引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

買取相場 | 2019.06.15

アクティブシーンで活躍!武骨なデザインの都会派本格RVエクストレイル やはり人気は黒 買取価格は?

Posted by UruCar編集部

日産 エクストレイルは2000年にデビューしました。悪路走破性を高めた本格派RVとして、ライバル車であるパジェロやランドクルーザーなどを意識しながらも、武骨なデザインに若者らしさやアクティブさのエッセンスが交わっています。 発売後、都会派本格RVとして継続的に人気を博してきました。 モデルチェンジを重ねて19年以上も販売されてきた、歴史のあるモデルでもあります。 今回はそんなエクストレイルの買取実績やリセールバリューについてご紹介していきます。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

エクストレイルの中古市場での人気について

エクストレイルはデビュー当時からアクティブなRVとして、防水シートやラゲッジルームを備え、使い終わったスノーボードを思いっきり室内に投げ込むCMの演出で、若者やアウトドア派に訴求してきたモデルです。

SUVがもてはやされる世の中で、確かな悪路走破性を持ちながらも、現行型では都会派なイメージの外観を持ち、確かなファンが存在する一台と言えるでしょう。
エクストレイルはCMのイメージからもわかる通り、使い込んで価値がある車です。
その利用用途から、内装や外装に多少の汚れや傷が多い個体が多いのも事実ですが、中古車の場合は次のオーナーもそんなSUVの性質を理解している方が多いため、外板価値減点や内装評価点が低くとも価値が残りやすい車であると言えるでしょう。

買取査定額が期待できるエクストレイルの人気グレード

2014年から販売中の現行モデルには、大別して二種類のモデル、ガソリン車とハイブリッドモデルが用意されており、それぞれにグレード体系が形成されています。ハイブリッドモデルにもガソリンモデルにもFFモデルが設定されており、アクティブユースを考えたSUVとしての性格を与えようとしたメーカーの思惑が垣間見えます。

ハイブリッドモデルは国内需要も高く、グレード問わず高値推移傾向といえます。
ガソリン車ですと20X シティーエマージェンシーPKG付の4WDモデルが人気グレードとなります。

エクストレイルの特徴として、特別仕様車や限定車が多く存在することが挙げられます。売却の際は所有しているエクストレイルの仕様をしっかり理解して、買取店に伝えられるようにしましょう。

買取査定額が期待できるエクストレイルの人気カラー

一般的な車での人気カラーはホワイトとブラックで、この2色は他カラーに比べておおよそ5万円~10万円の高値で買い取りがなされています。
しかし、エクストレイルの場合、アクティブユーザーからはホワイトの人気がそこまで高くはありません。
理由は、雪山でホワイトアウトした際、自車位置が他車から判別できなくなるからだそうです。そのためエクストレイルでは、機械的なイメージを与えるグレーや、不変の人気色であるブラックが査定額では優位にはたらきます。

3年落ちエクストレイルの目安査定額

新車から3年目となると初回車検が迫り、営業から乗り換え提案が来る時期ではないでしょうか?
例えば3年落ち20X ハイブリッドエマージェンシーブレーキPKGでの査定額は160万円〜175万円程度です。三年後の残価率としては及第点といえるでしょう。

7年落ちエクストレイルの目安査定額

エクストレイルはちょうど先代中期~後期モデルが7年落ちで流通をし始めています。
エクストレイルの場合、7年7万キロを走破した車で、グレードによってではありますが、70万円~85万円の残価があるようです。
7年で24%前後の残価値が確保されているため、資産価値はやや高い部類といえます。
しかし国産車では近しい値を示す車両も散見されるので、やはりエクストレイルは使い倒したもの勝ち、ではありそうです。

10年落ちエクストレイルの目安査定額

「10年落ちの車なんて」。そう思われる方も多いかもしれませんが、10年落ちでもエクストレイルの場合は先代の前期モデルで、まだまだ人気があり、現役感が強い一台といえます。
評価は個体による状態評価になり、内外装のヤレ具合とカラーで査定額が変化している状態です。買取相場は15万円~50万円と幅はあるものの、ある程度まとまったお金にはなるようです。

事故車・修復歴ありのエクストレイルの場合は?

エクストレイルは若者にアクティブなライフスタイルを提供し、愛されながら長い期間販売されている車両です。
しかし、使われ方としても特に先代モデルでは多かれ少なかれ悪路を走行したり、降雪路を走ったりなどの使われ方をしているのも事実です。
そこで考えなければならないのが、事故車になってしまった場合の買取相場です。

例えば、先代エクストレイルでの事故車、現状買取平均額は約8万円程度のようです。
運悪く事故車扱いになってしまう程の損傷があった位の現行(高年式)現状車では、85万円程度の査定額がついているようです。

また、10年落ち事故車で5万円程度が、なんとか自走可能なレベルでの事故現状車で約10万円程度が買取相場となります。

そして修復歴有、10年落ちで20万円程度、2年落ちですと80万円程度と、やはりエクストレイルは人気車なので、なかなかの価格が出ているようです

エクストレイルの残価率・リセールバリューは?

車を資産として見た場合に重要になる指標が残価率です。
つまり何年乗っても残価率が高ければ、持っていて損をしにくい自動車ということになります。

例えば、新車でエクストレイルを購入した場合、20Xハイブリッド エクストリーマーXの車両本体価格は2017年当時¥3,283,200であり、2年3万キロ乗って売却した場合に買取最高値は¥1,800,000でした。
つまり2年間で¥1,483,200を償却をし、その残価率は54.8%ということになります。

次に3年で6万キロの、新車時¥3,034,800の20XttシティーエマージェンシーブレーキPKGの買取最高値が¥1,220,000、同様の計算で40.2%となります。

また、3年で1万キロの場合買取最高値は¥1,650,000で残価率は54.4%となり、平均値で残価率50.1%となりました。

自動車は毎月毎月多かれ少なかれ減価償却していく消費財です。
何より大事なはどの車を買うかになりますが、手放すタイミングも大事です。
価値を時々はかってみて、一番メリットのある時に手放すのが吉になりますよ。

[PR]

厳選された非公開在庫から中古車を探しませんか?

全国500店舗、中古車買取実績No.1の ガリバーの「中古車ご提案サービス

インターネットに出ていない非公開在庫を、全国500店舗、中古車買取実績No.1のガリバーの「中古車ご提案サービス」車種・年式・予算 等の簡単な入力で、全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。

  • 安心の全車保証!最長10年保証あり

    重要機構部品を最長10年までの保証サービスがお選びいただけます。
    高額の修理代の不安がなくなります。
  • 中古車でも返品OK

    車選びは間違えても大丈夫、と言えるような大きな安心を。
    納車後国産車100日・輸入車30日以内なら中古車なのに返品可能!
  • 徹底検査で修復歴の有無をご案内

    徹底検査で修復歴の有無・内外装の
    ダメージを詳細にお伝えします。
毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る ※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

えっ?この車、ホントにこんな高い金額で売れるの?…
そんな値がつく、カーセンサーの無料一括査定

  • 提携会社数約1,000社!
  • 同時見積数最大30社!
  • しつこい営業電話無し!
  • 業者の丁寧な対応

カーセンサーは、提携している買取業者数は約1000社
全国各地の業者から車種に合わせてあなたの車を最も高価で査定してくれる業者を選んでくれます。 先方からの連絡回数(電話)頻度が少なく、面倒がありません。
下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくないので
売却の秘訣はまずは複数の業車に査定をする事、精度の高い金額をカーセンサーは実現します。

無料で一括診断!
あなたの愛車査定

CARこの記事で紹介した車