引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/03_exterior.htm

買取相場 | 2019.10.15

豊富なバリエーション、鮮やかなカラーリングが特徴のダイハツ・キャスト。査定相場は?

Posted by 宮川 丈

キャストは、軽トールワゴン市場をメインターゲットとしてダイハツが開発、2015年に発売されました。 毎日の生活をドラマに例え、そのドラマのキャストになって欲しいという願いを込めてキャストという車名になったようです。 最近流行している軽トールワゴンの比較も含め、キャストについて詳しく調べてみました。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

キャストの中古市場の人気について

基本的に発表から現在までマイナーチェンジやフルモデルチェンジを行っていない車両の買取相場は高めに推移します。キャストもその一台で、まだ発売から4年しか経っていない現行モデルのみのため、中古市場では比較的高値を推移しています。
また、キャストはそのデザインの独自性やカラーリングの豊富さから、ルックス重視の軽自動車ユーザーから支持されているようです。

買取査定額が期待できるキャストの人気グレード

キャストのグレードは大まかに、スタイル、スポーツ、アクティバの3つがあり、さらにX、Gなど10グレード以上の豊富なラインナップが用意されています。軽自動車は買い物などの街乗りメインでの需要が高く、キャストもそういった需要が高い車種と言えます。
スタイル、アクティバで共にG “SAⅢ”の人気が高いですが、買取査定額が期待できるグレードはスポーツ “SA Ⅲ”や4WD搭載車です。

買取査定額が期待できるキャストの人気カラー

スタイルとスポーツではパールホワイトⅢ、ブラックマイカメタリックとよくある白黒の人気が高く、アクティバはファイアクォーツレッドメタリック、スプラッシュブルーメタリックと、アウトドアモデルらしい鮮やかなカラーが人気のようです。
色による買取価格差は大きくはないですが、ツートンカラーの査定額が比較的期待
できます。

1年落ちキャストの目安査定額

元々の新車価格設定が122万円~と最近の軽自動車の中では手の届きやすい価格帯で販売されている為、キャストは軽自動車に多いセカンドカーとしての需要が高いと言えます。
そのため、例えば1年落ちのキャストの査定額は65万円~90万円前後と、ある程度高値で推移しています。
中でも、高値で取引されていたのはスポーツ “SAⅢ”で、およそ100万円程の査定額で取引されています。

3年落ちキャストの目安査定額

新車を購入してから3年経つと1回目の車検を通す時期がやってきます。
また、乗り換えを検討されることが多い時期でもあります。

3年落ちキャストの具体的な査定額は、55万円~85万円のコアゾーンで推移しています。やはり、スポーツ “SAⅢ”が高値で取引される傾向があり、車両の状態にもよりますが、およそ100万円前後で査定されています。

4年落ちキャストの目安査定額

4年前のキャストは初期モデルになります。査定額のコアゾーンはおそよ50万円~80万円程で推移してます。
1年目の査定額からの値落ち幅を見るとおよそ10万円〜12万円程度で、車両状態を良好に保っていれば4年経過していても高値での取引を狙える車種と言えます。
この年式のスポーツ ”SA Ⅲ”でおよそ85万円の査定額で取引されています。

事故車・修復歴ありのキャストの場合は?

買い物などの普段使いが多い車種はそれに比例して事故率も高くなるのが実情です。一般的に、修復歴のある車両の査定額は、修復歴のない車両の査定額の65%~70%が目安になります。
例えば、1年目のキャストでみると車体の状態がよくても42万円~63万円前後の査定額で取引されることが多いです。
同じく3年目は35万円~59万円前後ということになります。

キャストの残価率・リセールバリューは?

続いて、キャストの残価率についてみていきましょう。

キャストは、新車から1年目までに比較的大きい値下がり傾向にあります。
新車価格がおよそ150万円で、販売価格だけで比較してみても、1年落ちした場合の査定額が60万円~70万円程度減額しています。
実際はオプションで+αの乗り出し費用と考えると、キャストの残価率は50%を下回り、決してリセールバリューが良いとは言えません。

3年経過すると実際の残価率は40%前後になります。
やはり軽自動車では、ホンダNシリーズやワゴンRなどの人気が高い反面、他の競合車種の人気度が削られるようです。
キャストも、軽自動車市場において苦戦を強いられている一台で、前述のような査定額になってしまいます。

ただ、他の軽自動車に比べると乗り出しの価格を抑えられる為、そこに重点を置いているユーザーにとってはニーズの高い車種ではあります。
キャストを購入する際、少しでも高い残価率を狙いたいのであれば、スポーツグレードがおすすめと言えるでしょう。

ステアリングスイッチの操作で高回転域にシフトするDアシストや、高い品質のセーフティテクノロジーの”スマートアシストⅢ”など、ダイハツ独自の先進技術の多数が組み込まれたキャスト。まだまだ現行として活躍していますが、フルモデルチェンジや販売終了なども予想ができる時期になってきています。
もし次に購入するモデルが決まっているのであれば、高い査定額が期待できる今が売却検討に適した時期と言えそうです。

一括査定シェアNo1,キャストの
査定相場を見る
01月22日 07:41:35現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

キャストの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をユーカーパックで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないために是非お試しください。

ユーカーパックなら買取相場や
複数社の査定額が
オークション形式で一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度ユーカーパックで査定を受けるだけで、最大5,000社以上の中古車販売店へオークション形式で入札が可能なため高額の査定が期待できる、今までの車買取業界の仕組みをガラッと変えたサービスです。

最大5000社、中古車業界人の「自分で使いたい売却サイトNo1」 私たちではユーカーパックをオススメしています。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

希望売却額を決められる!
営業電話が来ない
個人情報が流れない
査定は1度のみ!
5000店に無料査定まずはキャストの
査定相場を見る
01月22日 07:41:35現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

キャストの査定事例

  • 2020/01に査定

    キャスト スタイルG リミテッド SAⅢ

    1,644,500
    2019年(H31)8千km

  • 2020/01に査定

    キャスト スタイルX

    1,164,900
    2019年(H31)34千km

毎日500台入荷するキャストの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

キャストの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車