カスタム・アフターパーツ | 2021.07.08

車の全塗装を自分でする?!手順や注意点、目安費用は?

Posted by 菅野 直人

普通の人はあまりしないと思いますが、「DIYで全塗装をしてみよう」というユーザーは皆無ではありません。だいぶ年式がたって塗装のくたびれた車、そのまま査定に出してもゼロ査定は目に見えているし、どうせなら「お化粧直し」をやってみるか!と思うならば、手順を紹介します。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

大前提!!DIY全塗装は、メーカーはおろか鈑金塗装業者よりだいぶ品質は落ちる

最初に書いておきますが、ユーザーがDIYでできる全塗装の品質など、たかが知れているため、高度な技術で新車塗装を行うメーカーはおろか、塗装の焼付など専門設備が充実した鈑金塗装業者に及ぶような仕上がりは不可能で、「とにかく素人でも塗れば新車の輝きが蘇る!」ようなことは、最初から期待しないでください。

そもそも、専門業者による全塗装でさえ、メーカーの新車塗装には全く及ばないくらいで、よほどの希少車を全部バラして中の細部まで塗装を行う「レストア」まで行えば、かえって価値が上がることはあっても、そうした特殊な事例を除いてユーザーのDIY全塗装は、間違いなくその車の価値を落とします。

もちろんユーザーがそれでも自分で塗装したのだからと満足するのであれば良いのですが、後々売却する予定の車で、しかもまだ買取り査定で値段がつくような車であれば、DIY塗装よりも新車塗装がいくらかでも復活するような磨き作業をDIYで行った方が、はるかにマシです。

さらに塗装の耐候性も期待できず、洗車機などにかけると、塗装がボロボロになるケースもあるため、オフロード車でワイルドにマット塗装をしよう!であるとか、イベント向けに古い実用車をペンキでハケ塗りしてウケ狙いといった軽いノリ以外では、あまりオススメできるものではありません。

この大前提をまず理解していただいた上で、手順です。

手順その1:作業場所と用具の準備

まず必要なのは、塗料や用具以前に「風でホコリやゴミなどが舞い込まない塗装ブースの準備」です。

プラモデルの塗装でも最初に経験しておけばわかりますが、とにかく塗装は下地も含め、乾くまでにホコリやゴミが付着すれば、そこを削ってまたやり直しになります(気にしないなら別ですが)。

できれば小屋や密閉可能なガレージで、車を入れても周囲にある程度のスペースがある場所を選び、風の通る穴などあれば塞いで、出入り口だけは仕方がないため、基本は車の周囲へカーテン状の膜で覆って、とにかくクリーンなスペースを作ります。

そこまでやっても、作業場所自体がホコリの温床であれば無意味なため、まずキレイに掃除するのは大前提。

たぶん、この時点で「そんな場所を確保するなんて無理!」という人は多いと思うので、この時点であきらめて引き返しましょう。

場所を確保したら、塗料や下ごしらえのプラサフ、磨きのための耐水ペーパー、さらにどのみちエンジンを下ろしたりボディをバラしての本格全塗装は無理なため、ガラスや灯火類など、塗料などは付着しては困る部分のマスキング材をこれでもかと大量に買い込みます。

慣れない作業でやり直しは最初から折り込み、「計算上はこれくらいあれば良いはず」と考えないのがポイントです。

手順その2:デカールやエンブレムは剥がし、必要なら新品を入手しておく

塗装で見逃せないのが、純正のデカール類やエンブレムです。

もちろん、「仕上がりはデカールもエンブレムも何もない状態にする」と考えているのであれば、普通にカー用品店などで販売している剥がし材などを使って剥がしてしまえば良いのですが、それらも含めて仕上がりとするのであれば、手間がかかります。

エンブレムは塗装が傷んでいるくらいですから、メッキや金属なら磨き直したり、欠けているなら新品がなければ中古で入手するしかありません。

古い車なら「TURBO」など車の個性にもなる純正デカール類は、メーカーに在庫があれば可能な限り取り寄せ、ない場合は中古の流通などはまず期待できないため、施工前の車をデジカメで撮影するか、既にデカールがボロボロであれば、同じ車を所有しているユーザーへ頼んで画像を撮らせてもらうなり、送ってもらうなりで元データを確保し、耐候性の高いステッカーやデカールをつくることができる業者へ注文しましょう。

手順その3:洗車とマスキング、塗装面の研磨と脱脂

次に、車自体から余計なゴミやホコリを出さないため入念に洗車し、ガラス面や灯火類など塗装が付着して困るような場所にマスキングを施してください。

ガラスなど面積の広い部分は、枠にマスキングテープを貼って大まかな部分は新聞紙の重ね張りでも良いですが、逆に細かい部分は、プラモデル用のもある液体マスキングなどをうまく使いましょう。

そこまでできたら、いよいよ塗装の下準備ということで、塗装するボディ表面を耐水ペーパーで軽く研磨し、塗装の下地となるプラサフがしっかり食いつくようにします。

同じくプラサフの食いつきをよくするように、研磨した表面はシリコンオフと呼ばれる脱脂剤で、しっかり脱脂してください。

手順その4:プラサフの塗布と換装、研磨

DIY塗装で塗装の下準備にもっとも重要な、下地と塗料の密着性を確保する「プライマー」と、塗装の細かなスキマを埋めたり、発色を良くする「サフェイサー」の役割を兼ねる「プラサフ」を塗ってください(プライマーとサフェイサーをそれぞれ塗っても可)。

この時、下地が見えなくなるまでしっかり分厚く塗るのがポイントで、塗装のための材料を買う時に「これでもかと余分に買っておくべし」というアドバイスが生きてきます。

うっすらとでも下地が見えなくなったら、1000番程度の耐水ペーパーで表面がツルツルになるように仕上げ、スプレーによるダスト(出っ張り)や傷が目立つようなことがないようにしてください。

場合によっては、ここでプラサフ面のエクボなどヘコミを見つけてしまうかもしれませんが、深い場合は塗り足し、薄い場合は傷と思って研磨してしまいましょう。

手順その5:いよいよ塗装とクリア、ボカシ剤の塗布

プラサフの研磨まで終えれば、いよいよ本格的に塗装です。

本当であれば、塗装業者ばりにスプレーガンを使って焼き付け塗装といきたいところですが、そのような設備を揃えるのであれば、最初から業者に頼んだ方が良いですし、DIYの場合は、缶スプレーを失敗によるやり直しも見込んで余るくらい買っておくのが正解です。

スプレー缶の場合、どうしても吹き始めの時にノズルから塊状の塗料が水玉のように付着する場合もあるため、吹き始めはダンボールなどで受け止めてからボディへノズルを向けると良いでしょう。

一度でうまく塗ろうとして塗装タレを起こすのが初心者にはありがちなため、1回1回は薄くても構わないので、全体をまんべんなく塗り、乾いたらまた塗ってを繰り返して5~6回は塗るのですが、ここで乾くのを待てないと塗装ダレを起こすため、一度塗ったら食事かお茶をするくらいの心の余裕が必要です(プラモデルでもよくある失敗ですが)。

塗料を塗って乾燥したら、その上からクリア剤を同じように4~5回、それも乾いたらボカシ剤を塗って、塗りダレやキズ、ホコリの混入などがなければ、塗装は成功です。

しばらく置いて確実に乾いたと判断したら、表面にワックスなりコーティング剤を施工して塗装を保護し、マスキング材も剥がしましょう。

業者に頼んだ場合の相場…時は金なり?

最後に、同様の作業を業者に頼んだ場合ですが、それまでのボディカラーと同色のソリッド塗装、エンジンや各部品を外さない表面だけの塗装で安くとも20万から、内部までの塗装はその倍額が相場です。

さらにメタリック塗装、パール塗装の場合は数割上乗せになりますが、施工料金が高い塗装ほど、ユーザーによるDIYなどとは比べ物にならないほど高いクオリティになる、逆にいえばユーザーDIYは失敗の可能性が高いため、あまり手を出さない方が良いということになります。

ユーザーDIY全塗装は、確かにうまくいけば安く済むかもしれませんが、高いクオリティは全く見込めず、時間もかかり、作業場所や環境もかなり制約があるため、現実には手をつけられないか、半分以上「シャレ」という軽いノリでやるしかありません。

本気でやる場合、「業者がなぜあれくらいの料金になるか」というのを、思い知る結果になるでしょう。

ある意味、「どうせ最後は業者に出す」と割り切り、マスキング以外は適当にやってみる、何ならペンキの刷毛塗りでウケを狙うくらいの方が楽しいかもしれませんね。

↓合わせて読みたい↓

アルミホイールのスパッタリングメッキとは?どのような特徴がある?

よく聞く「ワークス」チューニングとは?どんな特徴がある?

つや消しがカッコいい!「マット塗装」の目安費用は?

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「400万件以上の実績!」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

400万件以上の実績!
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
400万件以上の実績!まずは愛車の
査定相場を見る
12月09日 10:57:12現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

毎日500台入荷する非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

市場に出る前の
非公開車両を見る