PickUp

P.C.D、リム幅、インセット等…ホイール関連用語について改めて解説

菅野 直人

自動車のタイヤ用ホイール選びは、単にデザインだけ好みであれば良い、というものではありません。新品や中古を購入する場合には、愛車に適合するものを選ばなければいけません

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

「Sタイヤ」とは?普通のタイヤとどのように違う?

菅野 直人

スポーツ派のクルマ好きにとっては、ちょっとした特別なアイテム、通称「Sタイヤ」。 公道走行も可能とはいえ、耐摩耗性や静粛性より、とにかくグリップ優先、構造も大

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

鍛造ホイールメーカー、「BBS」はどんなホイールを作ってる?

菅野 直人

鍛造アルミホイールの老舗として有名なBBSですが、ドイツ発祥とはいえ、現在ではほぼ日本のBBSジャパンが生産・販売を手掛けており、事実上国産メーカーと言っても過言で

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

世界最高峰の鍛造ホイールメーカー「TWS 」とは?

菅野 直人

自動車用軽量ホイールには、製法で大きく分けて、金属に圧力を加えて成形する「鍛造(たんぞう)」と、液状化した金属を型に流し込んで大まかに成形し、切削加工などを加える「

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

エンブレムが違うだけでカタチは同じ⁈よく聞くOEM供給の謎に迫ります!

KAKO MIRAI

車のエンブレムが違うだけで、よく見ると全く同じ車を見かけて、不思議に思ったことはありませんか?なぜそのような車を作る必要があるのか、またどれくらいの車種があるのか疑

コラム

2021.05.11

何がウケて何がウケないのか?時代の流れに翻弄され、誕生ほどなくして消えていった名車たち5選

KAKO MIRAI

世相の好みをかぎ分けるのは本当に難しいものです。メーカー各社が必死に作った車たちも、世の中に受け入れられなければ姿を消すことになってしまいます。技術者たちの思いとは

コラム

2021.05.11

時代を振り返ろう!今は無くなってしまったメーカー装備にはこんなものがあった⁉

KAKO MIRAI

そう、そう、こんな装備、付いていた。と今は懐かしい、古き良き時代の代物たちのことをいくつ覚えているでしょうか。とっても便利でカッコよかったものもあれば、ちょっと迷走

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

通勤車でもソロキャン、会社帰りに即直行!相棒にふさわしいコンパクトSUV5選

KAKO MIRAI

日頃のストレスをどのように発散していますか?コロナ禍にあって、自由に行動することもままならない日々です。例えば会社帰りに、ふらっとキャンプに出掛けられたら楽しいかも

コラム

2021.05.11

ホイールメーカー「レイズ」、どのようなホイールをつくっている?

菅野 直人

世に数多ある自動車用ホイールメーカーの中でも、一目置かれる大御所的存在の一つが「レイズ」。鍛造に鋳造、レースシーンからストリートのドレスアップ用まで、「RAYS」の

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

ホイールスペーサーとは?どのような役割がある?

菅野 直人

買ってきたホイールのインセットが微妙に合わず、ツライチにもならない、という時に使うイメージのある「ホイールスペーサー」。他にもワイドトレッド化やPCD変更などにも使

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

あえて派手にはせず、さりげなく!クルマのプチドレスアップのススメ

菅野 直人

車のドレスアップはしたいけれど、派手なエアロを組んだり、ステッカーチューンなどで「いかにも車好き」なアピールはしたくない。でも、人と全く同じではない、わかる人にだけ

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

パワーを求めるならボルトオン!ターボvsスーパーチャージャー

KAKO MIRAI

自然吸気のNAにパワーを求めるなら、迷わずボルトオンしたいものです。後付けにはターボとスーパーチャージャー、どちらが良いのでしょうか。またどれくらいの費用が掛かるも

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

280馬力規制とは?当時の規制下に発売された人気モデル9選

菅野 直人

今でも軽自動車など64馬力規制が続いていますが、かつては登録車でも日本自動車工業会に所属する主要自動車メーカーの国産車には、1989年から「280馬力自主規制」があ

コラム

2021.05.11

レース業界の常識、シーケンシャルトランスミッションはどこが違う⁈憧れのシフトチェンジはスポーツカーの特権

KAKO MIRAI

レーシングドライバーの車載カメラに映し出される、シーケンシャルトランスミッションの華麗なるシフトチェンジ。レースカーに乗りたいと思っている人たちの憧れです。レース専

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

ローダウンは車検に通る?やり方と目安工賃について

菅野 直人

チューニングでもドレスアップでも使われる手軽で奥深いクルマイジリの手法「ローダウン」ですが、やり方を間違えると車検に通らなかったり、期待した効果を得ることができなか

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

憧れの旧車レストア!いくら用意すればできるのか?

菅野 直人

クルマ好きにもいろいろなジャンルがありますが、どんな趣味でも歴史や原点を知ることは、その趣味をより楽しむためのスパイスとして最高の素材であったりします。しかし実際に

コラム

2021.05.11

音量を調整できるマフラー?マフラーメーカー「フジツボ」の”VVV(ヴィダブリュ)”とは?

菅野 直人

年々厳しくなる車の騒音規制。マフラーからの排気音などその代表ですが、かつてのように規制値ギリギリのスポーツマフラーを装着したり、インナーサイレンサーで音量を抑える方

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

一度は乗ってみたい左ハンドル!でも日本ではちょっと…な、あるあるとは?

KAKO MIRAI

カッコいい車に乗ってみたいと考えるのは誰でも同じです。輸入車といえども右ハンドル仕様が増えてきましたが、まだまだ左ハンドルしか設定がないものも存在します。でも日本で

コラム

2021.05.11

強化するにはどのようにする?「ボディ剛性」がなぜ重要か?

菅野 直人

一時は何かがモデルチェンジするたびに、「従来比〇〇%アップ!」と売り文句の定番であった、車のボディ剛性。最近は、環境問題で燃費などに話題がシフトしたことや、SUVや

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

サーキットでは命を守るフルハーネス、でも公道では使用厳禁!そのワケとは?

KAKO MIRAI

サーキットで万が一に備えて取り付けるものには、フルハーネスが挙げられます。競技用だけに体をホールドしてくれる性能は高いはず。それなのにフルハーネスで公道を走行すると

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

エアロパーツを取り付けると、どのように変わる?メリットや目安工賃について

菅野 直人

レア車であればともかく、人気車種ほど「同じ車と違う見かけ、個性にしたい」ことから重要になるエアロパーツ。レースなどモータースポーツではともかく、一般的には見た目が変

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

アルミホイールメーカー・wedsとは?他のホイールと何が違うのか

菅野 直人

日本には、大小合わせると多数の自動車用ホイールメーカーがあり、さらに複数のブランドを抱えている例も多く、どちらかというとメーカー名よりブランド名の方が知名度が高いパ

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

車高調とダウンサスで乗り心地はどのように変わるのか?それぞれの目安コストは?

菅野 直人

手頃な割に効果がわかりやすく、ドレスアップからチューニングまでコストパフォーマンスの高い自動車用パーツといえる、車高調こと車高調整式ショックアブソーバーやダウンサス

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

著名ブレーキブランド・ブレンボとは?他のブレーキと何が違うのか

菅野 直人

自動車にとって重要な三大要素「走る」「曲がる」「止まる」のうち、もっとも重要であり確実でないと困るのが「止まる」、すなわちブレーキです。多くの高性能車に純正採用され

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

追加メーター、どのようにつければ良い?車検は通るのか

菅野 直人

チューニングカーのみならず、ドレスアップカーでも「ついていれば、とりあえずカッコイイ!」追加メーターですが、もちろんカッコだけではなく機能的であり、十分な精度を持つ

カスタム・アフターパーツ

2021.05.11

スタッドレスタイヤの交換時期の目安は?正しい点検方法とは

菅野 直人

雪国では必需品、雪国に住んでいない場合でも、降雪地帯に出かける用事があったり、年に一度でも積雪がありえるのであれば用意しておきたいスタッドレスタイヤ。タイヤである以

コラム

2021.05.11

「ブレーキがフェードする」とは?ベーパーロック現象とどう違う?

菅野 直人

走る・曲がる・止まるは自動車が自動車であるために大切な3大要素と言えますが、その中でも一番重要なのは「止まる」であり、止まれない限り車は無事にまた走り出すことなどで

コラム

2021.05.11

車の老舗はアメリカ?ドイツ?それぞれの歴史とプライドを検証!日本で優勢なドイツ車、売れないアメ車は本当にだめなのか?

KAKO MIRAI

車が誕生してから今日まで、その長い歴史を作り上げてきたのはアメリカとドイツだということができるでしょう。アメリカが誇る「デトロイト3(フォード、クライスラー、GM)

コラム

2021.05.11

ワイルドスピードだけじゃない!カッコいいアメ車が心を揺さぶる名作映画4選

KAKO MIRAI

車好きにとって、スタイルはとても重要です。それともうひとつ。それはサウンドではないでしょうか。スクリーンに登場する車のサウンドはとても心地よく、さらにカッコよさを増

コラム

2021.05.11

車のカテゴリが大きく変わった!不変のスポーツセダン、その中身はモンスター⁉国産スポーツセダン4選

KAKO MIRAI

スポーツカーといえばクーペだった1970年代。現在ではさまざまなボディタイプが登場し、クーペも時代と共に変化しています。そしてスポーツセダンも、性能に磨きがかかって

コラム

2021.05.11