売却、買取ガイド | 2019.12.03

【買取査定額をあげるコツ】SUVを高く売るためのテクニックとは?

Posted by UruCar編集部

幅広い世代に人気のSUVは、オンオフ問わず活躍できる多目的車の一つです。パワフルな走りと室内空間の広さが魅力なので、実際に購入を検討している人も多いことでしょう。 実は中古車としての人気も高く、中古車メーカーの広告では数多くのSUVを見つけることができます。これはつまり、「買取の需要が高い」ということにほかなりません。 では、SUVを少しでも高く買取ってもらうためには、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。SUVの特徴と、買取時のポイントについて見ていきましょう。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

あわせて読みたい

売却前に知っておきたいSUVの特徴

まず、SUVとはどのような車であるかについて紹介します。

SUVとは、Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の頭文字を取って命名されています。直訳すると「万能でスポーティーな乗り物」という意味となり、スポーツ用多目的車などにジャンル分けされることがあります。

セダンタイプの車は公用車にも使用されるなど、どこか格式が高いイメージがありますが、SUVの場合は少し砕けていてアウトドアでも使用できることを想定して設計されています。モデルによってはクロスカントリーを楽しめるものもあり、パワフルなエンジンで「走り」を満喫したい人にぴったりの車です。

元々はアメリカで人気の車種でしたが、日本でもトヨタランドクルーザーが火付け役となって、徐々に人気を高めていきました。2019年現在の今でも、特に若者から高い支持を受けている人気車種となっています。

SUVの大きな特徴は車高の高さで、運転中も見晴らしが良いという点があります。また、エンジンの性能が高いので、坂の多い道でも安定して走行できるでしょう。
シート自体は大きめで、広々とした車内空間が特徴的です。広さではミニバンと競合することになりますが、ミニバンよりも広い収納スペースを確保できます。

SUVはスポーティーに偏りすぎているイメージが強く、高級感のないデザインを残念に思っていた人も多いかもしれません。しかし最近では、ラグジュアリーを意識した車種も増えています。

また、比較的コンパクトなサイズのSUVも人気で、異性にモテたいという男性にも人気です。

SUVはパワフルさがウリであると同時に、ガソリンの消費量がネックとなっていました。しかし最近ではハイブリッドタイプも続々と登場しており、各自動車メーカーがこぞって最新鋭の技術をSUVに注いでいるという点も見逃せません。

SUVにおける査定のポイントは?

SUVはほかの車種に比べて、アウトドア志向の強い車です。そのため、どれだけきれいであるかが査定時のポイントとなります。

デザイン性の高いSUVなら、室内空間の清潔度は特に重要視されます。エクステリアにおいても、傷や故障の有無は大きなポイントなので、高級志向のあるSUVの場合は傷やへこみには十分注意したいものです。

SUVは個性の強い車が多いのも特徴となっていますが、ある程度の普遍性を備えた車のほうが高値になる傾向にあります。トヨタCH-Rはその代表例であり、クーペに近いスタイリッシュさが高人気となって買取相場でも高い注目を集めています。

SUVは日本だけでなく海外でも人気の高い車種です。そのため、走行距離に関係なく高値で売れる場合があります。特にトヨタランドクルーザーは世界的に需要が高く、走行距離が30万kmであっても比較的高値で売れているようです。
なお、クロスカントリー系の走行距離は、買取額にそれほど影響を及ぼしません。

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えを検討されている場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ買取に持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、カーオークションの相場、経費などその他の状況で金額が大きく変わります。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額を一括査定で調べてからから交渉されることを強くお勧めします。 愛車の売却や、中古車購入で損をしないために是非お試しください。

一括査定なら買取相場や
複数社の査定額一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

カーセンサーなら最大30社が愛車を査定、最高額がわかります、大手リクルートが運営するため、個人情報の取り扱いも安心。
愛車の最高査定額を調べるならカーセンサーならまず間違いないでしょう。

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

最大30社へ無料査定まずは愛車の
最高査定額を知る

SUVを高く売る4つのコツ

では、より高くSUVを売るためにはどんな点に注意すれば良いのでしょうか?
ここでは、より高く売るためのコツを4つ伝授します。

1. きれいなコンディションで査定を受ける

SUVはアウトドアでも使用される車種ですが、その中でも室内空間が清潔であるかどうかで査定額が変動します。多少の汚れは致し方ないにしても、明らかに汚れている場合は査定額が大きく下がります。臭いも重要なポイントなので、特に喫煙車の場合はしっかりと消臭してから査定に出すようにしましょう。

アウトドアで使用している場合は、外回りのコンディションも査定に大きく影響します。傷や汚れの有無はもちろん、塩害の発生有無もしっかりと確認するようにしましょう。錆の発生は特に大きくマイナスポイントとなってしまいますので、日頃から洗車を心がけているかどうかで査定額は大きく変わると言えるでしょう。

2. あえて傷やへこみはそのままで査定を受ける

他の車種と比較すると、SUVの場合は傷やへこみによる査定額の変動が大きくありません。自分で補修できるレベルの傷であれば補修してから査定を受けたほうが良いのですが、修理業者に依頼するほどではないケースが多いです。

場合によっては傷の有無によって査定額が変わらないというケースもありますので、修理の費用が無駄にならないように注意してください。

3. 売る時期を見極める

一般的な車種の場合は、就職や転勤などの時期に合わせて売れる傾向にあります。一方で、SUVの場合はレジャーシーズン前に需要が高まります。

例えば、夏休み前の6~7月や、ウインタースポーツが活発になる1~2月あたりは販売数が延びるというのが定石です。この時期に多くのSUVを確保するために、シーズンの数ヶ月前から買取を強化する買取業者が増えます。SUVを売りたいと考えている人は、しっかりと時期を見極めることが重要です。

4. 海外への中古車輸出専門店へ売る

SUVの人気は日本だけではありません。実は、海外でも人気車種として認識されているのです。日本国内でも海外への中古車輸出専門店が存在しており、車種や状態によってはより高値で売れる場合があります。

特に、海外で人気となっているトヨタランドクルーザーなどの車種は、走行距離に関係なく高値で売ることができるでしょう。また、SUVなら少々のトラブルを抱えている車であっても、海外では高値で売れる可能性があるので、まずは査定を受けてみることをおすすめします。

性別、年齢関係なく人気のSUV、人気はまだまだ続くか?

今のSUV人気を支えているのは若者に当たる世代ですが、今後もその傾向は続くものと見られています。また、40代の男性をターゲットとして、大人のSUVも続々と誕生しています。
特に、レクサスのUXシリーズなどは比較的リーズナブルな価格設定であり、ラグジュアリーなスタイルが人気を博しています。LXはランドクルーザーとほぼ同等な位置付けの車として、海外でも人気なのです。
ほかにも、日本車で言えばトヨタのRAV4やハリアーが若者に人気を博していますし、ホンダヴェゼルのスタイリッシュさも魅力的です。
特に都会的な雰囲気を醸し出すハリアーの買取相場を見ると、以下のようになっています。

車種 年式 走行距離 査定額
ハリアー プログレス メタル アンド レザーパッケージ 2017年式 1万km走行 317.6万円
ハリアー プレミアム 2015年式 4万km走行 210.3万円
ハリアー エレガンス 2017年式 2万km走行 183.4万円
ハリアー プレミアム アドバンスドパッケージ 2014年式 7万km走行 161.7万円
ハリアー 240G プレミアムLパッケージ 2012年式 7万km走行 138.9万円

注目すべきは、『比較的走行距離がある車でも、査定次第では高値が付きやすい』という点です。カラーリングで言えば、パール系が高値で査定されやすいのも特徴的です。

今後も人気が続くと予想されるSUVはタイミングを見計らってお得に売却を!

SUVは特に若者に人気で高級志向が強い車種も続々と誕生している!
査定時のポイントは普遍性があるなどの要素が挙げられる
より高額査定を受けるためには、きれいな状態で査定を受けるなど工夫を!
ハリアーなどは比較的走行距離がある車であっても高値が付きやすい傾向に!

SUVについては、多目的な利用が可能で走りを楽しみたい人にも人気となっています。
少し乗りにくい印象があるのですが、コンパクトなSUVも多数ありますし、走行サポート機能を兼ね備えた車種も続々と誕生しています。
また、レクサスを筆頭として高級志向の高いSUVが続々と誕生しており、より幅広い年代に支持されています。
買取においても、買い手市場となっておりタイミングなどを見計らうことでよりお得に売ることができます。

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えを検討されている場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ買取に持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、カーオークションの相場、経費などその他の状況で金額が大きく変わります。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額を一括査定で調べてからから交渉されることを強くお勧めします。 愛車の売却や、中古車購入で損をしないために是非お試しください。

一括査定なら買取相場や
複数社の査定額が一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

カーセンサーなら最大30社が愛車を査定、最高額がわかります、大手リクルートが運営するため、個人情報の取り扱いも安心。
愛車の最高査定額を調べるならカーセンサーならまず間違いないでしょう。

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

最大30社へ無料査定愛車の
最高査定額を知る

ネットに掲載されていない非公開車両

ズバット車販売の中古車提案サービスならネット、市場に出ていない車絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。

ズバット車販売は中古車オークションに出品される前の車両を非公開在庫として販売。

中古車市場の70%は一般には公開されない非公開車両なので一般市場に出る前にGETのチャンスです。
年間20万台の車買取をするガリバーと提携、だからこその流通量、毎日500台以上入荷。
ネットで欲しい車を探しながら、同時に非公開車両から探したりと併用しながら希望の車を探すのをおススメします。

しかも10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者に条件を伝えると探して提案をしてくれます。
車は安くない買い物、もちろん無料で相談可能です。

市場に出る前の
非公開車両を見る