カスタム・アフターパーツ | 2021.03.19

アルミホイール、お手入れしてますか?アルミホイールの掃除・メンテナンス方法

Posted by 菅野 直人

車の足元を引き締め、ドレスアップ要素も強いアルミホイールですが、走行中は常に高速回転する上に、鉄粉も含まれたブレーキダストまで浴びるという過酷な環境にあるため、ある意味では、車のボディ以上に傷みやすく、また人間が日常で履く靴と同じように、汚れや傷が目立つと全体の印象が台無しになりかねません。今回は、アルミホイールの掃除とメンテナンス方法についてご紹介します。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

金属製で塗装されたアルミホイールは、車のボディと同じくマメな掃除が必要!

車のボディもアルミホイールも、金属でつくられ、最後に塗装されて仕上げられているという意味では、違いはありません。

その割には洗車の際、アルミホイールはあまり熱心に洗わないという人もいそうですが、何しろ車の走行中には凄まじい高速回転で路面のホコリや砂などにさらされますし、すぐ内側ではブレーキをかけた時、ブレーキパッドから鉄粉を含むブレーキダストが猛烈な勢いで吐き出されます。

ましてや、日本よりも高速巡航を求められるため、ブレーキ性能を上げるべくブレーキパッドに鉄粉やカーボンも多く含まれるヨーロッパ車や、ドリルドローター、スリットローターなど、パッド表面を積極的に削って炭化を防ぐタイプのブレーキローターを使った車種では、ものすごい勢いでホイールへ鉄粉が刺さります。

そのような過酷な環境にあるものの、最近はデザイン性重視で複雑な形状をしたホイールもあって、競技用などのスポークも少なく単純な形をした軽量ホイールであればまだしも、デザインホイールはなかなか洗いきれていない、という人もいるのではないでしょうか?

できれば洗車のたびにジャッキアップして外してでもしっかり洗って磨き込みたいところですが、そこまでしないまでも、日常的な手入れは欠かさないようにしましょう。

基本は水洗いと鉄粉除去

もっとも、基本的な掃除や手入れは、そう難しいものではありません。

まずは車に装着したままという前提ですが、水はねでボディを汚さない程度に調整したシャワーで、ホイールにたっぷりと水をかけ流し、表面についたホコリや砂、汚れなどを簡単に落としていきます。

次に、水をかけながらでもよいので、柔らかいタオルやスポンジなど、ホイール表面をなでても傷がつきにくい素材の洗車道具(先の硬いブラシなどは、ボディ同様に厳禁)を使い、優しく洗っていきますが、この時は洗剤などは必要なく、基本水洗いのみ、仮に使うとすれば中性洗剤を薄めたものを使ってください。

なお、ここで厄介なのがブレーキダストに含まれる鉄粉で、これを放置しておくとアルミホイールなのにやたらとサビが目立ち、しかもそのサビが流れてホイールをさらに汚していくなど最悪の状況になるため、ある意味アルミホイール掃除とは、最終的に鉄粉除去を行うためにやると考えてもよいほどです。

この鉄粉除去の方法は2種類あり、「鉄粉除去剤」か「鉄粉取り粘土」を使います。

どちらもカー用品店の洗車コーナーなどで普通に販売されており、吹き付けてから20分ほどで鉄粉の色が変わり、除去しやすくなる鉄粉除去剤の方が扱いやすいものの、そこで除去し損ねたまま仕上げの拭き取りなどすると、残った鉄粉で傷がつくなど逆効果になる場合もあります。

そのため、鉄粉取り粘土で丹念に全体の鉄粉を除去していくのが無難ではありますが、複雑なデザインのホイールでは隅々まで粘土を使うのが難しい場合もあるかと思いますので、実際には併用するのが現実的かもしれません。

鉄粉除去まで済めば、またシャワーでしっかり洗い流し、水分を残さないように柔らかいタオルやウェスなどで、しっかり拭き取って終了です。

ホイールを洗う時は外した方がよいか?

なお、もし可能であれば、ハブからホイールを外し、表だけでなく内側もしっかり洗うのをオススメします。

洗車場で少し軽くという場合には、洗車場所の占有時間が長くなってしまうため、無理にやらなくてもよいのですが、自宅など時間と場所を取れる環境であれば、内側もしっかり洗った方が万全と言えます。

何しろブレーキダストや泥などひどい汚れがつく上に、雨などで流れにくく、そのままこびりつきやすいのがホイールの内側で、デザインにもよりますが、外側から手を入れて完璧に洗う、というのも困難なため、毎回でなくとも傷みを防ぐ目的で、内側も時にはしっかり洗い、鉄粉も除去しましょう。

なお、洗う頻度が少なくなりがちなホイール内側については、水だけでなく薄めた中性洗剤やスポンジでしっかり汚れを浮かすのがオススメです。

ホイールにもコーティングがある!

最初の方で、「アルミホイールもボディも金属に塗装を塗ってつくられているという意味では同じ」と紹介しましたが、ボディと同じように、ガラスコーティングによる表面コーティングがアルミホイールにも可能です。

デザイン重視で洗いにくい形状な上に、高価なホイールであれば新品のうちにガラスコーティングを行った方がよいほどで、使用後にコーティングすることも可能ですが、入念に丸洗いしてからでないと施工できないため、ショップなどへ依頼する時は工賃がやや高めになる可能性があります。

コーティングしておけば、そもそも汚れがつきにくく、付着しても洗い流しやすくなるため、アルミホイールの定期的なメンテナンスと思って、施工ショップと頻度を相談しながら、定期的にコーティングを行うのをオススメします。

なお、マットブラックなどマット系(つや消し)ホイールにガラスコーティングをすると、せっかくのマット系なのにツヤツヤになっちゃうんじゃ?と思うかもしれませんが、意外にもガラスコーティングでマット系の色にツヤが出ることはないそうです。

さらに気を遣うのであれば

ホイールをキレイに保つために、さらに気を遣うのであれば、いわゆる門型の自動洗車機は使わない方が無難です。

一応は水をしっかり吹き付けて汚れやホコリなどを除去してから洗車を始めるとはいえ、車の中でも一番下の部分になるアルミホイールは、上から流れてきた汚れによって、中途半端な水かけは、かえって傷の原因になりかねません。

そこへバタバタと回転するブラシで擦られれば、ロクなことにならないのは予想されるため、ホイールをキレイに、目立つ傷もつけたくないと願うのであれば手洗い洗車が推奨されます。

さらに、ホイールの中でもガリ傷がつきやすいリム部分の保護材として、「アロイゲーター」など、カットしてリムへ巻きつけ、そのままタイヤを組み付ければリムをしっかり覆って保護してくれる製品もオススメです。

アロイゲーターの場合は、赤など色も何種類かあり、ホイールに合う色をチョイスすればドレスアップ効果も期待できるため、足元のアクセントとして検討してみてください。

高価で高品質、デザインの優れたアルミホイールも、汚れや傷だらけ、ましてや鉄粉でサビてしまっては台無しになるため、しっかりお手入れしていきましょう!

↓タイヤ・ホイールにまつわるオススメ記事↓

P.C.D、リム幅、インセット等…ホイール関連用語について改めて解説

低偏平タイヤとは?偏平率で何が変わるのか

こだわりカスタムホイールメーカー「WORK」は、どのようなホイールをつくっている?