売却、買取ガイド | 2019.12.03

【買取査定額をあげるコツ】ステーションワゴンを高く売るためのテクニックとは?

Posted by UruCar編集部

実用性と走りを両立できる「ステーションワゴン」は、走りを楽しみたい車好きな人にはもちろん、ほど良い荷積みスペースが欲しいファミリー層からも支持を集めている人気車種です。中古車としての需要も高いので、売却を検討していて「少しでも高く買取ってほしい」と考える人は多いようです。では、実際にステーションワゴンの買取査定額をあげるためには、どのようなことに注意したら良いのでしょうか。 ステーションワゴンの特徴と、高く売るためのポイントについて見ていきましょう。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

あわせて読みたい

売却前に知っておきたいステーションワゴンの特徴

ステーションワゴンとは、主に2BOXで車高が高くない乗用車のことを指します。
似たようなジャンルにバンがありますが、バンはワンボックスであることが多く、商用車というイメージが否めません。
ステーションワゴンも同様に商用車として使用できますが、デザイン性の高い車種が多く、人目を引きます。そのため、企業では「社有車」として導入される事例が多いようです。

3ナンバーサイズより大きく、ミニバンよりもゆったりとしたシートを採用している車種も多数ラインナップしています。ミニバンと比較するとステーションワゴンのほうが全高は低く、立体駐車場などでも安心して入ることができます。

また、重心が低い車が多いので、安定した走行が楽しめるのも魅力の一つです。乗り心地としてはセダンに近く、快適性重視の足回りにセッティングすることもできるのが良いですね。

日本のステーションワゴン界で絶対的な存在であったのが、レガシィツーリングワゴンです。長らくステーションワゴン人気を引っ張ってきましたが、残念ながらツーリングワゴンの生産は終了してレヴォーグに引き渡されています。

レガシィツーリングワゴンの長所は「ボクサーエンジンを活かした走行性能の高さ」であり、今でも根強い人気と高いニーズを誇っています。

なお、ステーションワゴンはラゲッジルームを広々と使用することが可能で、2列目のシートを折り畳むことで大きな荷物も積むことができます。

ステーションワゴンにおける査定のポイントは?

ステーションワゴンは、主に走りを楽しみたい人と、広い室内空間を手に入れたい人に好まれています。

デザイン性が高いからか、査定時には「見た目」も重視されることが多いようです。特にカラーリングにはこだわる人が多いようで、ボディカラーで価格差が大きくなる傾向があることで知られています。
また、走りを楽しみたい人にとっては「ターボエンジン」のほうが好まれます。エンジンのコンディションも、査定時の大きなポイントです。
アウトドアシーンで使用されることも多いので、4WDタイプのほうが高人気といえます。ただし、外国車の場合は、スタイルや低燃費重視のために2WDのほうが人気です。

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えを検討されている場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ買取に持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、カーオークションの相場、経費などその他の状況で金額が大きく変わります。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額を一括査定で調べてからから交渉されることを強くお勧めします。 愛車の売却や、中古車購入で損をしないために是非お試しください。

一括査定なら買取相場や
複数社の査定額一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

カーセンサーなら最大30社が愛車を査定、最高額がわかります、大手リクルートが運営するため、個人情報の取り扱いも安心。
愛車の最高査定額を調べるならカーセンサーならまず間違いないでしょう。

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

最大30社へ無料査定まずは愛車の
最高査定額を知る

ステーションワゴンを高く売る4つのコツ

ステーションワゴンをより高く買取してもらうためには、一工夫することが重要です。
では、具体的にどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?
ここでは、高値で売ることができるコツを紹介します。

1. きれいなコンディションで査定を受ける

ステーションワゴンの魅力の一つに、美しいフォルムがあります。特に、海外のステーションワゴンはとても格好良く、セダンにも匹敵するような上品さがあります。
そのため、見た目が汚れているとそれだけで心象は良くありません。査定時も同様で、汚れた状態で査定を受けると査定額が下がる可能性は十分にあります。

少しでも高く売りたいなら、最低限洗車やワックスがけを行ってから査定を受けましょう。車内も掃除がけをしたりシートの汚れを落としたりして、きれいに整えておくと「手入れされた車」として見てもらえます。
また、「臭い」にも注意したいところです。最低限、消臭はしておき、喫煙者ならシートに染み付いた臭いもしっかり除去しておきましょう。

2. 走行距離がなるべく少ないと良い

ステーションワゴンは走りも楽しめる車ですので、走行距離も査定に影響を及ぼすことがあります。一般的には、年間1万kmを基準として査定額を算出します。もし5年乗っていて5万kmを超える場合はマイナスとなりますが、3万kmしか乗っていないのならプラスポイント、という判断です。
買取業者を選ぶ際には「走行距離別の相場」をしっかりと把握しておき、それを参考に選ぶようにしましょう。

3. 一括査定サービスを使う

ステーションワゴンは幅広い年代に人気のある車種ですので、さまざまな業者が買取りたいと考えているものです。少しでも高く買取ってもらうために、「一括査定」を利用するのも良いでしょう。
一括査定では、車の情報を登録するだけでたくさんの買取業者から査定額を提示されます。その中から候補を選び、実際に車を見てもらって査定を受ければ、効率的により高く売ることができますよ。

性別、年齢関係なく人気のステーションワゴン、人気はまだまだ続くか?

ステーションワゴンは、荷積みスペースの広さとパワフルな走行を活かした車種です。アウトドアが好きな若者にも人気ですし、広い室内空間を活かしてセダン並みのラグジュアリー感をアピールしたい大人層にも人気があります。
先に紹介した通り、ステーションワゴンの人気を絶対的にしたのがレガシィツーリングワゴンですが、今ではセダンのみしか販売されておらず実質的な後継車種であるレヴォーグにその人気が引き継がれています。

また、庶民カーの代表格であるカローラフィールダーはコンパクトなサイズ感と実用性の高さが人気となっています。
日本車ではシャトルやアテンザなども人気ですが、ステーションワゴンの場合は外国車の人気も絶大です。

BMW 3シリーズやメルセデス・ベンツ Cクラスワゴン、ミニ ミニクラブマンなどが代表例で、日本車にはない魅力をアピールしています。

そんなステーションワゴンの中でも人気のレヴォーグは、ガリバーでは以下で買取対応されています。

車種 年式 走行距離 査定額
レヴォーグ 2.0STIスポーツアイサイト 2018年式 1万km走行 300.0万円
レヴォーグ 1.6STIスポーツアイサイト 2017年式 3万km走行 210.3万円
レヴォーグ 1.6GT-Sアイサイト 2016年式 1万km走行 189.0万円
レヴォーグ 1.6GTアイサイト スマートエディション 2017年式 1万km走行 143.4万円
レヴォーグ 2.0GT-Sアイサイト 2015年式 6万km走行 115.6万円

まだまだ新しい車種なので年数も経過していないのですが、それでも100万円を超える買取実績が多数あります。最も買取検討さているのが4年落ち3万km走行の車であり、その場合でも160万円前後での取引となることが多いようです。
リセールバリューの観点で見ると、値下がり率は-5.7%/年程度であり、比較的値落ちする幅が狭いという特徴があります。

査定前により高額に買取ってもらうための要素の確認を!

ステーションワゴンは広い室内空間と機敏な走行性能が魅力的!
査定時のポイントにはカラーリングなども含まれる
査定を受ける際には洗車やワックスがけなどできれいな状態に!
走行距離は1万km/年が基準とされることが多い

ステーションワゴンは、大きなトピックスとしてはレガシィツーリングワゴンの販売終了が大きく影響しています。また、日本車だけでなく外国車のステーションワゴンも他の車種に比べて高いという傾向があります。
ただ、走りと室内空間の広さを両立させている魅力的なステーションワゴンも多くあり、まだまだ根強い人気があるといえるでしょう。買取時には、見た目の美しさだけではなく駆動方式なども重要な要素となることが多いです。
売却を考えている場合は、複数の業者から一括で見積もりをしてもらい、より有利な条件を引き出しましょう。

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えを検討されている場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ買取に持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、カーオークションの相場、経費などその他の状況で金額が大きく変わります。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額を一括査定で調べてからから交渉されることを強くお勧めします。 愛車の売却や、中古車購入で損をしないために是非お試しください。

一括査定なら買取相場や
複数社の査定額が一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

カーセンサーなら最大30社が愛車を査定、最高額がわかります、大手リクルートが運営するため、個人情報の取り扱いも安心。
愛車の最高査定額を調べるならカーセンサーならまず間違いないでしょう。

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

最大30社へ無料査定愛車の
最高査定額を知る

ネットに掲載されていない非公開車両

ズバット車販売の中古車提案サービスならネット、市場に出ていない車絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。

ズバット車販売は中古車オークションに出品される前の車両を非公開在庫として販売。

中古車市場の70%は一般には公開されない非公開車両なので一般市場に出る前にGETのチャンスです。
年間20万台の車買取をするガリバーと提携、だからこその流通量、毎日500台以上入荷。
ネットで欲しい車を探しながら、同時に非公開車両から探したりと併用しながら希望の車を探すのをおススメします。

しかも10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者に条件を伝えると探して提案をしてくれます。
車は安くない買い物、もちろん無料で相談可能です。

市場に出る前の
非公開車両を見る