カスタム・アフターパーツ | 2021.06.25

フライホイールとは何か?どのような役割・特徴がある?

Posted by 菅野 直人

車の構造についての解説を見ていると、主にMT(マニュアルトランスミッション)車で「フライホイール」という部品が登場します。MT車のクラッチには欠かせないパーツである一方、トルコン式のAT車には存在しないようですが、どんな役割を果たすパーツなのでしょうか?

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

自動車における「フライホイール」の意味

日本語では「弾み車」または「勢車(はずみぐるま)」と訳されるフライホイールですが、その名の通り回転させた時の弾みを使う部品で、はずみによりいろいろな機械の動きを滑らかに安定させる役割を持っています。

大抵は円盤の重心を軸に回転させる部品で、回転している限りは、外から軸に対してどのような力が加わっても、円盤の重量によって生じる「慣性モーメント」という力によって、加わる力にギクシャクした波があっても、それを慣性モーメントで可能な限り波を抑え、滑らかな力へと変えることができるのです。

レコードプレイヤーから人工衛星までさまざまな工業製品に利用されていますが、自動車の場合はMT(マニュアルトランスミッション)のクラッチに組み込まれており、トランスミッション(変速機)側のクラッチディスクに対し、エンジン側のフライホイールを押し付けることで、エンジンからの出力をクラッチディスクやトランスミッション、ドライブシャフトなどを通してタイヤへ伝える用途に使われています。

他に、フライホイールを回せば停止状態のエンジンを駆動させることもできるよう、円盤状のフライホイール外周には歯車の歯が設けられており、セルモーターで回ることにより、エンジンを始動させるのもフライホイールの役割です。

さらに、自動車の中にはウインチやクレーンなど自動車のエンジンを使って、搭載された機械を動かすPTO(パワーテイクオフ)という機能を持つものもあり、エンジンからの動力で常に回転するセルモーターを使った「セルモーターPTO」では、走行中でも停止中でも、エンジンが動いている限り他の機械へ動力を伝える役割もあります(一般的な車ではあまり縁がありませんが)。

AT車では基本的にトルコン(トルクコンバーター)がフライホイールの代わりに動力の波を安定させる役割を持っていますが、エンジン始動用リングギアだけは、「ドライブプレート」という、フライホイールと同じ役割をする部品が使われているほか、ハイブリッド車ではモーターによりエンジンを直接駆動するため、フライホイールもドライブプレートも不要です。

もしフライホイールがなければ、MT車はギクシャクした動きになる?

MT車でもしフライホイールがなく、エンジン側もクラッチディスクだけで接続したらどのようになるかといえば、エンジンから伝わる動力の「波」がそのままタイヤへ伝わり、低速ではギッコンバッタンした動き、高速ではバタバタした動きになり、とてもではないですが快適なドライブなどできません。

それどころか、低回転域ではアイドリングの維持さえも困難になり、停止していてもかなりの高回転でエンジンを回していないと、すぐエンストしてしまうでしょう。

エンジン、特に燃料と空気の混合気を爆発させてピストンを押し下げ、ピストンに接続されたクランクシャフトの回転を動力とする「ピストンエンジン」では、爆発で押し下げられたピストンを再び燃焼室まで持ち上げるのに、フライホイールの「弾み車」としての力が不可欠です。

2気筒以上のエンジンであれば、一方のピストンが押し下げられていると、他のピストンが混合気の爆発により押し下げられた力でクランクシャフトを回し、一方のピストンを持ち上げてくれます。

しかし、爆発→押し下げ→復帰という行程では、気筒数が少ないほど、気筒ごとの爆発の間隔で力が弱まったり強まったりする「波」が生じるため、各気筒でピストンを押し下げるたびにギクシャクした力が生じますが、ある程度の弾みがついたフライホイールは慣性モーメントで滑らかに回ろうとするため、ギクシャクした波を「一定の回転」にしてくれるのです。

これが4気筒、6気筒と気筒数が増えれば、気筒ごとの爆発で力の波を抑えるように設計でき(それゆえ多気筒エンジンほど振動が少なく滑らかとされる)、ロータリーエンジンなどピストンエンジンに比べれば最初からかなり滑らかですが、それでも完全バランスというわけにはいかないため、フライホイールなしでは実用的なMT車は成り立ちにくくなります。

あえての「軽量フライホイール」はなぜ存在する?

しかし、スポーツ走行やレース用のチューニングパーツには、フライホイールのメリットを少なくしてしまうような「軽量フライホイール」が存在します。

フライホイールは、慣性モーメントで一定の回転を維持しようとする力が働くゆえに、スポーツ走行時の急激な加速や、シフトダウンによるエンジンブレーキも使った急減速、同じくシフトダウン時にアクセルを煽って入れたいギアへ最適な回転数へ素早く同調させたい場合には、かえってフライホイールの慣性モーメントによる「一定の回転に維持しようとする力」が邪魔なのです。

そのため、クロモリ(クロームモリブデン鋼)やアルミ製の軽量フライホイールで慣性モーメントを減らし、エンジンに急激な動きの変化を可能としています。

もちろん、本来フライホイールに求められる「一定の回転に維持しようとする力」は減少するため、あまり軽すぎるとアイドリングや低回転域での安定は損なわれてしまい、スポーツ走行を重視したり、レース用の車でもなければ安易に装着すべきパーツではありません。

普通の車であれば、純正装着されたフライホイールにより高速巡航時の安定性などイージードライブを可能にしているため、その恩恵を最大限利用するのがフライホイールの正しい使い方と言えるでしょう。

なお、純正でも軽量フライホイールでも、クラッチ関係の部品とはいえクラッチディスクやクラッチカバーほどの摩耗はしないため、頻繁な交換は必要とせず、クラッチオーバーホール時に極度の摩耗やリングギアの欠けがないかなど点検するだけでも大丈夫です。

↓合わせて読みたいカスタムパーツ記事↓

ATからMTへの換装、注意点や目安費用は?

ロールケージを付けると、どのような効果がある?車検は?

高速コーナーで威力を発揮!サーキット走行におすすめ、社外LSDの装着

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「シェアNo1のサービス」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

一括査定シェアNo1
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
一括査定シェアNo1,まずは愛車の
査定相場を見る
07月29日 09:20:29現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

毎日500台入荷する非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

市場に出る前の
非公開車両を見る