カスタム・アフターパーツ | 2022.04.02

リアディフューザーの役割や付ける効果とは?

Posted by 菅野 直人

最近は後付けの社外品だけでなく、純正での採用も多いエアロパーツ、「リアディフューザー」。後ろに並んだ時でも、よほど近づかないと目立たず、乗っているドライバーにとっては忘れがちなパーツですが、空力部品のほとんどがそうであるように、見た目以上の役割と効果を果たします。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

リアディフューザーの役割とは

車体後部底面に取り付けられ、ウイング形状の板へ前後方向の整流板(バーチカルフィン)を持つ空力パーツが「リアディフューザー」と呼ばれるもので、前方から車体底面を流れてきた空気の流れを加速し、勢いをつけて後方へ排出する役割を持っています。

主に200km~300km/h以上での高速性能を持つ高性能車へ取り付けられることが多いものの、後述するように日常域、特に日本では法定速度と保安基準を守る限り、高速道を含む一般道では効果が薄いため、ドレスアップ目的で装着するケースも多いかもしれません。

もっとも、社外品の後付けパーツならともかく、近年ではサーキット走行まで想定して純正装着されるケースも増えたため、一般道に装着車がいたとしても、見掛け倒しの無駄なパーツでドレスアップしていると判断するのは、早計です。

リアディフューザーによって得ることができる大きな効果

Mau47 / Shutterstock.com

リアディフューザーで、後方へ通常より速度を増して排出されることにより、車体底面と路面の間には、空気密度の少ない負圧状態となり、飛行機が空を飛ぶための「揚力」とは逆な下向きの力、「ダウンフォース」が発生します。

それによって、高速走行時に車体が浮き上がる力を抑制し、むしろ路面へ張り付くような力を加え、高速走行時にストレートでもコーナーでも、車を安定させる効果を得ることができます。

理屈としては、高速になるほど、そして車体底面と路面の間隔が狭いほど、流速が増してダウンフォースも増加していくため、パワーウェイトレシオ(※単純な馬力ではないことに注意)が優れ、最低地上高が低い車ほど、大きな効果を得ることができます。

あえてリアディフューザーを含む空力パーツに頼らず、重く設定した車重によって、ダウンフォースが効かない低速域、つまりドラッグレースのようなゼロ発進からの加速や、低速域のコーナリングで安定性を狙った、日産のR35GT-Rのような車もあります。

軽量で大パワーのエンジンを持つスーパーカーほど効果は大きく、その最たるものがF1のようなフォーミュラカーです。

取り付けた際のデメリットや注意点

軽量ハイパワーで最低地上高が低く、超高速域での走行を考慮した車ほどメリットが多いリアディフューザーですが、もちろん市販車での装着には、さまざまな制約があり、それゆえにデメリットの方が大きい場合もあります。

まず当たり前の話として、日本の公道を走行する車であれば、保安基準でリアディフューザーを装着しても、最低地上高9cmをクリアする必要があるため、路面と車体底面の間隔をあまり狭くできないほか、制限速度は高速道路でも最高120km/hに過ぎません。

この速度域では、リアディフューザーが効果的にダウンフォースを発生する150km/h以上にはほど遠く、またダウンフォースを発生する空力パーツの常として空気抵抗が大きいため、法律を遵守している限りはない方がマシです。

もちろん、サーキットへ持ち込めば保安基準も制限速度も関係ないため、レーシングカーのごとく車高を落とせば解決しますが、日本では性能発揮できる機会が限られるというデメリットには変わりません。

また、車体底面を極力フラットにして、可能であればサイドスカートも使って、側面からの空気の流入を防ぐなど、リアディフューザーへ至る気流を整流しておく必要があるなど、単体での装着ではあまり意味がなく、車体全体で空力を考える必要もあります。

さらに、ダウンフォースに比例して増加する空気抵抗に負けないエンジンパワーや、ダウンフォースを得ることができない速度域など、コロコロ変わる空力特性に合わせ車体を安定させるテクニックも必要など、一概に「装着すれば高性能」ではありません。

ドレスアップ目的での装着や、最初からさまざまなシチュエーションを考えた純正装着車であればともかく、性能向上を狙って後付け装着するのであれば、空力効果についてしっかり計算できるショップへ依頼するのが、結果的には安全かつ速くなるための近道です。

愛車の下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「400万件以上の実績!」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

400万件以上の実績!
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
400万件以上の実績!まずは愛車の
査定相場を見る
10月05日 17:31:57現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

買取の査定事例

  • 2019/10に査定

    ランドクルーザープラド TX Lパッケージ

    3,998,500
    2015年(H27)41千km

  • 2019/10に査定

    WRX STI STI タイプS

    3,814,800
    2015年(H27)32千km

毎日500台入荷する非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

市場に出る前の
非公開車両を見る