引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

買取相場 | 2020.10.21

知名度急上昇中のダイハツ・ウェイク。査定相場での評価は?

Posted by 宮川 丈

軽自動車最大の室内空間を誇るウェイク。コンパクトカーにも劣らない室内空間で、年齢性別問わず人気があります。 また、レジャーシーンをベースにしているCMや、積載力が高く車内のアレンジ性に優れているため、アウトドア用の車として選ばれる事も多いようです。 ここでは様々な視点から見たウェイクの買取相場について調査しました。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

ウェイクの中古市場の人気について

軽バイトワゴンでは前述の通り、室内空間の広さに魅力を感じる車種です。インテリアのアレンジも豊富で様々な用途に対応できます。
また、ドライビングポジションもやや高めに設定されており視界性、操作性ともにストレスなく運転できる点もウェイクが支持される要因になっているでしょう。

買取査定額が期待できるウェイクの人気グレード

ウェイクのグレードはD L Gターボの3種類をベースに構成されています。それに、ダイハツ独自のセーフティサポートシステム「スマートアシストⅢ」が装備されたSA Ⅲとレジャー向けにオプション装備されたレジャーエディションSA Ⅲがあります。

その他に特別仕様車のラインナップも豊富でLリミテッドSA Ⅲ、GターボリミテッドSA Ⅲなどがあります。様々な機能がありますが、パワースライドドアとスマートアシストⅢは必須、車重も1000kg前後と若干重めで荷物を多く乗せる場面が多いためGターボレジャーエディションSA Ⅲの人気が高いようです。しかし査定額が期待できるグレードはGターボリミテッドSA Ⅲです。

買取査定額が期待できるウェイクの人気カラー

人気カラーはパールホワイトⅢ・ブラックマイカメタリック・タングステングレーメタリックでした。モノトーンが人気のようです。それに次いでフレッシュグリーンメタリック・ミストブルーマイカと彩色カラーも人気があるようです。
白黒はもちろん、ウェイクのイメージカラーでもあるグリーンも査定額に多少のプラスが期待できるでしょう。

1年落ちウェイクの目安査定額

1年落ち2019年式ウェイクは、2014年11月に発売、2016年5月にマイナーチェンジを受けた現行モデル後期型です。

2017年11月より衝突回避支援システムをステレオカメラ式の「スマートアシストIII(SAIII)」へ更新されているほか、2018年9月にはパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックを標準装備とした特別仕様車「GターボリミテッドSAIII」「LスペシャルリミテッドSAIII」「LリミテッドSAIII」を発売しています。「オプション込みでおおよその新車価格」と、2020年9月現在での平均買取相場は以下。

D(FF) 新車150万円に対し買取実績なし
D SAIII(FF) 新車157万円に対し買取実績なし
L スペシャルリミテッド SAIII(FF/4WD) 新車173万円に対し買取価格93万円程度
L SAIII(FF/4WD) 新車180万円に対し買取価格85万円程度
L レジャーエディション SAIII(FF/4WD) 新車185万円に対し買取実績なし
L リミテッド SAIII(FF/4WD) 新車186万円に対し買取実績なし
GターボSAIII(FF/4WD) 新車193万円に対し買取価格111万円程度
Gターボ レジャーエディション SAIII(FF/4WD) 新車198万円に対し買取実績なし
Gターボ リミテッド SAIII(FF/4WD) 新車198万円に対し買取価格100万円程度
平均買取価格 97万円程度
平均残価率 約52%

3年落ちウェイクの目安査定額

3年落ち2017年式ウェイクは、2014年11月に発売された現行モデルで、2016年5月にマイナーチェンジで内外装の刷新、衝突回避支援システムをレーザーレーダー+単眼カメラ式の「スマートアシストII(SAII)」へ更新されたほか、レジャー用途向けに防水樹脂製フロアやLED室内灯を完備した「レジャーエディション」を追加しています。

2017年11月にはさらに「スマートアシストIII(SAIII)」へ更新したほか、廉価版の「D」系グレード以外へパノラマモニターをメーカーオプションで設定しました。「オプション込みでおおよその新車価格」と2020年9月現在での平均買取相場は以下。

D(FF) 新車149万円に対し買取実績なし
D SAII/SAIII(FF) 新車156万円に対し買取価格70万円程度
L SAII/SAIII(FF/4WD) 新車178万円に対し買取価格69万円程度
L レジャーエディション SAII/SAIII(FF/4WD) 新車183万円に対し買取価格79万円程度
GターボSAII/SAIII(FF/4WD) 新車191万円に対し買取価格78万円程度
Gターボ レジャーエディション SAII/SAIII(FF/4WD) 新車196万円に対し買取価格84万円程度
平均買取価格 76万円程度
平均残価率 約42%

5年落ちウェイクの目安査定額

5年落ち2015年式ウェイクは、2014年11月に発売された現行モデルのマイナーチェンジ前前期型で、2015年6月にアウトドア総合ブランド「モンベル」およびサーファー向け波情報サイト「波伝説」と共同開発した特別仕様車「モンベルバージョン」「波伝説バージョン」および、快適装備を充実させた「ファインセレクション」を発売しています。「オプション込みでおおよその新車価格」と2020年9月現在での平均買取相場は以下。

D(FF) 新車149万円に対し買取価格45万円程度
D SA(FF) 新車153万円に対し買取価格37万円程度
L(FF/4WD) 新車174万円に対し買取価格54万円程度
L SA(FF/4WD) 新車179万円に対し買取価格52万円程度
L ファインセレクション SA(FF/4WD) 新車182万円に対し買取価格17万円程度
X(FF/4WD) 新車185万円に対し買取価格59万円程度
X SA(FF/4WD) 新車190万円に対し買取価格64万円程度
X ファインセレクション SA(FF/4WD) 新車194万円に対し買取価格56万円程度
X 波伝説バージョン SA(FF/4WD) 新車200万円に対し買取実績なし
X モンベルバージョン SA(FF/4WD) 新車202万円に対し買取実績なし
G(FF/4WD) 新車195万円に対し買取価格61万円程度
G SA(FF/4WD) 新車199万円に対し買取価格77万円程度
平均買取価格 52万円程度
平均残価率 約29%

ウェイクを高く売るためのポイント

同じ軽スーパーハイトワゴンでも、タントより車内が広く、特に室内高に余裕がある事からレジャーや業務用途に向いた車ですが、それゆえ車内に大量の荷物を載せたり、アウトドアなどで使用した際に汚れや傷をつけがちです。

あくまで使い倒すなら話は別ですが、後で高く売ろうと考える場合は最初から傷や汚れがつかないようカバーなどで対策を立て、消臭剤の使用など車内に臭いなどこもらないよう気を使うのも大事かもしれません。

事故車・修復歴ありのウェイクの場合は?

走行距離が伸びがちな車種であるため、その分事故のリスクも増えます。ウェイクの事故車数は多くはないですが0ではありません。修復歴のある車はない車に比べて査定額は約40%減と言われています。
1年落ちのウェイクの場合、およそ48万円〜60万円と言うことになります。同じ計算で3年落ちだとおよそ40万円〜55万円となります。

ウェイクの残価率・リセールバリューは?

フルモデルチェンジがされていない現行モデルのみの車種なのでウェイクのリセールバリューは高いです。具体的には、新車価格が172万円のGターボリミテッドSA Ⅲで1年落ちの残価率がは約70%です。

3年落ちでも約65%と高いリセールバリューをキープしています。高い査定額を狙うのであれば車両状態を綺麗に保つ、走行距離をできるだけ伸ばさないようにするなどの配慮が必要です。

ダイハツ・タントをベースに開発されたウェイク。軽ハイトワゴン最大の室内空間、U字に光るポジションライトなど特徴的なエクステリアが魅力の一台。

流行りから定番になりつつある軽ハイトワゴンの中でも特におすすめの車種です。事故なく乗ることができていれば手放す時も満足できるのではないでしょうか。乗り続けるのもありですが次期モデルが決まっているのであればモデルチェンジ前の売却検討をおすすめします。

ウェイクの走行距離による値動きの変化

ウェイクの2020年9月現在における走行距離ごと買取相場を紹介します。

14万km台 24.0~24.0万円 7万km台 43.6~76.6万円
13万km台 32.2~33.2万円 6万km台 42.6~76.6万円
12万km台 20.0~32.2万円 5万km台 47.6~87.8万円
11万km台 31.2~44.6万円 4万km台 48.4~97.3万円
10万km台 17.0~59.4万円 3万km台 44.6~106.3万円
9万km台 34.4~47.6万円 2万km台 48.6~115.6万円
8万km台 43.6~62.5万円 1万km台 64.5~115.6万円

全体の傾向としては、ある距離を超えると突然値落ちする「谷間」は見られず、走行1万kmごとに10~15万円程度ずつ査定額の上限が落ちていくようです。

大抵の車は年間走行距離が2万kmを超えると、あるいは5万kmや10万kmでガクンと査定額が落ちるのですが、ウェイクの場合はゆるやかに安定して落ちていくのが特徴となります。

ウェイクを売るのにベストなタイミングは?

軽スーパーハイトワゴンという人気ジャンルとはいえ、タントよりも高価で純正カスタムモデルが存在しないウェイクは販売面でも堅調でこそあれ「大人気」というポジションにはありません。

新車価格に占める買取査定額の割合を示す「残価率」も、1年落ち程度なら52%とよい数字を出していますが、3年落ちで42%、5年落ちで29%と、モデルチェンジを経ていない現行モデルに関わらず急激に落ち込んでいます。

車内スペースの広さが必要な用途にマッチしていて、ひたすら使い潰すつもりで乗るなら気にするところではありませんが、もし用途とのミスマッチ、あるいは買った当初に考えていた用途がなくなったような場合は、それに気づいた段階でなるべく早く手放すのがベストでしょう。

あるいは今後、シンプルな外観で大柄なのを活かし、カスタムベースとして人気の出そうな車ではありますが、その場合でも「カスタムしがいがある割に安い」のがアピールポイントになりそうで、よほどブームにでもならないとプレミアは期待できず、早めの売り切りを心がけた方が良さそうです。

一括査定シェアNo1,ウェイクの
査定相場を見る
12月01日 23:32:50現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

ウェイクの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「シェアNo1のサービス」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

一括査定シェアNo1
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
一括査定シェアNo1,まずはウェイクの
査定相場を見る
12月01日 23:32:50現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

ウェイクの査定事例

  • 2020/01に査定

    ウェイク Gターボ レジャーエディションSAⅢ

    2,747,800
    2019年(H31・R1)0.1千km

  • 2020/01に査定

    ウェイク Gターボ レジャーエディションSAⅢ

    2,747,800
    2019年(H31・R1)0.1千km

毎日500台入荷するウェイクの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

ウェイクの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車