カスタム・アフターパーツ | 2020.11.01

高速コーナーで威力を発揮!サーキット走行におすすめ、社外LSDの装着

Posted by KAKO MIRAI

コーナリングでしっかりと駆動力を掛けるためには、LSDの装着が有効です。コーナーでのスピードを向上させる目的がありますが、種類も多く作動方式も分かれているため、車の特性によって選択も異なります。どんなLSDがあるのか、また社外製品のおすすめや取り付け費用の相場などを詳しくご紹介していきましょう。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

LSDってどんなもの?

LSDを知るうえで重要なのはデファレンシャルギヤ。コーナーに進入する際、外側のタイヤの方が内側よりも移動距離が大きくなります。そのため一本のシャフトでタイヤ同士を繋げているだけでは、うまく曲がることができません。

左右のタイヤ中央部には、デファレンシャルギア(通称デフ)が設置されており、左右にタイヤに回転差を与えています。これによってタイヤは適切な回転数で走行することができるのです。

コーナーに対して外側のタイヤは速く回転し、内側はゆっくり回転することができるというもの。普段の走行時には、デフのおかげでスムーズに曲がることができるわけですが、スポーツ走行の場合にはコーナリングで失速する原因にもなっています。

どういうことかというと、スポーツ走行時のコーナリングには強い横Gがかかり、内側のタイヤが浮いてしまう場合があるのです。こうなると内側のタイヤが空転し、路面に接地しているタイヤにも駆動力を掛けることができなくなります。

ひとつの例を挙げると、走行中に片側のタイヤがぬかるみにはまってしまった場合を想像してください。ぬかるみ側のタイヤは抵抗がないためにアクセルを踏み込むと空転が続きます。

接地している方のタイヤにも同等の動力を伝達しているため走行することができなくなるでしょう。LSDはLimited Slip Differential(リミテッド スリップ デファレンシャル)のことで「差動制限装置」のこと。

左右のタイヤに同じ大きさのトルクを伝えるデフの働きを制限し、ぬかるみにはまって片側が空転しても、接地側のタイヤの駆動力を止めることがありません。反対に力強い駆動を伝達することを可能にし、走行を可能にします。

たとえ高速コーナーで片輪が浮いてしまっても、コーナリングスピードを落とすことなくタイムにつなげることを可能にする装置ということができるでしょう。LSDにはさまざまな種類があります。種類によって異なる制御方法をご紹介していきます。

ビスカス式

高粘度シリコンオイルのせん断抵抗を利用してLSDを発生させる回転感応型。メンテナンス不要で、運転中の感覚が変わらないため純正装備として設定された車種もあります。
欠点としてはLSDの効果を得ることが難しく、濡れた路面での性能は多少の向上は認められてきました。ただしスポーツ走行には役立たないといえるでしょう。

ヘリカル式

ヘリカルギアといわれる「はすば歯車」を利用した方式です。駆動力が高まるとヘリカルギアがデフケースに押し付けられることで発生する抵抗を利用するもの。メンテナンスが不要で、比較的「チャタリング」と呼ばれる異音は少ないタイプです。

LSDには特有の異音や振動があり、バキバキと音がしたり、デフロックを起こしたようなガクンと振動を感じたりします。ヘリカル式は『インテグラ・タイプR』『シビック・タイプR』などに標準装備されているものです。

トルセン式

ヘリカル式を発展させ、トルク・センシングという感応式に仕上げたLSDです。特殊なギアを組み合わせ、そのもの自体にLSDの機能を持たせ効果的に制御を行います。コンパクトでメンテナンスが不要。

異音も少なく、強力な効果を発揮することから上位グレードの『トヨタ・86/BRZ』『マツダ・ロードスター』などのスポーツ車に標準されることが多くなっています。

機械式

内蔵されている多板クラッチを駆動トルクに押し付け、強力なLSDを発揮するデファレンシャルギア。スポーツ走行時には必須といえるでしょう。差動方式によって分類があります。

1WAY…アクセルオンのときのみLSDが作動してトラクションを掛けるというもの。アクセルオフ時には通常のデフとして使用されます。機械式の中でも高い回頭性がありますが、車の挙動が不安定でスピンやオーバーステアを招きやすい特性を持つものです。

しかしそれを利用してタックインでドリフトできるためFF車にはおすすめともいうことができます。1WAYは『クスコ』の特許です。

1.5WAY…アクセルオンのときには強いLSDを発揮し、アクセルオフ時には若干の作用があるため、車両の安定性を保つことを可能にしました。ブレーキングでリアが乱れやすいFR車におすすめといえるでしょう。

2WAY…機械式LSDの元祖です。アクセルオン時には強力なトラクションを発揮。またアクセルオフ時には車両安定性を実現します。加速、減速時の安定感は抜群です。

またLSDが効き始めるイニシャルトルクを調整することも可能。加速、減速時の安定感は抜群に良いですが、曲がりにくくなるためドライビングテクニックが必要とされます。

電子制御式

車両の各部分に設置されたセンサーを領してコンピュータが最適な駆動配分量を調整するというもの。『日産・スカイライン・GT-R』『三菱・ランサー エボリューション』に搭載されていました。

取り付けたことで起きるメリット・デメリット

コーナリングの最中には左右のタイヤの接地面積が異なるため、アクセルを踏んでも加速することができません。しかしLSDを装着することで、タイヤが空転することなくアクセルを踏み込むことができるため、タイムアップを図ることが可能になります。

LSDは遠心力で浮いてしまうタイヤの空回りを防ぐ装置と説明してきました。しかしドリフトにおいてLSDを装着すると、後輪タイヤにおいて左右の回転差を均等に回すことが可能になります。

リアタイヤが空転する状態を保つことでコントロールがしやすくなり、スピードも向上します。そのためドリフトにおいてはLSDを装着することはもはや必須となっているといえるでしょう。

デメリットとしては、コーナーで内側となるタイヤにも同様の負荷がかかるためタイヤが摩耗しやすくなります。また回転差を制御するために前へ進ませようとする働きが強くなり、回頭性が悪いと感じることがあるでしょう。

特に機械式のLSDはデフオイルに負荷がかかりやすく、オイルの交換を5,000㎞で行う必要があります。またクラッチ版の消耗も激しいため、定期的な交換を要します。LSDにはメンテナンスも必要になるため、ランニングコストもそれなりにかかると考えてください。

スポーツカーであれば標準装備されていますが、古い車種にはついていない場合もあります。また標準装備されていても、効きが弱いという可能性もあることに注意が必要です。

LSDのメーカー

国内メーカーでLSDを販売しているメーカーをご紹介していきます。

クスコ

https://www.cusco.co.jp

群馬県高崎市に本社を置く『株式会社キャロッセ』は1977年に創業。自動車部品製造・チューニングを一貫して行っています。展開されているブランドには、足回り、駆動系の「クスコ」やロールバー、ガード類の「セーフティ21」など。

『全日本ラリー選手権(JRC)』や『アジアパシフィックラリー選手権』を始めとするラリー競技に参戦するほか、『SUPER GT』にも2008年まで参加しています。そのため実戦で得たフィードバックを活かした製品作りに取り組んできました。

LSDにおいてはベース車両が使用している、タイヤやサスペンションに合わせたセッティングで高い評価を得てきました。「自分たちが必要とするものを、自分たちが使って満足するクオリティで製作する」をモットーにこだわりある製品作りを行っています。

オーエス技研

https://osgiken.co.jp

1973年に創業された通称『OS技研』はモータースポーツ向けのクラッチ、LSD、ミッションアッセンブリーといった駆動系の部品を中心に設計から製造までを手掛けてきました。「岡崎式作動制限装置」と呼ばれるLSDは『SUPER GT』 を始め『スーパー耐久』やドリフト、ドラッグまで幅広い競技で使用されています。

またクラシックカーや旧車といった絶版部品や専用設計の「1点もの」といわれる特注品の製造も行うなど、確かな技術力に裏付けられているといえるのではないでしょうか。「ロック・タイミング・コントロール・システム」の採用でアクセルコントロールをスムーズにしています。

 また「スプラインスルーサイドギア」によって100%デフブロックすることを実現。チャタリング音も発生することもありません。

KAAZ

https://kaaz-sports.com

1922年に溶接所として誕生しました。LSDの発売に至るのは1994年のことでした。モータースポーツ製品としてはトランスミッションのパワーアップを図る「クロスレシオギア」「ファイナルギア」などを製造しています。

『KAAZ』が誇るLSDは、クラッチプレートとプレッシャーリングを内蔵し、加圧することで左右の駆動輪に強力なロックを掛けることが可能。そのため優れたドライビングレスポンスを発揮します。

レースの種類やスキルに合わせた適切なLSDを装着。「1.5WAY」はほとんどのモータースポーツに使用されています。「2WAY」はドリフト向きで駆動輪を完全にロックすることができるよう開発が進みました。

3社ともに国内製造を行う、非常にこだわりの強いメーカーです。それぞれの特徴をしっかりつかんで、愛車に最適なLSDを装着してみてください。

取り付け費用の相場

LSDの製品は、それぞれ価格差があります。10万円~と考えたほうが良いでしょう。取り付け工賃も車種によって異なりますが、3万円~5万円ほどとしているところが多いようです。

また取り付け工賃以外にも、オイル代、ベアリング、オイルシールなどが別料金として必要になる場合もあります。ここに挙げた価格は相場なので、詳細はショップで確認してみてください。

まとめ

サーキットなどのスポーツ走行を行っている人にとって、LSDは強い味方になります。しかし種類も多く用途もさまざま。FF車やFR車でも異なるほか、車に使用しているタイヤやサスペンションによってもセッティングが違うなど、細部にこだわった製品です。

街乗りには不向きな性能でもあり、高価なパーツでもあるため十分なリサーチが重要となるでしょう。コーナリング性能を上げて、今以上にサーキットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

↓合わせて読みたいカスタムパーツ記事↓

ロールケージを付けると、どのような効果がある?車検は?

ストラットタワーバーとは?どのような効果のあるパーツか

ドライビングシューズのススメ。普通の靴と何が違う?