カスタム・アフターパーツ | 2020.07.20

カスタムカーにはマストで装着!ステアリング交換の魅力と人気メーカーは?

Posted by KAKO MIRAI

フォーミュラーやGTカーの小径ステアリングに憧れて、社外ステアリングを装着したいと思う人は多いかもしれません。一昔前には簡単に取り外せたのに、今ではエアバッグの装着により、手が出しずらくなっています。でも違法ではないステアリングの交換。カッコいいステアリングで、クイックな操作性を手に入れて走行する魅力に迫ってみましょう。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

ステアリング交換で得られるものは

ステアリングはタイヤの向きを変え、進行方向を変えるものです。特にコーナーでは遠心力が働き外側に引っ張られるため、タイヤが向かう方向と、実際に進む方向に少しのズレが生じます。

このズレを「横滑り角」といいますが、横滑り角を見越してステアリングを操作しなければなりません。いつも何気なく行っているステアリング操作ですが、ステアリングからダイレクト伝わってくるフィーリングは、運転の醍醐味といえるかもしれません。

交換することで大径、小径、など好みに合わせて選択できます。また自分のドライビングポジションに合わせた位置にセッティングすることも可能です。シートから体が離れることがなく、長時間の運転でも疲れにくくなるでしょう。

つまり操作性、レスポンスの向上が期待できます。そのほかに純正では、樹脂製の素材が使用されることが多いですが、レザーやスエードなど表皮が変わることでグリップ力がアップ。しっかりと握ることができます。

もちろん見た目も変わり、ドレスアップ効果があることは言うまでもありません。クルマの持つスペックを最大限に引き出すためにセッティングするチューニングカー。または見た目重視のカスタムカー、どちらの意味でもステアリングを替える意味はあるといえるでしょう。

デメリットはある?

エアバッグを装着できないモデルの場合には、交通事故の際に安全が確保できなくなります。しかしエアバッグの装着は、保安基準で定められているわけではないので、車検を通すことは可能です。

その際に注意しなければならないのは、メーターの警告灯が点灯、点滅していると車検が通りません。その場合には警告灯のキャンセラーを使用して、警告灯を点滅させないようにする必要があります。

そのほかのデメリットとしてはナビ、クルーズコントロールなどの操作をステアリングで行うことはできなくなるでしょう。エアバッグやスイッチ操作に関しては、装着したまま社外ステアリングに交換できるモデルもあります。

またクラクションを鳴らす場所にホーンマークがついていないステアリングの場合には、車検を通すことができません。その場合には交換する際にホーンマーク付きのステアリングを購入するか、ホーンマークのシールを自分で張り付ける必要があります。

ちなみに車検に通らないステアリングは、小径すぎてメーターに被ってしまったり、運転に支障をきたしてしまったりする場合です。

気を付けなければならない点

エアバッグを取り外した際に気を付けなければならないのは、任意保険会社への連絡です。通常の契約内容であれば、エアバッグの装着が契約内容に含まれているため、取り外したことを申告する必要があります。

保険の契約内容によって異なるため、必ず自分で確認することをおすすめします。エアバッグが装着されていないステアリングで事故を起こしてしまった場合に、連絡していないと適切な保険対応が受けられなくなる可能性があるため、注意が必要です。

社外ステアリング人気メーカーとモデル

社外ステアリングといっても多くの種類があり迷ってしまうものではないでしょうか。そこで老舗メーカーから人気のメーカーまで幅広くご紹介していきます。

MOMO

1964年にイタリアのミラノで誕生したステアリングメーカー。サーキットユースの製品からスタートしており、レースカーやスーパーカーで高い評価を得てきました。また『トヨタ』『三菱』などの国産メーカーで、純正採用されている実績を持ちます。

「モモステ」の愛称を持ち、一般ユーザーからサーキットユースまで幅広く開発。軽量で高機能なステアリングは、イタリアらしいデザイン性の高いものが多く揃っています。

https://www.momojapan.com/products/steering/competition_32.html

MOMOを代表する「コンペティション」は、2000年から発売されている息の長いステアリング。丁寧に施された刺繍に魅せられて、握ってみたくなるファンが多いのもうなずけます。

SPARCO(スパルコ)

1977年創業で、モータースポーツ関連用品を開発。当初はラリーに使用する不燃性プロテクトスーツの開発から始まりました。『WRC』で『ランチア』のオフィシャルサプライヤーで初勝利を収め、『F1』でもネルソン・ピケと共に勝利を勝ち取ります。

『フェラーリ』の純正シートを製造しているほか、イタリアのパーツメーカー『O・Z Racing(オーゼットレーシング)』のアルミホイールとコラボした製品をリリースしています。

1990年から一般ユーザーに向け販売が開始され、ヘルメット、レーシングスーツ、バケットシート、ステアリングなどさまざまな製品を開発してきました。握った感覚は少し太めで、シンプルなデザインが魅力です。

https://www.sparco-japan.com/sparco-products/steering-wheel/sw-l360/

スエードを使用して握った時のフィット感を重視したモデル。膝への干渉を軽減した「エルゴガングリップデザイン」を採用しました。タイトなコクピットに最適なモデルとなっています。

NARDI(ナルディ)

イタリアで1932年に設立された老舗ステアリングメーカーです。『フェラーリ』や『ポルシェ』で採用されてきた歴史あるステアリングは、職人の手作業によるもの。クラシックカーによく似合う上質さが漂っています。

人気の高さゆえに起こる偽物の販売に対して、2012年から5桁のシリアルナンバーを採用しています。コピー商品や類似品が多く出回っていることから、認定製品であることを確かめる手段として、WEBを用いたシステムが導入されました。

http://nardi.jp/?pid=5054546

CLASSICはナルディを代表する、歴史の始まりでもあります。握ったときにしっくりと手になじむ心地よさは、とてもしなやかです。エンツォ・フェラーリやフェルディナント・ポルシェが愛したといわれるステアリングは、今でも多くの人々を惹きつけてやみません。

 

ここからは純正交換型ステアリングのメーカーをご紹介します。純正交換型ステアリングは、純正のエアバッグをそのまま使用することができるステアリングのこと。安全性もそのままに、見た目と機能性も手に入れたい人にはおすすめです。

REAL(レアル)

ハイクオリティなステアリングメーカーとして注目を集めているレアル。メーカーや車種に合わせたデザインを選ぶことができます。大きく分けてラインアップは2つ。「プレミアム」は高級車に使用されるナッパレザーを使用し、予算と好みに合わせて選択可能です。

「オリジナル」は、純正よりも小径のデザインが採用され、ステアリングの下部をフラットに仕上げた「Dシェイプ」。カーボン、レザー、ウッド、カラーなどの中から好みに応じて選択することができます。

https://real-s.biz/product/detail/1370/212

例えば『ラングラー』。オリジナルシリーズの中には迷彩プリントが用意されており、『ジープ』らしさが演出できるでしょう。

DAMD(ダムド)

数多くのエアロパーツをリリースし続けているダムド。ディーラーオプションとして採用されるほど定評のあるカスタムは、高い人気を誇っています。各メーカーに合わせて選択することが可能です。

毎日触れるステアリングだから妥協せず、しっとりとしたレザーの感触としっかり握ることができるグリップで、運転を楽しませてくれるでしょう。

https://www.damd.co.jp/lp/dps/

『ニッサン GT-R(R35)』のステアリングは、かなりの驚きを与えてくれます。ドライバーの意図を車に伝えるステアリングの機能に加えて車の情報をドライバーに伝えることを可能にしました。

速度、回転数、油温をステアリング上部のインジゲーターにLEDでリアルタイムに表示することができます。より一層スポーツ性能を増し、カッコよさも追求したステアリングといえるでしょう。

まとめ

ステアリングの交換が以前よりは難しくなったとはいえ、違法性もなく車検を通すことは可能です。チューニングでもカスタムでも、ステアリングを替えて運転を楽しむことができます。徹底的にこだわってみるのも良いのではないでしょうか。

↓合わせて読みたいカスタムパーツ記事↓

ドライビングが変わる⁉バケットシート、人気の秘密とは?

付けてますか?「エアサス」を付けるとどんなメリットとデメリットがある?

チタンマフラーはなぜ人気なのか?メリットとデメリットについて