6月30日に発売された初期モデルで、先代ノート(E12型)、現行セレナ(C27型)に続く、日産で3番目のシリーズ式ハイブリッドシステムe-POWER車であり、初のe-POWER専用車です。

電動化やEVに熱心な日産らしく、純ガソリン車の廉価版が設定されなかったものの、純モーター駆動では初のSUV、それも安価で経済性の高いコンパクトモデルということもあって人気が高く、当初から好調なセールスを記録しました。「オプション込みでおおよその新車価格」と2022年10月現在での平均買取相場は、以下のようになっています。

X 新車304万円に対し、買取価格181万円程度
Xツートーンインテリアエディション 新車316万円に対し、買取価格192万円程度

 

平均買取価格 186万円程度・平均残価率60%程度

キックスの残価率・リセールバリューは?

2年ほど前に発売されたばかりの高年式車揃いとあって、ハイブリッド車やEV特有の「走行用バッテリーの経年劣化を懸念した、低年式になるほどの急激なリセールバリュー(平均残価率)低下」は、まだ見られません。

新型コロナウイルスやウクライナでの戦争など、世界的混乱期にあってもタイ製なのが幸いしたのか、日本国内工場での生産車ほど生産遅延の影響は少なく、比較的短納期で新車が購入できることもあってか、人気のコンパクトSUVとはいえ、リセールバリューは約60~63%台と、2年落ち以内のSUVとしては控えめと言えるでしょう。

あるいは、やはりハイブリッド(e-POWER)専用車なのがネックで、本来であれば、もっと高いリセールバリューを記録していたかもしれませんが、世界情勢の不安感から円安ドル高が急激に進行する異常事態の中、輸入車のキックスもいつ値上がりするか知れず、中古車人気が高まれば今後若干のリセールバリュー上乗せ、あるいは経年劣化による価値の下げ止まりが期待できるかもしれません。

400万件以上の実績!キックス e-POWERの
査定相場を見る
12月02日 14:37:24現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

キックス e-POWERの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「400万件以上の実績!」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

400万件以上の実績!
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
400万件以上の実績!まずはキックス e-POWERの
査定相場を見る
12月02日 14:37:24現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

キックス e-POWERの査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

毎日500台入荷するキックス e-POWERの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

キックス e-POWERの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車