買取相場 | 2020.06.29

世界中のハッチバックの評価基準となる優等生、フォルクスワーゲン「ゴルフ」は買い取り価格も期待大?

Posted by 菅野 直人

日本市場での輸入大衆車最大の成功作、フォルクスワーゲンゴルフは既に8代目の通称「ゴルフVIII」がデビューしていて日本でも遠からず発売予定ですが、もうすぐ型落ちとなる現行の「ゴルフVII」は買取市場でどのような評価を受けているのでしょうか?ヴァリアントやトゥーラン、オールトラックなどの派生モデルを除く、主力のハッチバック車の評価をご紹介します。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

【2年落ち2018年式ゴルフの目安査定額】

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf

2017年5月の改良で新形状ヘッドランプの採用や前後バンパーのデザイン変更によりフロントマスクを中心に印象がだいぶ変わり、同年7月には画面が拡大されるなど純正インフォテイメントシステムの機能が強化されて以降のモデルが2年落ち2018年式ゴルフです。

2018年に入ってからは大きな改良はなかったものの、「ディナウディオエディション」「TSIコンフォートライン テックエディション」「TSIハイライン テックエディション」「GTIダイナミック」など装備を充実させた魅力ある特別仕様車を発売しています。オプション込みでのおおよその新車価格と2020年5月現在での平均買取相場は以下の通りです。

(ゴルフ)

TSIトレンドライン 新車277万円/買取価格105万円程度
TSIコンフォートライン 新車308万円/買取価格111万円程度
TSIコンフォートライン テックエディション 新車365万円/買取実績なし
TSIハイライン 新車359万円/買取価格125万円程度
TSIハイライン テックエディション 新車385万円/買取実績なし
ディナウディオエディション 新車399万円/買取実績なし
平均買取価格 113万円程度・平均残価率36%程度

(ゴルフGTI / ゴルフGTE / ゴルフR)

GTI 新車441万円/買取価格190万円程度
GTI ダイナミック:新車485万円/買取実績なし
GTE 新車516万円/買取実績なし
R 新車617万円/買取価格228万円程度
平均買取価格 209万円程度・平均残価率40%程度

【4年落ち2016年式ゴルフの目安査定額】

ゴルフVIIは2015年に「ラウンジ」や「40thエディション」、「ミラノエディション」、2016年に「オールスター」や「TSIコンフォートライン コネクト」「TSIハイライン コネクト」など内外装に魅力ある特別仕様車や、「GTIクラブスポーツ トラックエディション」や、同「ストリートエディション」など高性能モデルも発売。

さらに2016年10月には280馬力を発揮する2リッターターボ・4WDの高性能モデル、ゴルフRに19インチアルミホイールやカーボンドアミラーなど豪華内外装を採用した特別仕様車「カーボンスタイル」を発売するなど、ラインナップが非常に豊富な時期でした。

また、前年の2015年9月にゴルフ初のプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」が発売されたことで、日本でのゴルフVII全ラインナップが出揃っている年式でもあります。「オプション込みでおおよその新車価格」と2020年5月現在での平均買取相場は以下の通りです。

(ゴルフ)

TSIトレンドライン 新車275万円/買取実績なし
TSIコンフォートライン 新車309万円/買取価格62万円程度
TSIコンフォートライン コネクト 新車337万円/買取実績なし
TSIハイライン 新車362万円/買取実績なし
TSIハイライン コネクト 新車382万円/買取実績なし
40thエディション 新車304万円/買取価格68万円程度
オールスター 新車330万円/買取実績なし
ラウンジ 新車340万円/買取価格64万円程度
ミラノエディション 新車389万円/買取価格74万円程度
平均買取価格 67万円程度・平均残価率20%程度

(ゴルフGTI / ゴルフGTE / ゴルフR)

GTI 新車434万円/買取実績なし
GTI クラブスポーツ ストリートエディション 新車495万円/買取実績なし
GTI クラブスポーツ トラックエディション 新車517万円/買取実績なし
GTE 新車532万円/買取価格102万円程度
R 新車601万円/買取価格189万円程度
R カーボンスタイル 新車618万円/買取実績なし
平均買取価格 146万円程度・平均残価率25%程度

【6年落ち2014年式ゴルフの目安査定額】

6年落ち2014年式ゴルフVIIは、2013年4月にベーシックモデルがモデルチェンジしたのを皮切りに、同年9月にFFスポーツモデルのゴルフGTI、2014年2月に4WDターボ高級スポーツのゴルフRがデビューし、プラグインハイブリッドのゴルフGTEを除く主要モデルが出揃った時期のモデルでした。

先代ゴルフVIの末期に続き、標準モデルにはアイドリングストップや回生ブレーキを装備して環境性能の高さをアピールする「ブルーモーションテクノロジー」を付記した長いグレード名なのが特徴で、新たに負荷の少ない巡航時などに4気筒中2気筒を休止する自動気筒休止システムを初採用するなど、さらに低燃費志向を高めています。

その上で強力な2リッターターボエンジンへ6速DSGを組み合わせたGTIやRといったスポーツモデルも設定しており、ベーシック版と高性能版の性格についた大きな差が、より広がっていきました。オプション込みでのおおよその新車価格と2020年4月現在での平均買取相場は以下の通りです。

(ゴルフ)

TSIトレンドラインブルーモーションテクノロジー 新車279万円/買取価格38万円程度
TSIコンフォートラインブルーモーションテクノロジー 新車304万円/買取価格36万円程度
TSIハイラインブルーモーションテクノロジー 新車340万円/買取価格42万円程度
エディション40 新車385万円/買取価格64万円程度
平均買取価格 45万円程度・平均残価率14%程度

(ゴルフGTI / ゴルフR)

GTI 新車414万円/買取価格83万円程度
GTI パフォーマンス 新車479万円/買取実績なし
R 新車572万円/買取価格139万円程度
平均買取価格 111万円程度・平均残価率22%程度

買取査定額が期待できるフォルクスワーゲン・ゴルフの人気グレードは?

ゴルフVIIは日本でもっとも成功した輸入大衆車であるフォルクスワーゲン・ゴルフの最新モデルだったとはいえ、代を重ねるごとに大型化していって7代目ゴルフVIIでは全幅1,800mmに達し、日本の道路で大衆車として使うには少々持て余すサイズとなっていました。

それでも従来からのファンがユーザーとしてついていたためか、1.2リッターターボ搭載の「トレンドライン」「コンフォートライン」、1.4リッターターボ搭載の上級グレード「ハイライン」ともに販売台数を稼ぎ買取実績も多く、これら標準モデルは2年落ちで平均113万円、4年落ちでも同67万円、6年落ちで同45万円とソコソコの買取査定額を得ています。

ただし安価な大衆車とはいえ輸入車ですから新車価格が約250~400万円程度に達しているのを考えれば少々物足りない買取額で、やはり趣味性が高いGTI、高級モデルのRで60~90万円ほど高価買取してもらった方が得策であり、残価率もこれらのグレードの方が高いのです。

ただし、同じように高額グレードでもプラグインハイブリッドのGTEだけは、外部からの充電こそできるものの国産プラグインハイブリッド車に比べEV走行(モーター単独走行)は非常に短距離しかできず、非常時に外部への100V・1500W給電能力などもないため魅力に乏しいためか、新車価格500万円近く高額な割に平均買取価格109万円、平均残価率19%と、少々よろしくない数字が出ています。

単に高額なだけでなく日本人受けする魅力が必要ということで、ゴルフGTIとゴルフRが買取査定額を期待できる2大人気グレードということになりそうです。

フォルクスワーゲン・ゴルフの残価率・リセールバリューは?

新車価格に対する売却査定額の割合「残価率」でオトク感を表すリセールバリューは、2年落ち2018年式なら標準モデルで約36%、GTIやRで約40%と、人気の国産ミニバンやSUVと比べて少し物足りないものの、4ドアセダンなどに比べればよほどリセールバリューが高いといえます。

しかし、初回車検(新規登録から3年)を迎えた後の4年落ち2016年式では平均残価率3割を切り、さらに2回目の車検(さらに2年)を超えた6年落ち2014年式では2割にも至りません。

つまり、あまり維持費のかからない3年落ち程度まではリセールバリューが高いものの、それ以降に消耗品の交換や修理などの費用が負担となる年式だと、急激に残価率を下げてしまいます。

それでも現行のゴルフVIIだからこそまだ安くとも20万円台程度で査定額が出てくるのであり、型落ちのゴルフVIでは程度良好で走行距離も少ないなど好条件でも10万円台、そうでもなければ一桁万円でも値段がつけば御の字という状態になってしまい、新車価格がどれほどであろうと、リセールバリューとしては残念ながら期待できません。

ゴルフVIIも遠からず新型のゴルフVIIIが日本市場でも発売されますし、そうなると型落ちで買取市場での大きな値崩れは避けられませんから、ゴルフVIIを所有していていくらかでもリセールバリュー狙いで考えているならば、ゴルフVIII発売と同時に間髪入れず下取りに出して乗り換えるなり、買取専門店などで売却するなりを、今のうちから計算しておいた方がよさそうです。

一括査定シェアNo1,ゴルフの
査定相場を見る
07月12日 18:16:07現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

ゴルフの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「シェアNo1のサービス」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

一括査定シェアNo1
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
一括査定シェアNo1,まずはゴルフの
査定相場を見る
07月12日 18:16:07現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

ゴルフの査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

毎日500台入荷するゴルフの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

ゴルフの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車