2019.07.19

18年続くekシリーズを支えるekワゴン人気車のリセールバリュー、相場価格は?

Posted by UruCar編集部

ekワゴンとは、2001年に初代を発売して以来、2019年3月にフルモデルチェンジした現在の4代目まで、18年続くekシリーズを支える軽ハイトワゴンとなります。 また、日産との共同開発モデルであり、初代のオッティから始まり、現在はデイスとして販売しています。 外観の柔らかいスタイルから、主婦や年配層に人気があります。 今回のフルモデルチェンジでの1番の変化は、後席の居住スペースが大幅に改善された所でしょう。 また、エンジンルームを縮小させた事で、後席の足元周りが70mmも広がり、居住性ばかりか、乗降性も大幅に改善されています。 そんなekワゴンが、買取市場ではどんな値動きをするのか見ていきましょう。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

ekワゴンの中古市場での人気について

2019年3月にフルモデルチェンジした現行では、三菱自慢の安全性能[e-assist]を搭載、踏み間違えや衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱防止アラームなどが全車標準装備となり、女性や年配の方には嬉しい機能となります。
また、オプションにはなりますが、”デジタルルームミラー”という装備があり、駐車場で活躍するアラウンドモニターや、夜間で視界の悪い後方一帯を、鮮明にルームミラーに写し出してくれますから、起こりうる事故を未然に防止してくれます。
筆者である私の高齢の両親にも、ぜひekワゴンのように安全性能の高い車に乗ってもらいたいものです。

その他、2代目にあたる2006年~2013年モデルでは、両側スライドドアが採用されており、根強い人気となっています。
3代目からは、派生モデルであるekスペースのみの採用となってしまったため、中古市場でのスライドドア需要は、子育て世代を中心にまだまだ衰えません。
ディーラーの営業マンの話では、18年続くekワゴンは、もはやひとつのブランドであり、乗り継ぐユーザーが多いという事からも、人気である事がわかりますね。

買取査定額が期待できるekワゴンの人気グレード

現行モデルでは、『M』『G』の2グレード、先代モデルでは『E』『M』『G』『T』の4グレードのラインナップとなります。
まず、現行モデルではグレード間の価格差は約8万円となり、大きな差となるのはGグレードに、オートエアコンとプッシュスタートシステムが装備されているという事になります。
売れ筋となるのはGであり、今後は中古市場になると、8万円以上の差が出る事になるでしょう。

中古市場での取引でメインとなる先代モデルでは、『M e-assist』と『G safety package』が人気グレードとなっています。
Mでは『衝突被害軽減ブレーキ』と『踏み間違い衝突防止アシスト』が装備され、Gにはこの2つに加え『車線逸脱警報システム』と『オートハイビーム』がプラスされています。
最上級のTグレードにはターボが装備されていますが、ekワゴンがそもそも走りを求めるモデルではないため、新車価格は高いですが、中古市場でのニーズは少なく、ekカスタムに譲る形となっています。

買取査定額が期待できるekワゴンの人気カラー

現行モデルでは、全7色のバリエーションとなり、女性がターゲットである事から、優しい印象のカラーで構成されています。
通常、人気カラーといえば白・黒が定番ですが、ekワゴンでは、ブラウンメタリックが1番人気となっています。
これは若年層よりも、30代から50代の女性にニーズがある事で、落ち着いたカラーを選ぶ傾向があります。

次に人気となるのが、ブラック・ホワイトパール・シルバーの順となり、上位3色では査定額が5万円前後プラスになるようです。

2年落ちekワゴンの目安査定額

新車価格103万円~160万円となる先代モデルですが、2年落ちでの査定額が35~55万円前後と暴落してしまいます。
これはフルモデルチェンジをした事も一因ですが、やはり軽トールワゴン系の中古車流通台数が多いのが大きいでしょう。
加えて、現在の主流がその上をいくハイトワゴンである事や、人気の要因でもあるスライドドアが装備されていない事などもあり、このような査定額になってしまうようです。

4年落ちekワゴンの目安査定額

4年落ちになりますと、査定額は20~35万円前後となってしまいますが、先代モデル初期ですから、まだまだ需要はあります。
新車からのユーザーであれば、翌年には車検が来ますから、手放すかどうか悩むでしょう。
低走行車の人気カラーですと、50万円を超える査定額もあります。

5年落ちになると、20万円を切る査定額も目立ってきますから、手放すには良いタイミングとなる時期になります。
また、新車・中古車市場が活発になる1月~4月期では、査定額が上がる傾向がありますから、ぜひ参考にして下さい。

10年落ちekワゴンの目安査定額

2代目モデルとなり、査定額は5万円前後となってきます。
査定額を購入資金にするか、このまま乗り続けるか迷う所ですね。
自動車税が割増となる13年目まで乗り、その間に購入資金を貯めるというのも、良い選択になってきます。
スライドドア機能をもち、トールワゴンとなる前で機械式の立体駐車場にも入る数少ないモデルですから、まだまだ人気はありますが、これが10年落ちの現状ですね。

事故車・修復歴ありのekワゴンの場合は?

18年続くモデルとなりますから、やはり一定数の事故車も流通しています。
破損レベルにもよりますが、修復して中古車市場へ流通するもの、破損が激しい場合は部品取り車として、修理で活躍します。
例えば、先代モデルとなる人気グレード『M e-assist』の3年落ち2万km走行の事故車では、10~20万円の査定額となります。

ekワゴンの残価率・リセールバリューは?

ハイト系軽ワゴンがシェアを伸ばしている中、18年続くekワゴンはどれだけのリセールバリューがあるのか、見ていきましょう。

例えば先代モデルの人気グレード『m e-assist』では、2年落ち2万km走行で40万円の買取額となりました。
新車時価格が120万円でしたので、実に2年で80万円も償却した事になり、残価率は33.3%という結果に。
このグレードにおける平均残価率は、39.5%となります。

また、先代モデル初年度となる2006年式の上級グレード『GS』では、7万km走行での買取額は13万円で、残価率は約11%となります。この年式になると、平均残価率は10%前後となってしまいます。
年式はもちろん、ちょうど自動車税が割増になる時期となる事もあり、このような結果になるようです。

軽自動車需要が高いという事は、それだけ中古車市場の流通量も多いという事。
分母が多ければ、残価率も比例して下がる傾向にありますから、仕方ないでしょう。
ekワゴンはフルモデルチェンジをしたばかりで、先代モデルの査定額は下がるでしょうが、まだまだ人気が続くでしょう。そのため、少しでも高く取引できように、早めに査定に出してみてはいかがでしょうか?

愛車を相場より10万円以上高く売る方法をご存じですか?
中古車の一括査定ならそれが可能です。

  • 提携会社数約1,000社!
  • 同時見積数最大30社!
  • しつこい営業電話無し!
  • 業者の丁寧な対応あり!
  • 事故車にも対応!

一括査定サービスのカーセンサーは、提携している買取業者数は約1000社
全国各地の業者から車種に合わせてあなたの車を最も高価で査定してくれる業者を選んでくれます。

先方からの連絡回数(電話)頻度が少なく、忙しくても売却可能です。
下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。
安心のリクルート運営なのでサポートも万全です。

3分程度で完了
カーセンサーで査定額を調べる