2019.07.18

【インタビュー】いい中古車販売店、悪い中古車販売店。その差はどこ??

Posted by UruCar編集部

車を買い替えたい……と思った時、迷うのは店選び。ネットで調べてみても、価格はどこも横並び。それなら、「いい店」を選ぶポイントはどこなの? そこで元中古車販売の中の人だった丸割さん(仮名)に、今だから言える販売店事情を語ってもらいました。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

答えてくれた人
元中古車販売店員の丸割さん(仮名)。現在は別業種で会社を経営。かつて「中の人」だった経験を踏まえて、外から見た中古車業界を鋭く切る。

いい中古車店を見分けるポイントは、「店舗情報」

ーーーいきなりですが、「良い中古車販売店」って、どう見分ければいいのでしょうか?

丸割さん(仮): 結論から言えば「誠意がある店」を探すことに尽きます。なので「誤魔化していない」とか「騙そうとしていない」という観点でチェックするといいですね。

具体的には、例えば今はみなさん車を売りに行くときはネットでお店を探しますよね。それで、ネットの店舗情報のページに展示車両が「約20台」と書いてあったとして、実店舗に見に行ったら5台しかなかった、とか。

ーーーたくさん在庫があるように見せている、ということですか。

丸割さん(仮):そうです。そういう店舗は、1台の車をいろいろな角度から撮影し、適当にデータを作って載せてしまう。

「この車種に強い」というイメージを作っているわけですね。販売価格には相場があるので、他店と大きく差をつけることができない。なので「お客さんにいかに足を運んでもらうか」が重要になってきます。が、そこで積極的に嘘を書いている店舗は誠意がないな、と思いますね。

ーーー少ない台数でも正直に書いてあるお店は大丈夫ってことですか?

丸割さん(仮):そうです。在庫台数が少なくても、それがその店舗の通常営業だったら、堅実に仕事をしている店と判断できるじゃないですか。

ネット上の店舗情報と実店舗の雰囲気が違うのが問題で。例えば、「価格が安い」のを売りにしている店舗が安い車種を揃えているのはいいのですが、「いろいろな車種を取り揃えています」と謳っていながら実店舗には安い車種しかなかったら、資金繰りが危ないのかもしれない……と疑ってみる必要があります。

ーーー「安い車種しか買取ができない状態」ってことですもんね。

丸割さん(仮):はい。繰り返しますけど、安い車が売りの店ならいいんですよ。問題なのは、「店舗情報と違う」場合です。

ーーー実際に店舗を訪れてみて、違和感があった場合は怪しいわけですね。

丸割さん(仮):あと、分かりやすいのは「展示車が汚い」店舗ですね。

ーーー洗車をやっていないということでしょうか?

丸割さん(仮):はい。通常、洗車は毎日やるんですよ。やっぱり綺麗な車の方が売れますし、お客さんの来ない時間は洗車くらいしかやることがないので(笑)。そのはずなのに汚いってことは、人員がいないということなので、これは何かある。
夜逃げの準備をしているのかもしれない(笑)。

ーーー夜逃げされると、車を売っても代金が支払われない危険がありますね……。

丸割さん(仮):そうです。大事な車を下取りに出すってことは、少しでもお金が欲しいからでしょ。
それが支払われなかったら笑えないですもんね。
売買を決めようという時に、もし支払い時期を明確に言わないお店だったらそこは売らずに避けましょう。

「できるだけ早く支払います」とかは危ない(笑)。ほとんどは3営業日〜1週間以内には支払われます。これが「来月末」などになると、完全に資金が回っていない。来月には潰れているかもしれない(笑)。

ーーー実際に店舗に行く前に気をつけることはありますか?

丸割さん(仮):ネットで検索して「ここで売ろうかな」と思った時、まずは社名をググれ!と声を大にして言いたいですね。

ーーー悪評がないか調べるんですね。しかし、ネット上の悪評はどこまで信じてよいものか判断がつかない場合があります。担当者さんに個人的にイラついただけじゃないかな、とか。

丸割さん(仮):確かに、「他店の方が高く買い取ってもらえた、ここはやめましょう」というような愚痴っぽい書き込みもあるかもしれません。個人の私怨らしきものがベースの書き込みはひとまずスルーして、「金額が振り込まれなかった」という事実があるかないかだけ確認するといいと思います。その事実が1件だけでもあったなら、避けたほうが無難ですね。中古車販売もモノを売買する商取引なので「金額が指定の期日までに振り込まれない」会社は、取引先としてはかなりうさんくさいですよ。

担当者さんとの相性問題

ーーーお店の雰囲気はよくても担当者さんと合わないなあ、ということがあるかと思いますが、そういう時は、例えば担当者の変更希望などを申し出てもよいものなのでしょうか。

丸割さん(仮):もちろんです。それは我慢せずに言ってください。中古車が普通の物販と違うのは、売買した後でも書類などで何度もやりとりが続くことです。そのたびに「車はいいけど担当者と話したくないんだよなあ……」とストレスを抱えるのは嫌じゃないですか?

ーーー確かに。電話も受けたくなくなったりして。

丸割さん(仮):それは販売店としても困るので、他の担当さんに変えてもらうように言ってください。キャバクラでも、お客さんから「女の子を変えて」って言われたら、あの人はキャッキャしている子は好みじゃないんだな、じゃあ次は落ち着いた子にするか、ってタイプを変えるじゃないですか。

ーーーそ、そうですね……。

丸割さん(仮):そうですよ。まあ、そんな感じで店側も考えますから。ほとんどのお客さんは、販売員が嫌だったら「別の店にしよう」とその店には行かなくなっちゃうでしょう。そうなることに比べたら「この店で買うけど担当者だけ変えたい」と言ってくれるお客さんは神様みたいですよ。お店としても助かるので、我慢はしなくていいです。

ーーーなるほど! それは気がラクになります。逆に、お客さんとして好かれるにはどうしたらいいでしょうか。また、好感度の高いお客さんにはサービスがつきますか?

丸割さん(仮):好感度が高いのは「正直な人」ですね。例えば、中古車を売りにくるお客さんって、ほとんどの人が事故車だとは言わないんですよ。見破れなかったら査定が高くなるので、まあ言わない人がほとんどなんですけど、「ここらへんに擦った傷があって」とか自ら申告してくれる人の場合は、あまり他は言及しなくなったりしますね。
一方で「この車は一度もぶつけたことはありません!安全運転なのでね!!」とかケンカ腰に言ってくる人だと、チェックするスタッフが増えたりします(笑)。そういう人の車は事故車が多いので(笑)。

ーーーかえって目が厳しくなる。

丸割さん(仮):はい。やっぱりこちらもプロですから、事故車かどうかは見ればわかります。
例え事故車であっても綺麗に直してはいるので一般の方は意識して見てもわかりませんよね。
しかしプロが見れば、修理した車って、ひとつのドアの隙間が他と微妙に違うとか一部だけ塗装の肌質が違うとか、何か違和感のある箇所があるのです。
それをきっかけに調べていくと紛れもない修理の跡が出てきたりする。

ーーー経験のなせる技ですね!

丸割さん(仮):そうなんですよ。
定期的な研修でも事故車を見分けるテストを行いますし、現場でも数多く見ていますしね。
修復歴は必ずわかるので、誤魔化そうとしない方がいいです。

ーーー美人が売りに来ると査定が高くなるってことはありますか?

丸割さん(仮):ないです(笑)。
まあ、好みだったらサービスはしたくなるかもしれないですけど……。査定額でいうと、好みの美人の汚い車と汚いオッサンが綺麗に乗っていた車だったら、後者のほうが高いですよ(笑)。

ーーーですよネ〜。商品の取引ですもんね。

丸割さん(仮):前述のように、好感度の高い正直なお客さんだったら、帰りは駅まで送ってあげたりすることもあります。
そういうサービスはしてあげようという気にはなりますね。
車に乗って売りにきて、帰りの足がないことはよくあるので。

ーーーなるほど!中古車販売店って、駅から遠いところにあることが多いですもんね!

丸割さん(仮):はい。通常はタクシー会社の番号を案内します。

少しでも有利に進める売り買いのテクニックは……?

ーーー少しでも車を高く売るためのテクニックみたいなものはありますか?

丸割さん(仮):テクニックではないですけど……。
スタッドレスタイヤや交換用のタイヤがあるとグッと上がったりします。
あと、改造している車の場合は元のノーマルパーツがあると金額が上がりますね。

ーーーパソコンを売る時に箱やACアダプタもあると高く買い取ってもらえる、みたいな。

丸割さん(仮):そうそう。車は好みで改造されたりするので、次のパーツを買うためにノーマルパーツを売ってしまう人が多いんですよね。
しかし!それはとっておいた方がいいです!あるとないとでは中古車としての価格がまったく違います。

ーーー他に、売るときのポイントは

丸割さん(仮):その車種が得意な店に行くことは絶対条件ですね。アメ車しか置いてない店に軽トラを持っていっても、軽トラを買いたいお客さんは来ないので。

ーーー価値がわかるところに持っていけ、と。

丸割さん(仮):そうですね。店舗としては、長期在庫は置きたくないので、長く売れない車はオークションに出すことになります。
しかしオークションだとどうしても安く売らざるを得ないので、できれば店舗で売りたいんですよ。
そうなると、やはり需要の多い車種を仕入れたいですよね。

ーーー逆に、中古車を買う人が少しでも安く買う方法は……。

丸割さん(仮):そこを欲張るのはやめた方がいいです。これは大きく言いたいのですが、中古車業界に掘り出し物はありません!!

ーーーないですか!

丸割さん(仮):ないです。安いものは安いなりの理由があります。

ーーーでもほら、電化製品でも型落ちなどで、未使用だけどお安く出ていたりするじゃないですか……。

丸割さん(仮):型落ちは型落ちなりの相場がありますから。その相場を調べておくのはいいかもしれませんね。
相場と比べてガクンと金額が下がっている場合は、その理由をしっかり聞くべきです。その理由が納得できるものであればいいんですけど。
例えば、「普通に走るけど、カーオーディオが壊れている」とか。音楽はスマホ&スピーカーでいいかな、と思う人だったら買ってもいいでしょうし、「ペットの臭いが取れない」が理由であれば、ウチもペットを乗せるしな〜と納得できたら買いでしょう。
しかし特に理由もなく「これはおすすめですよ!この値段じゃなかなか出ませんよ!」などと言われたらやめたほうがいいです(笑)。

ーーータイミングとかで安くなったりしないのでしょうか

丸割さん(仮):うーん、長期在庫は持ちたくないので、オークションに出すか値引きして売ることはありますけど、そういうタイミングを狙って店舗に行くのは難しいんじゃないかなあ。

気持ちのいい取引をしよう

ーーー売り手側に知識がないために、「騙されるんじゃないか」「なめられるんじゃないか」という先入観から横柄になるお客さんが多いイメージです。

丸割さん(仮):確かにそれはありますね。ちょっと強気になってしまうお客さんは多いです。
でも、それも少しわかるのですよ。中古車販売員は強面の人が多いですから。なんていうか、元ヤンですよね(笑)。
しかし、お店に出ている時点で営業マンですからね。お客様対応を身につけてからお店に出ていますから大丈夫です。
怖くないよ(笑)。

ーーー怯えずに、普通にお店に行ったらいいと。

丸割さん(仮):はい、武装しないで来てください。基本的に取引の場ですから、どちらが偉いとか強いとかはないと思います。
普通に希望額を聞いて、お店は利益が出るように計算して、擦り合せの交渉をして、という取引の場ですよ。だからこそ、小狡いことをしていない誠実なお店を選んでほしいし、お客さん側も「自分だけ得をしよう」などと思わずに誠実であってほしい(笑)。
それでお互いに気持ちのよい取引ができたら嬉しいですね。

ーーーありがとうございました! 今後の中古車売買の参考にさせていただきます!

愛車を相場より10万円以上高く売る方法をご存じですか?
中古車の一括査定ならそれが可能です。

  • 提携会社数約1,000社!
  • 同時見積数最大30社!
  • しつこい営業電話無し!
  • 業者の丁寧な対応あり!
  • 事故車にも対応!

一括査定サービスのカーセンサーは、提携している買取業者数は約1000社
全国各地の業者から車種に合わせてあなたの車を最も高価で査定してくれる業者を選んでくれます。

先方からの連絡回数(電話)頻度が少なく、忙しくても売却可能です。
下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。
安心のリクルート運営なのでサポートも万全です。

3分程度で完了
カーセンサーで査定額を調べる