高速コーナーで威力を発揮!サーキット走行におすすめ、社外LSDの装着

KAKO MIRAI

コーナリングでしっかりと駆動力を掛けるためには、LSDの装着が有効です。コーナーでのスピードを向上させる目的がありますが、種類も多く作動方式も分かれているため、車の

カスタム・アフターパーツ

2020.11.01

車の軽量化チューニングのメリットとは?考慮すべき点やリスクについて

菅野 直人

車をチューニングする上で、検討を欠かせないのが「軽量化」です。単純に考えれば、同じ馬力やトルクのエンジンを積んでいれば、軽い方がより小さな力で走行できるため、加速や

カスタム・アフターパーツ

2020.11.01

格安タイヤってどうなの?検討すべきリスクとメリット

菅野 直人

車を維持していく上で、あまり走行距離も伸びないのに、車検ごとに新車を買い替えるような人を除けば、避けて通れない消耗品がタイヤです。特にここ20年ほどでいわゆる「アジ

カスタム・アフターパーツ

2020.10.31

普段の意識で走りが変わる?実践、MT車のドライビングテクニックはこれ!

KAKO MIRAI

ドライビングテクニックが磨かれるのは、サーキットでの練習だけではありません。普段の運転で意識すると次のサーキットでタイムアップを図ることも可能です。プロドライバーも

コラム

2020.10.25

R35をさらにブーストアップするターボチャージャーも!BLITZのGT-Rカスタムパーツをご紹介

菅野 直人

日本国内に数多あるチューニングパーツブランドでも、大手の一つと言える「BRITZ」こと株式会社ブリッツ。利用しているユーザーも多いと思いますが、輸入車や高級車からス

カスタム・アフターパーツ

2020.10.25

ロールケージを付けると、どのような効果がある?車検は?

菅野 直人

レーシングカーや競技車両、ストリートまで激しいスポーツ走行を行う車両に、よく装着されているのが「ロールケージ(ロールバー)」です。車内にバーが張り巡らされた様子から

カスタム・アフターパーツ

2020.10.24

ホイールナットの選び方とは?種類や特徴について

菅野 直人

タイヤホイールを車に固定するホイールナット。外車など一部にはナットではなく「ホイールボルト」で固定する車もありますが、日本では、ナットを締めるのが大半です。タイヤ交

カスタム・アフターパーツ

2020.10.18

ストラットタワーバーとは?どのような効果のあるパーツか

菅野 直人

自動車のチューニングパーツにも様々な製品がありますが、「ちょっと変えてみたいだけなんだよね」と気軽に手を出すには、十万から数十万もするようなパーツは二の足を踏んでし

カスタム・アフターパーツ

2020.10.11

ホイールに4穴や5穴などがある理由とは?穴数でどのように変わるのか

菅野 直人

タイヤホイールは、乗用車の場合大抵は4穴か5穴、オフロード車や車重が重い車であれば6穴といった感じで、穴数とハブボルトの数が増えていき、大型トラックであれば10穴、

コラム

2020.10.11

ドリフト仕様で見るハの字タイヤ、どのような効果がある?

菅野 直人

ドリフト競技などに参戦するマシンを見ると、主にフロントタイヤ左右輪が「ハの字」に広がるよう傾けた「ネガティブキャンバー」をつけた車両を多く見かけます。ドレスアップで

カスタム・アフターパーツ

2020.10.11

人生を変えるきっかけは漫画だった⁈車好きが影響を受けたカッコいい車たち

KAKO MIRAI

クールジャパンを象徴する漫画から車に興味を持った人も多いかもしれません。漫画といっても、「モータースポーツ」「走り屋」「レストア」など多くのテーマで描かれています。

コラム

2020.10.10

それ違法改造かも?やってはいけない改造と違法改造車のリスク

菅野 直人

1990年代半ばの規制緩和で、自動車の改造は「割と自由!」にはなったものの、当然保安基準に収まる範囲内でなければなりません。また、保安基準自体も年々厳しくなっている

コラム

2020.10.04

今、熱いのはスタンス系⁈カスタムの奥深さを知る、ドレスアップの特徴とは?

KAKO MIRAI

日本独自のカスタム文化が世界へと広まっていき、さまざまなドレスアップが誕生しました。「JDM」「USDM」「スタンス系」など、自分が目指す方向性を知るためには、それ

カスタム・アフターパーツ

2020.10.04

使ってましたか?80年代・90年代に人気を博したカスタムパーツ9選

菅野 直人

「一昔前」と言っても年齢によって基準は異なるもので、10~20代であれば、せいぜい5~6年前ですが、これが30代も後半を超えると20年くらい前の話でも「あれ?そんな

カスタム・アフターパーツ

2020.10.03

スーパーカーのマフラーはなぜうるさい?違法ではないの?

菅野 直人

めったに見かけることはないものの、見つけてしまうと思わず振り返ってしまうスーパーカー。しかし、見とれているうちに「ずいぶんマフラーの音がデカイな?」と思うことはあり

コラム

2020.10.03

非日常の新しいカタチ!今どきキャンプが楽しくなる国産車5選

KAKO MIRAI

第二次キャンプブームといわれる昨今、おしゃれでカッコいいキャンプスタイルがSNSで取り上げられています。以前とは異なる新しいキャンプのスタイルには、やはりスタイリッ

コラム

2020.09.27

自由な旅を楽しむなら断然車中泊!快適に過ごす極意はクルマ選びにあり

KAKO MIRAI

自由気ままに過ごせそうな車中泊にもルールやマナーは存在します。迷惑な行為に気を付ければ、今までは知らなかった楽しい発見があるかもしれません。車中泊におすすめのクルマ

コラム

2020.09.27

覚えていますか?「ソレタコデュアル」とは何だったか

菅野 直人

ヤサイマシマシニンニクカラメ…筆者がラーメン二郎に行く時の呪文(オーダー)ですが、自動車用語にもラーメン二郎やスタバのような呪文系があり、「ソレタコデュアル」など最

カスタム・アフターパーツ

2020.09.26

フェイススワップってどうなの?やる前に考えたいメリットやリスクについて

菅野 直人

ドレスアップといえば、通常はベース車にエアロパーツやワイドボディキット、オーバーフェンダーなどを装着あるいは加工するものですが、それだけでは足らずに、車そのものの姿

カスタム・アフターパーツ

2020.09.26

ドライビングシューズのススメ。普通の靴と何が違う?

菅野 直人

スポーツカーに限らず、走り系の車に乗っている人であれば、あるいは、どんな車でも運転のしやすさを重視するであれば、気になるのが「ドライビングシューズ」です。使ったこと

カスタム・アフターパーツ

2020.09.22

ホイールリペア、自分でやって大丈夫?DIYする際の注意点

菅野 直人

鉄チンホイールにホイールキャップをかぶせて…というのは昔の話になりつつあり、今やほとんどの車が、アルミホイールを装着していると思いますが、ついうっかりやってしまいが

カスタム・アフターパーツ

2020.09.22

V6エンジンと直6エンジン それぞれの違いは?

菅野 直人

エンジンのシリンダー(気筒)数やレイアウトは、自動車好きであれば、議論になりやすい話題の一つですが、中でも直6(直列6気筒)エンジンと、V6(V型6気筒)エンジンは

コラム

2020.09.20

ヘッドライトの黄ばみ、どうしていますか?防止方法とクリーニング方法

菅野 直人

古い車の場合、塗装の劣化や小キズなどが気になりますが、それ以上に目立つのが、ヘッドライトの黄ばみです。一昔前までの車は、細目のLEDヘッドライトなどほとんどなかった

コラム

2020.09.20

つや消しがカッコいい!「マット塗装」の目安費用は?

菅野 直人

光沢や塗膜の深み、メタリック系やマイカ系の複雑な味わい、心が軽くなるようなパステルカラーなど、自動車のボディカラーは、個性を発揮するのに格好の素材ですが、最近流行し

カスタム・アフターパーツ

2020.09.17

アルミホイールのスパッタリングメッキとは?どのような特徴がある?

菅野 直人

カラフルに塗装されたものもあれば、地味にくすんだ色まで存在するアルミホイールですが、最近はピカピカのメッキ処理がなされた大径ホイールが、SUVやミニバン、大型セダン

カスタム・アフターパーツ

2020.09.12

コスパ重視!「効果を感じやすい」コストパフォーマンスの高いチューニング5選

菅野 直人

車のチューニングと言えば、お金がかかるもの!というイメージがありますが、実際のところ、お金がかかるチューニングほど効果が高いというものではありません。性能が底上げさ

カスタム・アフターパーツ

2020.09.12

乗りにくさも車の醍醐味⁉ 憧れのMRレイアウト国産車5選

KAKO MIRAI

現在ではMRレイアウトの車が少なくなり、すれ違う回数もめっきりと減ってしまったMRレイアウト。ちょっと普通とは異なる運転フィールに憧れた人も多いのではないでしょうか

コラム

2020.09.02

今さら聞けない!ニスモとオーテックの違いとは?

菅野 直人

日産で販売している車の中には「NISMO」の名がつくスポーティモデルや、「AUTECH(オーテック)」の名がつく、あるいはオーテック扱いの特別仕様車や福祉用途などの

コラム

2020.09.01

今や車は電子制御の塊⁉新コンピュータチューンの世界

KAKO MIRAI

現在では100を超えるコンピュータが搭載されているといわれる車は、まさに電子制御の塊です。エンジンコントロールを行うだけでなく、トランスミッションや斜線維持システム

カスタム・アフターパーツ

2020.09.01

ソアラやプレリュードに2代目パジェロ!懐かしい車から最新まで、デートカー6選

菅野 直人

「ちょっとカッコいいクルマさえあれば、女の子をドライブに誘い放題!」という時代が1990年代くらいまでは確かにあったのですが、その頃に流行った車が、今も「デートカー

コラム

2020.09.05