引用:Frankris / Shutterstock.com

コラム | 2021.08.27

世界各国で活躍するポリスカーは個性派ぞろい⁉その国を象徴する車たち

Posted by KAKO MIRAI

映像で目にするアメリカのポリスカーは、逃走車両に体当たりすることも多いようです。その度に、頑丈さをアピールしているような車たちが映し出されています。警察車両は、さまざまな危険とも隣り合わせです。一体、世界の国々ではどのような車たちが活躍しているのでしょうか。詳しくご紹介していきましょう。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

ヨーロッパ

ヨーロッパの緊急車両は、青色灯といわれる青いライトが採用されています。それは大二次世界大戦時のヨーロッパで、青いライトによって灯火管制が行われていた頃のなごり。青い光は見えにくいということに端を発しているようです。それでは、ここからヨーロッパ諸国を見ていましょう。

イタリア

イタリアの警察は6つの組織に分かれています。内務省管轄の国家警察と国防省管轄のカラビニエリ、そのほか法務省管轄の刑務警察、経済財務省管轄の財務警察、農業や森、食料などの政策を行う森林警察です。日本の警察組織に近いのは国家警察になります。

ランボルギーニ ガヤルド

MarcelClemens / Shutterstock.com

水色と白にペイントされたポリスカーのガヤルドは、『ランボルギーニ社』からの寄贈で実現しました。交通警察といわれる「Polizia Stradale」がハイウェイで起こる緊急出動時に出動する車です。運転できるのは、特殊な訓練を受けた警察官(男性27名、女性3名)だけとなっています。

ボディの軽量化や足回りを強化したガヤルドは、0-100㎞/h加速が3.7秒。最高速は325㎞/hというモンスターマシンに仕上げられ、室内には速度違反を取り締まる最新機器が設置されています。
また救護活動にも使用するため、心電図や脈拍などを自動測定する「新細胞除去器」も設置。
移植用の臓器輸送にも使用されています。

ランボルギーニ ウラカン

『ランボルギーニ社』から2004年、2008年にガヤルドが寄贈されていましたが、2014年にはガヤルドに代わりウラカンLP610-4が寄贈されました。これまでのガヤルド同様に高速道路のパトロールや、救急医療輸送任務を行っています。

2020年10月20には492㎞の距離を平均時速230㎞で走行し、通常5時間かかる道のりを2時間で完走。無事に臓器緊急搬送を成し遂げたことが、イタリア警察のTwitterに投稿されています。

フランス

2014年に行われた『東京オートサロン』で、メガーヌ ルノー・スポ―ル ジャンダルリムが、限定20台で販売されていたのは記憶に新しいかもしれません。これはフランス警察の組織のひとつである国家憲兵(ジャンダルリム)が使用するメガーヌ ルノー・スポ―ルをイメージしたものでした。

メガーヌ ルノー・スポ―ル

Faiz Zaki / Shutterstock.com

フランスでは、高速道路での取り締まりにさまざまな車種を用いています。歴代にはアルピーヌ A110やルノー 21ターボのほかスバル インプレッサを採用していた時期もあったようです。そして2010年からメガーヌ ルノー・スポ―ルを採用。

警察車両でありながらエンジン、トランスミッション、サスペンションブレーキなどに特別なチューニングは一切行っていません。メガーヌが採用された理由は、パフォーマンスと安定性の高さにあるようで、ノーマルでも大丈夫という自信の表れなのかもしれません。

イギリス

パトカーとして採用されている車には輸入車が多く、以前は三菱 ランサーエボリューション Xも活躍していました。イギリス中北部に位置するサウスヨークシャー州では、三菱のイギリス法人から貸し出されていた経緯もあり、ランサーエボリューション6から採用されています。

ランエボの性能とセダンタイプであったことが評価されて採用に至ったようです。ちなみにランサーエボリューションXは、ハイパフォーマンスモデルのFQ-360をベースに360psまでパワーアップが図られていました。

フェラーリ612 スカリエッティ

Glebiy / Shutterstock.com

この車はフェラーリが60周年を迎えた2007年に行われた「フェラーリ60リレー」に端を発しています。東京をスタートして世界各国のフェラーリオーナーが愛車を運転し、5大陸を横断リレーするというもの。

中近東からオーストラリア、南アフリカ、南米、ヨーロッパなどを渡りイタリアの『フェラーリ』本社までつなぎます。フェラーリがイギリスを通過する日に合わせて1台だけ作られたという特別仕様です。

正式な警察車両というわけではありませんが、ボランティアでパレードを行う際には、先導車として活躍しています。またホンダ NSXもPR用に起用されており、安全運転キャンペーンで採用されていました。

BMW i3

Andrius Kaziliunas / Shutterstock.com

ロンドンでは2017年より大気汚染対策のためにエコカーの導入が始まっています。もともと性能の高さが評価されていたBMWは、5シリーズのポリスカーが多く採用されていました。

しかし大気汚染による深刻な状況を受け、古いモデルをハイブリッド車に交換。試験運用としてBMW i3も採用されています。そのため国内外の自動車メーカーであるフォードやトヨタをはじめ、テスラなどと話し合いを持っているようです。

実現すれば、ミライやリーフといった国産車が採用される日もあるのではないでしょうか。以前は決まった形やデザインがなかったイギリスですが2011年からデザインの統一が図られ、黄色と青の市松模様という派手な色遣いが特徴的です。

ドイツ

各州に権限を持つドイツの警察機構ですが、カラーリングは統一されています。2002年以前は白地に緑でしたが、シルバーにブルーへと変更されました。名だたる自動車メーカーが本社を構えるドイツでは、さまざまな車がポリスカーとして導入されています。

メルセデス・CLS・ベンツ ブラバス ロケット

https://www.topspeed.com

メルセデス・ベンツのチューニングメーカーとして名高いブラバスが手掛けたパトカーです。V12ツインターボを積み800psをたたき出します。ロケットといえばブラバスのフラッグシップモデル。メルセデスCLSをチューニングした車両となります。

スウェーデン

スウェーデンといえばボルボのイメージが強いですが、ポリスカーの歴史も非常に長いものとなっています。1929年にはボルボが採用されていた記録が残っており、その後もアマゾン、144といったボルボの名車たちがポリスカーとして活躍してきました。

ボルボ90

Mino Surkala / Shutterstock.com

2016年にスウェーデンで行われたポリスカー試験では、ボルボ 90がトップ合格を果たし、採用されています。テストの内容はブレーキテスト、障害物コース、ブレーキング、ブレーキングなしの回避行動テスト、ハイスピードでの緊急走行といった厳しい内容です。

ポリスカーとしてもハイパフォーマンスであることを立証することができる内容となり、ボルボにとっても納得のできる性能実験となったのではないでしょうか。

アメリカ

連邦制をとるアメリカでは、州や郡などの各自治体で警察があり、さまざまなポリスカーがあります。カーチェイスの発生率の高いアメリカでは、FRを採用することが多いようです。操作性に優れ、瞬時に加速がしやすいことは追尾するための重要なポイントといえるでしょう。

フォード クラウンビクトリア・ポリスインターセプター

Boykov / Shutterstock.com

2010年にはポリスカーの7割を占めていたクラウンビクトリア。ポリスカーとして絶大な人気を集めていたようです。ポリスインターセプターは、フォードに中でも警察車両モデルをいいます。
2011年にクラウンビクトリアの生産が終了してからは、シボレー インパラ、タホなども広く採用されているようです。現在ではフォード エクスプローラー ユーティリティ ポリスインターセプターがクラウンビクトリアに代わって人気の車種となっています。

ダッジ チャージャー

Art Konovalov / Shutterstock.com

アメリカ最大規模の警察組織であるFBIやニューヨーク市警察で採用された実績を持つダッジ チャージャー。アメリカを代表するマッスルカーといえるでしょう。2019年モデルのチャージャーが、ポリスカーとして採用されています。

アジア

アジアの国々にも自国の自動車メーカーがあるため、ポリスカーもさまざまです。今回は日本を除くポリスカーをご紹介していきます。

シンガポール

シンガポールが独立した翌年の1966年に日本との外交関係が樹立。犯罪増加に対して参考にしたのは日本の交番システムでした。現在では日本と肩を並べる治安の良さを誇っています。

トヨタ カローラ セダン

nitinut380 / Shutterstock.com

2017年当時は、カローラが採用されていました。ポリスカーとして求められる走行性能をはじめ、取り回しの良さや燃費はいうまでもありません。セダンタイプということもあり犯人などの送致にも使える使い勝手の良さも採用の決め手となっているのではないでしょうか。

しかし2024年にはヒュンダイ Tucsonが導入されることが決定されています。搭載される機能としては車両識別機能や、本部と連動する全方位カメラの搭載など、ポリスカーとしての機能が設定されるようです。

中東

オイルマネーに沸く中東の中でも、『UAE』がポリスカーとして採用する車種は、何かと話題になり注目を集めています。ハイパーフォーマンスカーを導入している目的は市民や観光客に対して友好的であることをPRしているというもの。

しかし実際に犯罪が起きた時には、実用性のある車両を用いて任務に当たっているということです。

ドバイ

スーパーカーが増加している背景には、市民とメディアからの肯定的なフィードバックによるものであり、ドバイ市民からの支持により導入されているもののようです。
今までにはブガッティ ベイロンや日産 GT-R、フェラーリ FF、アストンマーティン One-77、ランボルギーニ アベンタドールなど名だたるスポーツカーを導入しています。そんなドバイが2021年3月に新たなスポーツカーを導入しました。

トヨタ GRスープラ RZ

Farrel Arissa / Shutterstock.com

3Lの直列6気筒ツインスクロールターボエンジン搭載。19インチのアルミホイールを装着した白にグリーンのドバイ警察車両を象徴するカラーリングが施されています。特別なチューニングはないノーマルですが、最高時速250㎞/hのハイパフォーマンスモデルです。

アフリカ

タンザニア

Art Konovalov / Shutterstock.com

タンザニアの警察署にはパトカーがありませんでした。そのため警察官の行動範囲が狭められ、パトロールもままなりません。そこにやってきたのは、トヨタ ノアの中古車です。パトロールだけでなく、子どもや村人の足となり、暮らしに役立っているようです。

オセアニア

太平洋地域を指しており、オーストラリア、ニュージーランドのほかポリネシアなどを含む地域のこと。自動車産業が盛んではない土地ではどのようなポリスカーが使用されているのでしょうか。オーストラリアについてご紹介しましょう。

オーストラリア

オーストラリアにあった自動車メーカーの工場は次々と撤退していきました。2013年にはアメリカ『ゼネラルモーターズ』、そして2017年には『トヨタ自動車』が最後に生産の中止が発表されています。

オーストラリア警察では、連邦警察と州などが運営する地方警察に分かれており、組織によってさまざまな車種が採用されてきています。ホールデン コモドアやフォード ファルコンを使用している警察が多いようです。

シビック TYPE R

Alex Lupin / Shutterstock.com

ウェールズ州ではタイプRのポリスカーが登場しています。ホンダとのスポンサーシップの一環として1年間に渡り提供が決定しています。
白い車体にブルーの市松模様に赤のラインが引き締まった印象のポリスカーは、実際に追跡用として使用されることはないようです。

地元警察と市民の繋がりを深めるために、オーストラリアの各地で行われるさまざまなイベントで活躍することが決定しています。

まとめ

世界各国のポリスカーは、やはり自国の自動車メーカーを使用することが多くなっているようです。しかし日本が誇る自動車産業は、確実に海外にも浸透しており、ポリスカーとしての信用も得ています。

警察の役割を超えて市民との距離を近づけるためには、通常任務を果たす車両のほかにPRをする車両が重要なのかもしれません。ポリスカーはさまざまな車種が使用されており、国柄を表す個性があります。今後どのような車種が使用されていくのか期待が膨らみます。

↓合わせて読みたい↓

世界一の記録を成し遂げたスゴイ車たちをご紹介!

人生を変えるきっかけは漫画だった⁈車好きが影響を受けたカッコいい車たち

ワイルドスピードだけじゃない!カッコいいアメ車が心を揺さぶる名作映画4選

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「400万件以上の実績!」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

400万件以上の実績!
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
400万件以上の実績!まずは愛車の
査定相場を見る
09月17日 21:33:43現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

毎日500台入荷する非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

市場に出る前の
非公開車両を見る