引用:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/

中古車購入ガイド | 2019.11.02

人気、リセールバリュー共に安定したランドクルーザー、中古で買うなら見ておくべきチェックポイント!

Posted by shintaro

トヨタが生産する本格派大型SUVのランドクルーザーは、1951年から続く長い伝統を持つ車です。トヨタ・クラウンがデビューしたのが1955年なので、それよりも4年長い歴史を持っています。悪路踏破力は世界中のSUVの中でもトップクラスに位置し、世界中に多くの「ランクル・ファン」を持つほどの人気ぶり。その魅力は、どこにあるのでしょうか。ランドクルーザーが長く愛され続けている理由や、その魅力について、詳しく見ていきましょう。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

あわせて読みたい

誰もが知る、高級でタフなSUV「ランドクルーザー」

「ランクル」という愛称が知れ渡り、あまり車に興味がない人でもどんな車かわかるほど知名度が高いランドクルーザー。イメージとしては「道なき道を行く世界一タフなSUV」といったところでしょうか。実は近年のモデルは、イギリスの高級SUV、レンジローバーをベンチマークに開発していることもあり、レザーや木目調の内装などを備え、高級車としての風格を備えたモデルとなっています。

ランドクルーザーのユーザー層は、歴代モデルを乗り継いだような「熱烈なランクル・ファン」の他、それまでクラウンやレクサスなどの高級車を乗り継いできた人などが多いようです。

特にリタイア世代が第2の人生の伴侶としてランドクルーザーを選ぶケースが多いとか。

そうした悠々自適な生活が送れる人は、ランドクルーザーでロングドライブをしたり、釣りやゴルフを楽しんだりして、カーライフを満喫しているようです。現在のランドクルーザーは乗り心地も高速安定性も良く、なおかつ悪路踏破能力にも優れているので、アクティブなリタイア世代には絶好の車でしょう。

若い人は普段は街乗りに使う他、やはりオフロード走行を楽しむことが多いようです。ボディが大柄かつ重量級なので「ダートを飛ばす」といった使い方には向きませんが、クロスカントリー走行では本来のポテンシャルを十二分に発揮します。

ランドクルーザーってどんな車?

初代ランドクルーザーの登場は、終戦後まもない1951年。同一車名の国産車としては、最も長い歴史を持つ車種です。初代モデルは警察予備隊への納入を前提に開発されました。

1955年から1960年にかけて生産された2代目は、アメリカのジープそっくりなスタイルの四輪駆動車。続く3代目モデルは1960年から1984年という24年にも渡るモデルライフになりました。この3代目モデルは極めてヘビーデューティーな四輪駆動車で、一般の人には扱いにくい車だったようです。

そこで1980年には「60系」という乗用車的なモデルを発売し、マーケットで一定の人気を得ます。この60系のコンセプトが現在のランドクルーザーに受け継がれているのです。

ランドクルーザーがベンチマークにしているレンジローバーも軍用車を前身に持つSUVですが、両車ともに同じような発展の仕方をしてきたようです。
「60系」は1989年に「80系」へとモデルチェンジを果たし、1998年登場の「100系」、2007年発売開始の「200系」へと進化を遂げました。

この間、ランドクルーザーにはさまざまなバリエーションが生まれ、100系からはプレミアムSUV路線を敷いています。現在の200系はそこから正常進化を果たしたモデルといえるでしょう。

歴代ランドクルーザーの特徴は、ざっくり「100系以前」と「100系以後」に分けられます。1980年代まで、SUVのマーケットは限られたものでした。1990年代半ばに日本でRVブームが起こると、ランドクルーザーも変革を迫られます。

トヨタがとったのは、当時は珍しかった「高級SUV」を目指すという手法でした。そうして生まれたのが1998年に登場した100系ランドクルーザーだったのです。セルシオ用として開発されたV型8気筒エンジンを4.7Lに排気量アップして搭載し、インテリアにはレザーシートや木目調のインパネを装備。静粛性に優れ、乗り心地も良く、見栄えもいい高級SUVとしてのスタートを切りました。

当然のことながら悪路走破性の向上も忘れてはおらず、スカイフックTEMSという新技術を導入します。

このコンセプトをさらに洗練させたのが、現行型の200系です。

中古ランドクルーザーの相場と選び方

高級SUV路線に転換してから、ランドクルーザーの新車価格は跳ね上がりました。現在の200系は装備が充実したグレードを選ぶと700万円近くもします。この価格の車を買うのは多くの人にとってなかなか決断しにくいものです。

しかし、中古車なら気軽に買えるかもしれません。以下では歴代ランドクルーザーの中古車相場や選び方を紹介していきます。

歴代ランドクルーザーの中古車相場

長い歴史を持つランドクルーザーだけに、中古市場には多くのモデルが存在します。現在出回っているのは、80系、100系、200系が中心。これらのモデルは生産された期間も長く、比較的多くの個体が見つかります。

その中で最も古い80系は、最新モデルでも20年前に販売された車です。走行距離も10万kmを超えた個体が多く、実用に供するにはあまり向かないでしょう。ただ、古い型であっても好んで乗る愛好家は多く、96年モデルで走行2.1万kmの個体でも398万円もの値段がついています。

100系は80系よりも多くの中古車が存在し、100万円を切る個体もたくさんあります。しかし走行距離が10万km以上のものが多く、4万km程度の個体でも400万円以上と高値安定の傾向です。100系であっても生産終了から10年以上を経たモデルであり、走行距離が多い個体が目立ちます。

現行モデルでもある200系は、走行距離2.8万kmの個体で230万円ほど。4万km前後の個体は概ね、200万円代で購入できるようです。

用途別、中古ランドクルーザーの選び方

上で述べたように、ランドクルーザーは中古車市場には多くの数が流通しています。多くは80〜200系の各モデルですが、80系は既にネオクラシックの領域に入っているといっても良く、趣味性以外に選ぶ理由はないでしょう。

実用に使えるのは100系か200系です。100系は走行距離が多い個体が多い割に、価格も高くあまりおすすめできません。お買い得なのは200系ではないでしょうか。

毎日500台入荷!非公開車両の中から、ほしい車探します

仕入れ、中古車探しプロ
ガリバーにはいます

  • 予算に合わせて
    提案してほしい
  • 高い買い物だし
    失敗したくない
  • しっかり検討する
    時間がない

インターネットに出ていない非公開在庫を年式・予算 等の簡単な入力で全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせ。価格、車種、年式、グレード、走行距離、希望の条件をお伝えください。

毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る

※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

なぜガリバーの買取サービスが選ばれるのか?ガリバー高額査定の秘密、選ばれる4つの理由

  • 中古車買取台数No,1業界随一の実力!
  • 全国約550店舗を中心とした約18,000のネットワーク!
  • 自宅でOK!忙しい方、お近くに店舗がない方におすすめの出張査定
  • 年間取引台数28万台の実績!メーカー、車種を問わず適正な査定価格を算出!

契約後のキャンセルも可能、代車無料貸し出し
入金は最短で2営業日、手続き代行サービスあり!
お客様の立場に立ったお客様のためのサービス。
もちろん無料で、買取金額だけ知りたいケースでも親切に対応してくれます。
お持ちのクルマの今の価値、知ってみませんか?

金額だけ知りたいでもOK!査定金額を確認してみる

中古ランドクルーザーを買う際の注意点

中古車を選ぶ際に重視したいのは、どのようなことでしょうか。人それぞれの考えがありますが、中古でランドクルーザーを買うとき固有の注意点もあります。以下で解説します。

ボディサイズが大きく、車重もスーパーヘビー級といえるランドクルーザー。頑丈なフレームを持った本格派のSUVですが、車重のかさむ車は意外と傷みが大きいものです。質量が大きい分、フレームやボディにかかる応力も大きく、経年劣化によって溶接が緩み、ボディ剛性の低下を招きやすくなります。車の性格上、頻繁にオフロード走行をした過去を持つ個体もあるでしょう。そういう使い方をした場合、傷みはますますひどくなります。

ランドクルーザーの中古車購入を考えている人は、できれば試乗させてもらいましょう。リアのゲートや前後のサスペンション周りから異音が出ていたら要注意です。

また、100系以降のモデルはレザーシート装備車がありますが、レザーシートは布シートより劣化しにくいので、しっかりした個体が見つかるでしょう。ベージュなど、明るい色のレザーは汚れが目立つかもしれませんが、レザーの汚れは簡単に落ちるのであまり気にする必要はありません。

中古ランドクルーザーのおすすめグレード

100系は「VX」と「シグナス」というグレードに分かれます。装備が充実していたのは上位グレードの「シグナス」です。一方、200系は「GX」、「AX」、「ZX」の3グレードで、最上級グレードが「ZX」。
100系の「シグナス」は4灯のヘッドライトを備え、見た目も異なります。最近では街中でもあまり見かけないので、程度の良い個体を見つけたら検討してみる価値はありそうです。

中古車の場合、グレードや色よりも程度を重視するのが賢い買い方といえます。特に、ランドクルーザーのようにヘビーデューティー用途を前提にしている車の場合はなおさらです。

ランドクルーザーの中古車はタマ数豊富で探しがいあり!

国産車最古の歴史を持つランドクルーザーは全世界で人気!
中古車市場での人気は高く、高値安定だがお買い得な個体も!
100系、200系はタマ数豊富!
入念に探せばお宝個体を見つけることも可能!

国産SUVの代名詞といってもいいランドクルーザー。歴代のモデルはどれも生産期間が長く、人気車種だけに中古車のタマ数も豊富です。ただ、車の性格故に、程度の良い個体は少ないようです。ランドクルーザーの中古車を検討している人は、出来るだけ多くの中古車を見て「お宝」を探してみてはいかがでしょうか

素晴らしい個体を見つける時間も中古車選びの醍醐味です。極上の個体を見つけたとき、その喜びもきっと大きいはずです。

[PR]

毎日500台入荷!非公開車両の中から、ほしい車探します

仕入れ、中古車探しプロ
ガリバーにはいます

  • 予算に合わせて
    提案してほしい
  • 高い買い物だし
    失敗したくない
  • しっかり検討する
    時間がない

インターネットに出ていない非公開在庫を年式・予算 等の簡単な入力で全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせ。価格、車種、年式、グレード、走行距離、希望の条件をお伝えください。

毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る

※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

なぜガリバーの買取サービスが選ばれるのか?ガリバー高額査定の秘密、選ばれる4つの理由

  • 中古車買取台数No,1業界随一の実力!
  • 全国約550店舗を中心とした約18,000のネットワーク!
  • 自宅でOK!忙しい方、お近くに店舗がない方におすすめの出張査定
  • 年間取引台数28万台の実績!メーカー、車種を問わず適正な査定価格を算出!

契約後のキャンセルも可能、代車無料貸し出し
入金は最短で2営業日、手続き代行サービスあり!
お客様の立場に立ったお客様のためのサービス。
もちろん無料で、買取金額だけ知りたいケースでも親切に対応してくれます。
お持ちのクルマの今の価値、知ってみませんか?

金額だけ知りたいでもOK!査定金額を確認してみる

CARこの記事で紹介した車

10月度サイト別査定相場
平均:537.7万円/自社査定中古車買取台数No,1、買取金額だけ知りたいでもOK
平均:261.5万円/一括査定専門店最大8社から見積もり、最高額を選べる。金額だけ確認もOK
平均:229.9万円/一括査定47秒で無料一括査定スピード回答、73%の人が高く売れたと実感。平均23万もお得!
平均:293.4万円/一括査定利用実績450万人突破!3社以上の比較で平均17.6万円アップ!
平均:551.5万円/一括査定最大30社から見積り、最短で即日査定、すぐに査定額がわかる。
平均:365.5万円/一括査定全国150社以上へ一括査定、現金10万円プレゼントキャンペーンあり