旧車・絶版車購入ガイド

通好みの3ナンバーFRスポーツクーペS14型シルビア、再評価されたその実力とは?

菅野 直人

歴史的名作に数えられる日産「S13型シルビア」から一転、バブル崩壊期にデビューしSUVやミニバン人気に押され、スペシャルティカー市場そのものが低迷する中、3ナンバー

旧車・絶版車購入ガイド

2020.03.28

絶滅危惧種!見つけたらすぐに買うべき!三菱「ランサーエボリューション」(第1/第2世代)

菅野 直人

WRCをはじめ国内外のモータースポーツで大活躍した三菱「ランサーエボリューション」。最初に登場したランエボIの時点で「コンパクトなランサーへギャランVR-4のメカニ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.02.01

ハイパワーエンジンとMTの組み合わせはこれが最後?日産「Z34フェアレディZ」

菅野 直人

発売から11年とさすがに「現行モデルと言うには古い」日産の6代目「フェアレディZ」(Z34)ですが、ロングセラーモデルゆえに初期型でさえ現行モデルと基本的には同じだ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.31

上質で速い!大人のプレミアム・スポーツ、三菱「ランサーエボリューションX」を知る

菅野 直人

今でも復活が望まれながら、2020年現在で最後の三菱自動車「ランサーエボリューション」(ランエボ)である第4世代「ランエボX」。走行性能を重視しながら高級GT路線ま

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.31

走行性能だけじゃない!ATやワゴンも選べる三菱「ランサーエボリューションVII~IX MR」

菅野 直人

2001年の三菱「ランサーエボリューションVII」から進化を極めて最終型の「ランサーエボリューションIX MR」など2020年現在でもモータースポーツの最前線で使わ

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.30

ホンダの自然吸気エンジン搭載スポーツセダンの決定版!シビックタイプR(FD2)とは!?

菅野 直人

7代目「シビック」(EU)まで設定されていたハッチバックがついに8代目で消滅して4ドアセダンのみとなった時、ああこれでシビックタイプRはなくなったんだな…と思った人

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.25

最後の自然吸気エンジン搭載ハッチバック型TypeRのホンダ「シビックタイプR」(EP3/FN2)とは

菅野 直人

フルノーマルでも群を抜く高性能と、若者にも手を出しやすい価格だった初代シビックタイプRは2000年9月で販売終了してしまいましたが、その後もシビックタイプRの歴史は

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.25

現在もクラストップのハイパフォーマンス!初代ホンダ「シビックタイプR」とは!

菅野 直人

今や400万円以上の高額車になってしまいましたが、1997年8月に登場した初代「シビックタイプR」(EK9)は200万円以下と若者にも手が届く現実的な価格でありなが

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.24

GT-Rだけじゃない!直6エンジンを味わうためのR34スカイライン選びとは!?

菅野 直人

日産「スカイライン」は1957年の初代発売以来、現在でも販売中で長い歴史を誇る車ですが、それだけに単なるモデルチェンジに留まらずコンセプト自体の大幅変化を何度か経て

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.23

今でも色あせないトヨタを代表する高級車「3代目セルシオ」購入のポイントとは?

菅野 直人

世界を震撼させた高級車レクサス「LS」、日本では3代目までトヨタ「セルシオ」の名で販売されていました。4代目以降は日本でもLSとして販売されるも、日本ではすっかり

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.02

国外流出進む日産「R33スカイライン」。欲しいならすぐ買うべき!その判断方法とは?

菅野 直人

開発中にバブル崩壊、日産も販売激減で大変なことになりコストダウンを迫られる中、どうにかデビューした9代目「スカイライン」(R33)は「大きく重く、動きがダルくなって

旧車・絶版車購入ガイド

2020.01.01

5ナンバーサイズの正統派FRスポーツセダンは日産「スカイライン」R32以外無し!

菅野 直人

1989年、先代同様に「ハイソカー路線」を歩み続けるかに見えた日産「スカイライン」の印象を一変させた8代目スカイライン(R32)。最後の5ナンバーサイズの正統派FR

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.29

圧倒的なパワーに興奮“スープラセダン”ことトヨタ「アリスト」の中古を買う

菅野 直人

日本でもレクサス車の販売が開始される以前、レクサス「GS」はトヨタ「アリスト」として販売されていました。GSと異なり3.0リッター直列6気筒DOHCツインターボエン

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.20

「TypeR」とは付かないがほぼTypeR。2代目ホンダ「CR-X」の入手法

菅野 直人

かつて最高のスポーツハッチバックとして名高い1980~1990年代のホンダ「シビック」からさらにホイールベースを短縮し軽量化、強力なエンジンによる動力性能のみならず

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.19

高価だけど“アガリのクルマ”、第2世代「スカイラインGT-R」の入手方法

菅野 直人

日産「GT-R」がすっかり1,000万円オーバーのスーパーカーになってしまった現在、それに劣らぬ魅力を持つ、あるいはそれ以上の魅力を持つともされる日産「スカイライン

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.18

一度は所有したい!伝説のFRスポーツ、トヨタ「AE86」を手に入れる方法とは!?

菅野 直人

現在でも根強い人気を誇るトヨタ「カローラレビン/スプリンタートレノ」(AE86)。しげの秀一氏の漫画「頭文字D」やプロレーサーの土屋圭市氏がドリフトや峠走行に用いた

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.17

トヨタ製で安心!大衆スーパーカー「MR2」の中古車はまだ買えるのか!?

菅野 直人

国産車初の市販MR(ミッドシップ)スポーツとして1984年に初代が登場、1989年に生まれかわった2代目が1999年まで販売され15年の歴史を刻んだトヨタ「MR2」

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.18

維持より買うのが難しい!見る目が問われる日産「180SX」の買い方

菅野 直人

5代目日産「シルビア」(S13型)とは兄弟車であり、北米では日産「240SX」としても売らていた日産「180SX」。当初はシルビアほどの人気はありませんでしたが、6

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.12

まだ間に合う!プレミア商品になりつつあるホンダ「S2000」を確保する!

菅野 直人

今ではほとんど見られなくなったFRスポーツ。1980年代末以降の日本車黄金期と呼ばれた時代には世界に誇れる車がたくさんありました。その中でもとくに印象的かつ衝撃的だ

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.12

日常でもヒラヒラと軽快な走りを楽しめるトヨタ「MR-S」の中古車探しのポイントは?

菅野 直人

「FF車のパワーユニットを後方へ移し、安価にリアミッドシップ(MR)スポーツを実現する」という手法で、初代「MR2」(AW10系)以来MRスポーツを作り続けてきたト

旧車・絶版車購入ガイド

2019.12.11

ハリウッド発のSF映画にも登場したRX-8 ロータリーを存分に味わいたいなら前期の6速MT車がオススメ?

菅野 直人

自動車に電動化の波が押し寄せ、今後のロータリーエンジンは自動車へ搭載されるとしても、その特性を活かした発電用だけになるのでは…といわれる今日この頃。それゆえ、おそら

旧車・絶版車購入ガイド

2019.11.26

スープラの中古車のオススメグレードは?人気の4代目ならRZかRZ-Sの6速MT車か!?

菅野 直人

BMWとの協業の成果が実り、2019年5月に復活したトヨタ・スープラ。かつて初代から2代目まで日本名「セリカXX(ダブルエックス)」で、3代目から4代目までは国際名

旧車・絶版車購入ガイド

2019.11.26

熱狂的なファンに愛される大人気スポーツカーRX-7、中古車を買うならどのグレードがおすすめか?

菅野 直人

“マツダ・ロータリー・ロケット”の定番中の定番であり、もっとも長く生産・販売されて愛されたロータリーエンジン車、マツダ・RX-7。2002年に3代目FD3S型が販売

旧車・絶版車購入ガイド

2019.11.26