中古車購入ガイド | 2019.10.25

手付金や税金など、中古車購入に必要なお金を学ぶ

Posted by PT

中古車を購入する際にかかるお金は、車両本体価格だけではないことをご存じでしょうか? 中古車の購入手続きをする際には、車そのものの本体価格に加えて、手付金や税金、保険料といった、その他諸々の費用も発生します。そのため、中古車購入費用としては、それらの諸費用も含めた総額の予算を考えておく必要があるのです。 そこでこの記事では、中古車を購入する際に必要となるお金にはどのようなものがあるのか、詳しく解説していきます。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

あわせて読みたい

中古車を購入する際は本体価格以外にも税金や手付金がかかる

中古車購入の際には、車両本体価格のほかに諸々の費用が発生します。諸費用は購入する車によって異なりますが、車両本体価格の10%から20%程度だといわれています。これはあなどれない金額です。
そんな中古車購入時にかかる諸費用には、大きく分けて次の3つがあります。

1.法定費用
2.販売店手数料
3.手付金

この3つがどのような費用なのか、順番に見ていきましょう。

税金や保険料などの「法定費用」

法定費用とは、車の購入時に法律で支払いを義務付けられている費用のこと。法定費用の一部は、購入する車の重量や排気量によって金額が異なります。合計するとそれなりの金額になりますので、車の購入時にはこれらの費用も視野に入れて検討しましょう。

法定費用は具体的に、以下のようなものがあります。

自動車税 排気量によって異なる税金で、中古車購入(登録)の翌月から3月までの税金を一括で支払うことになっています。(軽自動車は購入時期にかかわらず定額)
自動車重量税 車両の重さによって異なる税金で、車検のときに車検証の有効期間分の自動車重量税を一括で支払います。(軽自動車は重量にかかわらず定額)
自動車取得税 車を取得した人が支払う税金で、新車か中古車かで金額が異なりますし、年式によっても異なります。
自賠責保険料 車を所有する人が必ず加入しなければならない強制保険で、車検のときに車検証の有効期間分に該当する保険料を一括で支払います。本土・離島・沖縄・沖縄離島で、保険料が異なるのが特徴的です。
法定預かり費用 車の検査登録、車庫証明書の取得、名義変更といった手続きの際に必要となる印紙代のことです。
消費税 商品を購入すれば必ずかかってくる税金ですので、車の購入時においても例外ではありません。中古車を購入した場合は、法定費用を除く、車両本体・オプション・代行費用などに対して、消費税がかかってきます。
リサイクル料金 自動車リサイクル法により、前払いで支払うことを義務付けられている、廃車処分のための費用です。料金は車種やグレードによって異なります。これは車を売却した場合には返還されるお金で、次の所有者が支払ったリサイクル料金が、前の所有者に返還されるという仕組みになっています。

毎日500台入荷!非公開車両の中から、ほしい車探します

仕入れ、中古車探しプロ
ガリバーにはいます

  • 予算に合わせて
    提案してほしい
  • 高い買い物だし
    失敗したくない
  • しっかり検討する
    時間がない

インターネットに出ていない非公開在庫を年式・予算 等の簡単な入力で全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせ。価格、車種、年式、グレード、走行距離、希望の条件をお伝えください。

毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る

※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

なぜガリバーの買取サービスが選ばれるのか?ガリバー高額査定の秘密、選ばれる4つの理由

  • 中古車買取台数No,1業界随一の実力!
  • 全国約550店舗を中心とした約18,000のネットワーク!
  • 自宅でOK!忙しい方、お近くに店舗がない方におすすめの出張査定
  • 年間取引台数28万台の実績!メーカー、車種を問わず適正な査定価格を算出!

契約後のキャンセルも可能、代車無料貸し出し
入金は最短で2営業日、手続き代行サービスあり!
お客様の立場に立ったお客様のためのサービス。
もちろん無料で、買取金額だけ知りたいケースでも親切に対応してくれます。
お持ちのクルマの今の価値、知ってみませんか?

金額だけ知りたいでもOK!査定金額を確認してみる

販売店への「各手数料」

車の購入時には、販売店へ支払うべき各手数料が存在します。
これは、車の登録に関する手続きを代行してもらうために支払う費用です。つまり、手続きにかかる手間賃ということになりますが、その金額は販売店によって違います。サービス内容も販売店によって少しずつ異なりますので、あいまいな場合は各販売店へ問い合わせを行いましょう。

販売店への各手数料には、以下のような費用があります。

登録代行費用 車を購入すると、運輸支局で車の名義人登録をする必要があるのですが、販売店にこの手続きを代行してもらうための費用です。手続きがやや複雑なので、販売店に任せるのが一般的です。
車庫証明代行費用 警察署での手続きが必要な車庫証明の申請を、販売店に代行してもらうための費用です。
納車費用 自宅まで車を運んで納車してもらうための費用。販売店によってサービス内容は異なり、洗車や陸送の費用などが含まれていることが多いです。なお、販売店で直接車を受け取るのであれば、納車費用はかかりません。
整備費用 法定点検・整備をするための費用です。

購入意思を示すための事前に支払う「手付金」

手数料とは別に、販売店へ支払うお金がもうひとつあります。それが手付金です。
手付金は、その車を購入したいという意思を示すために「事前に支払うお金」のことです。これにより、他の人にその車を購入されてしまうことがなくなり、取り置きすることができます。

手付金は基本的に、契約時に発生するものです。新車・中古車を問わず必要となりますが、手付金の種類によって意味合いが異なります。厳密には以下の3種類がありますので、名称と性質を覚えておきましょう。

証約手付 契約締結の証として支払う手付
解約手付 買い主は支払った手付金を全て放棄することで解約でき、売主は受け取った手付金の倍額を買い主に返還することで解約できるという意味合いの手付
違約手付 契約違反があった場合には、損害賠償とは別に罰金として没収される手付

一般的に、中古車の購入時に「手付金」という名称でやりとりされているお金は、「申込証拠金」であることが多いです。
申込証拠金は「その車を購入したい」という意思を示し、優先的に交渉するために差し入れるお金なので、まだ契約が成立していない段階で販売店に支払います。便宜上、手付金と呼ばれることもあるのですが、本来の意味の手付金とは異なり、申込証拠金を支払う際にはまだ契約は成立していません。結果的にその車を購入することになって契約が成立すれば、代金の一部に充てられますし、契約が成立しなければ返還されることになります。

注意しなければならないのは、申込証拠金ではなく、本来の意味合いで手付金を支払う場合です。
解約手付は、手付金を放棄することで一方的に中古車の購入をキャンセルすることができます。しかし、契約時に支払う手付金は返還されませんのでご注意ください。

つまり、事前に支払うお金のことをまとめて手付金と呼ぶことがありますが、どういう意味合いのお金なのかということを確認してから支払わなくてはいけないということです。
手付金の種類によっては、購入をキャンセルしても「お金が戻ってこない」ケースも当然ありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

中古車購入時には本体以外の費用も把握しておこう(まとめ)

中古車購入時には車両本体価格以外にも税金や代行費用、手付金などの支払いが必要!
車の購入にあたって法律で支払いを義務付けられている法定費用は、車の重量や排気量によって異なる
中古車販売店に支払う各手数料とは、手続きの代行費用や納車費用などで、販売店によって異なる
申込証拠金は「返ってくるお金」手付金は「返ってこないお金」

中古車を購入する際に必要なお金は、車両本体にかかるお金だけではありません。法律で支払いを義務付けられている法定費用や、販売会社に支払う各手数料、購入意思を示すために支払う手付金などが必要になります。
なお、申込証拠金として契約前に支払ったお金については購入をキャンセルしたとしても返ってきますが、契約成立時に手付金として支払ったお金については返ってきません。手付金の種類には注意が必要です。
中古車購入時には、車両本体以外にかかるお金のことも計算に入れ、車選びにお役立てください。

[PR]

毎日500台入荷!非公開車両の中から、ほしい車探します

仕入れ、中古車探しプロ
ガリバーにはいます

  • 予算に合わせて
    提案してほしい
  • 高い買い物だし
    失敗したくない
  • しっかり検討する
    時間がない

インターネットに出ていない非公開在庫を年式・予算 等の簡単な入力で全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせ。価格、車種、年式、グレード、走行距離、希望の条件をお伝えください。

毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る

※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

なぜガリバーの買取サービスが選ばれるのか?ガリバー高額査定の秘密、選ばれる4つの理由

  • 中古車買取台数No,1業界随一の実力!
  • 全国約550店舗を中心とした約18,000のネットワーク!
  • 自宅でOK!忙しい方、お近くに店舗がない方におすすめの出張査定
  • 年間取引台数28万台の実績!メーカー、車種を問わず適正な査定価格を算出!

契約後のキャンセルも可能、代車無料貸し出し
入金は最短で2営業日、手続き代行サービスあり!
お客様の立場に立ったお客様のためのサービス。
もちろん無料で、買取金額だけ知りたいケースでも親切に対応してくれます。
お持ちのクルマの今の価値、知ってみませんか?

金額だけ知りたいでもOK!査定金額を確認してみる