引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/03_exterior.htm

買取相場 | 2020.08.03

豊富なバリエーション、鮮やかなカラーリングが特徴のダイハツ・キャスト。査定相場は?

Posted by 宮川 丈

キャストは、軽トールワゴン市場をメインターゲットとしてダイハツが開発、2015年に発売されました。 毎日の生活をドラマに例え、そのドラマのキャストになって欲しいという願いを込めてキャストという車名になったようです。 最近流行している軽トールワゴンの比較も含め、キャストについて詳しく調べてみました。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

キャストの中古市場の人気について

基本的に発表から現在までマイナーチェンジやフルモデルチェンジを行っていない車両の買取相場は高めに推移します。キャストもその一台で、まだ発売から4年しか経っていない現行モデルのみのため、中古市場では比較的高値を推移しています。
また、キャストはそのデザインの独自性やカラーリングの豊富さから、ルックス重視の軽自動車ユーザーから支持されているようです。

買取査定額が期待できるキャストの人気グレード

キャストのグレードは大まかに、スタイル、スポーツ、アクティバの3つがあり、さらにX、Gなど10グレード以上の豊富なラインナップが用意されています。軽自動車は買い物などの街乗りメインでの需要が高く、キャストもそういった需要が高い車種と言えます。
スタイル、アクティバで共にG “SAⅢ”の人気が高いですが、買取査定額が期待できるグレードはスポーツ “SA Ⅲ”や4WD搭載車です。

買取査定額が期待できるキャストの人気カラー

スタイルとスポーツではパールホワイトⅢ、ブラックマイカメタリックとよくある白黒の人気が高く、アクティバはファイアクォーツレッドメタリック、スプラッシュブルーメタリックと、アウトドアモデルらしい鮮やかなカラーが人気のようです。
色による買取価格差は大きくはないですが、ツートンカラーの査定額が比較的期待
できます。

1年落ちキャストの目安査定額

1年落ち2019年式キャストは、2020年3月に販売終了した「キャストアクティバ」「キャストスポーツ」がまだ販売されていた末期のモデルで、アクティバとスタイルのX SAIIIとG SAIIIをベースに、運転席/助手席ヒートシーターなどを装備した特別仕様車「X リミテッド SAIII」や「G リミテッド SAIII」が、2018年8月に発売されています。

さらに2019年7月には、アクティバとスタイルのG SAIIIとG ターボ SAIIIをベースに運転席/助手席ヒートシーターやパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックを装備した特別仕様車「G VS SAIII」「Gターボ VS SAIII」が発売されました。オプション込みでのおおよその新車価格と、2020年7月現在での平均買取相場は、以下の通りです。

スタイルX(FF/4WD) 新車143万円/買取実績なし
スタイルX SAIII(FF/4WD) 新車150万円/買取価格65万円程度
スタイルX リミテッド SAIII(FF/4WD) 新車151万円/買取価格72万円程度
スタイルG SAIII(FF/4WD) 新車164万円/買取実績なし
スタイルG リミテッド SAIII(FF/4WD) 新車165万円/買取実績なし
スタイルG VS SAIII(FF/4WD) 新車160万円/買取実績なし
スタイルG プライムコレクション SAIII(FF/4WD) 新車171万円/買取価格79万円程度
スタイルG ターボ SAIII(FF/4WD) 新車175万円/買取実績なし
スタイルG ターボ VS SAIII(FF/4WD) 新車172万円/買取実績なし
スタイルG ターボ プライムコレクション SAIII(FF/4WD) 新車183万円/買取価格70万円程度
アクティバX(FF/4WD) 新車144万円/買取実績なし
アクティバX SAIII(FF/4WD) 新車151万円/買取価格65万円程度
アクティバX リミテッド SAIII(FF/4WD) 新車151万円/買取価格69万円程度
アクティバG SAIII(FF/4WD) 新車164万円/買取価格75万円程度
アクティバG VS SAIII(FF/4WD) 新車161万円/買取価格87万円程度
アクティバG リミテッド SAIII(FF/4WD) 新車166万円/買取価格79万円程度
アクティバG プライムコレクション SAIII(FF/4WD) 新車172万円/買取価格79万円程度
アクティバG ターボ SAIII(FF/4WD) 新車176万円/買取価格82万円程度
アクティバG ターボ VS SAIII(FF/4WD) 新車173万円/買取実績なし
アクティバG ターボ プライムコレクション SAIII(FF/4WD) 新車183万円/買取価格91万円程度
スポーツ SAIII(FF/4WD) 新車190万円/買取価格87万円程度
平均買取価格 77万円程度
平均残価率 約46%

3年落ちキャストの目安査定額

3年落ち2017年式キャストは、2016年6月の改良でカラーバリエーションが改訂されるとともに、3モデルとも最低地上高が高く変更されたモデルです(アクティバ:180mm、スタイルおよびスポーツ:150mm)。

2017年10月には、アクティバとスタイルのフロントグリルを変更して差別化を図ったほか、衝突被害軽減ブレーキなどの安全運転支援パッケージSAII(スマートアシストII)がSAIIIへと更新されたため、この年式ではSAII搭載車とSAIII搭載車が存在します。オプション込みでのおおよその新車価格と2020年7月現在での平均買取相場は、以下の通りです。

スタイルX(FF/4WD) 新車142万円/買取価格61万円程度
スタイルX SAII(FF/4WD) 新車149万円/買取価格54万円程度
スタイルX SAIII(FF/4WD) 新車149万円/買取実績なし
スタイルG SAII(FF/4WD) 新車163万円/買取価格59万円程度
スタイルG SAIII(FF/4WD) 新車163万円/買取価格46万円程度
スタイルG プライムコレクション SAII(FF/4WD) 新車169万円/買取価格59万円程度
スタイルG プライムコレクション SAIII(FF/4WD) 新車169万円/買取価格63万円程度
スタイルG ターボ SAII(FF/4WD) 新車174万円/買取価格65万円程度
スタイルG ターボ SAIII(FF/4WD) 新車174万円/買取価格63万円程度
スタイルG ターボ プライムコレクション SAII(FF/4WD) 新車181万円/買取実績なし
スタイルG ターボ プライムコレクション SAIII(FF/4WD) 新車181万円/買取実績なし
アクティバX(FF/4WD) 新車142万円/買取実績なし
アクティバX SAII(FF/4WD) 新車149万円/買取価格57万円程度
アクティバX SAIII(FF/4WD) 新車149万円/買取価格46万円程度
アクティバG SAII(FF/4WD) 新車163万円/買取価格63万円程度
アクティバG SAIII(FF/4WD) 新車163万円/買取価格57万円程度
アクティバG プライムコレクション SAII(FF/4WD) 新車170万円/買取価格54万円程度
アクティバG プライムコレクション SAIII(FF/4WD) 新車170万円/買取価格61万円程度
アクティバG ターボ SAII(FF/4WD) 新車174万円/買取価格69万円程度
アクティバG ターボ SAIII(FF/4WD) 新車174万円/買取実績なし
アクティバG ターボ プライムコレクション SAII(FF/4WD) 新車181万円/買取価格65万円程度
アクティバG ターボ プライムコレクション SAIII(FF/4WD) 新車181万円/買取価格67万円程度
スポーツ SAII(FF/4WD) 新車185万円/買取価格80万円程度
スポーツ SAIII(FF/4WD) 新車188万円/買取実績なし
平均買取価格 60万円程度
平均残価率 約36%

4年落ちキャストの目安査定額

4年落ち2016年式キャストは、2015年9月に発売されてすぐの初期型です(キャストスポーツのみ同年10月発売)。レトロ風トールワゴンの「キャストスタイル」を基本に、スポーツモデルの「キャストスポーツ」、クロスオーバーSUVモデルの「キャストアクティバ」と、1車種で3タイプをラインナップしていたのが特徴で、2016年8月にはトヨタへも「ピクシスジョイ」シリーズとしてOEM供給されました。オプション込みでのおおよその新車価格と2020年7月現在での平均買取相場は、以下の通りです。

スタイルX(FF/4WD) 新車141万円/買取価格54万円程度
スタイルX SAII(FF/4WD) 新車149万円/買取価格50万円程度
スタイルG SAII(FF/4WD) 新車163万円/買取価格59万円程度
スタイルG プライムコレクション SAII(FF/4WD) 新車169万円/買取価格57万円程度
スタイルG ターボ SAII(FF/4WD) 新車174万円/買取価格57万円程度
スタイルG ターボ プライムコレクション SAII(FF/4WD) 新車181万円/買取実績なし
アクティバX(FF/4WD) 新車141万円/買取価格50万円程度
アクティバX SAII(FF/4WD) 新車149万円/買取価格56万円程度
アクティバG SAII(FF/4WD) 新車163万円/買取価格53万円程度
アクティバG プライムコレクション SAII(FF/4WD) 新車170万円/買取価格54万円程度
アクティバG ターボ SAII(FF/4WD) 新車174万円/買取価格52万円程度
アクティバG ターボ プライムコレクション SAII(FF/4WD) 新車181万円/買取価格61万円程度
スポーツ SAII(FF/4WD) 新車185万円/買取価格64万円程度
平均買取価格 56万円程度
平均残価率 約34%

キャストを高く売るためのポイント

クロスオーバーのキャストアクティバや、スポーツモデルのキャストスポーツもラインナップしているとはいえ、基本的にはキャストスタイルを中心にミラジーノを思わせるレトロ調フロントマスクの軽トールワゴンという車なだけに、ターボ車を除けば短距離用の個人向けパーソナルカーとして使われている例が多いと思います。

そうした車では「自分だけの空間」として気楽でラフな扱いがされているケースが多く、車内へ適当に置いた小物などで車内が傷ついたり、車内での飲食で汚したり臭いがつきがちです。

高価買取を狙う場合、査定時にそうした「前オーナーの名残」を極力残さないよう普段からきれいに使うのが大前提と思ってください。また、キャストアクティバについては、クロスオーバーモデルといっても少し最低地上高を上げ、ブレーキの電子制御で悪路や滑りやすい路面でスタックしにくくしている程度のため(これはライバル車も同じ)、本格的に悪路を走ろうとして変に傷などをつけない心がけも肝心となります。

キャストの走行距離による値動きの変化

キャストの2020年7月現在における走行距離ごとの買取相場を紹介します。

14万km台 9.8万円程度 6万km台 32.9~52.5万円
12万km台 27.2万円程度 5万km台 35.9~75.1万円
10万km台 29.9~36.6万円 4万km台 42.4~84.6万円
9万km台 22.3~24.4万円 3万km台 38.5~94.2万円
8万km台 18.8~48.7万円 2万km台 42.4~90.2万円
7万km台 32.9~54.3万円 1万km台 45.9~94.2万円

短距離用途が多いと思いきや、発売からわずか5年足らずで10万km以上走っている車も意外とあり、そうしたケースでは8万km台を超えたあたりから査定額がガクンと落ちます。

5万km台を超えたところでも買取価格の下落が目立っており、年間走行距離が1万km、または2万kmを超えるかどうかが、査定では重要になる傾向にありますが、この種の車では特に珍しくはありません。

キャストを売るのにベストなタイミングは?

2020年3月をもってキャストアクティバとキャストスポーツは終売、前者は2020年6月に発売された、より本格的な軽クロスオーバーSUV、2代目「タフト」までのつなぎ的存在で、後者は特に後継車などはありません。

この2台については、もともと他メーカーで先行していた同種のライバル車へ対抗するため販売されていましたが、専用デザインで印象も強いタフトなどと異なり少々影が薄く、「この車ならでは」という一芸にも乏しいとあって、終売から日を追うごとに知名度が下がっていく運命です。

ただし、調査した2020年7月時点においては、3年落ち以内に限りキャストアクティバ、キャストスポーツともにキャストスタイルより平均残価率(オプション込み実売価格に占める買取価格の割合)は高めに推移しており(1年落ちの場合で40~50%)、4~5年落ちより古くなると逆に残価率が下がる傾向にあるため、この2モデルに関しては高価買取狙いであれば、なるべく新しいうちに早めの売却が最適でしょう。

キャストスタイルに関してはトヨタの軽ブランド「ピクシス」でピクシスジョイとしてOEM供給しており、それに代わるOEM向きの軽トールワゴンがダイハツからデビューしていない以上、まだしばらくは販売が続くと思われます(主力のムーヴは派生車種を除き、トヨタでOEMされたことがない)。

従って、キャストスタイルに限っては今のところ「型落ちや廃版で価値が大きく下がる」という心配はないため、普通に車検や買い替えのタイミングで売りに出すという考え方でよさそうです。

事故車・修復歴ありのキャストの場合は?

買い物などの普段使いが多い車種はそれに比例して事故率も高くなるのが実情です。一般的に、修復歴のある車両の査定額は、修復歴のない車両の査定額の65%~70%が目安になります。
例えば、1年目のキャストでみると車体の状態がよくても42万円~63万円前後の査定額で取引されることが多いです。
同じく3年目は35万円~59万円前後ということになります。

キャストの残価率・リセールバリューは?

続いて、キャストの残価率についてみていきましょう。

キャストは、新車から1年目までに比較的大きい値下がり傾向にあります。
新車価格がおよそ150万円で、販売価格だけで比較してみても、1年落ちした場合の査定額が60万円~70万円程度減額しています。
実際はオプションで+αの乗り出し費用と考えると、キャストの残価率は50%を下回り、決してリセールバリューが良いとは言えません。

3年経過すると実際の残価率は40%前後になります。
やはり軽自動車では、ホンダNシリーズやワゴンRなどの人気が高い反面、他の競合車種の人気度が削られるようです。
キャストも、軽自動車市場において苦戦を強いられている一台で、前述のような査定額になってしまいます。

ただ、他の軽自動車に比べると乗り出しの価格を抑えられる為、そこに重点を置いているユーザーにとってはニーズの高い車種ではあります。
キャストを購入する際、少しでも高い残価率を狙いたいのであれば、スポーツグレードがおすすめと言えるでしょう。

ステアリングスイッチの操作で高回転域にシフトするDアシストや、高い品質のセーフティテクノロジーの”スマートアシストⅢ”など、ダイハツ独自の先進技術の多数が組み込まれたキャスト。まだまだ現行として活躍していますが、フルモデルチェンジや販売終了なども予想ができる時期になってきています。
もし次に購入するモデルが決まっているのであれば、高い査定額が期待できる今が売却検討に適した時期と言えそうです。

一括査定シェアNo1,キャストの
査定相場を見る
09月29日 21:54:43現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

キャストの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「シェアNo1のサービス」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

一括査定シェアNo1
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
一括査定シェアNo1,まずはキャストの
査定相場を見る
09月29日 21:54:43現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

キャストの査定事例

  • 2020/01に査定

    キャスト スタイルG リミテッド SAⅢ

    1,644,500
    2019年(H31)8千km

  • 2020/01に査定

    キャスト スタイルX

    1,164,900
    2019年(H31)34千km

毎日500台入荷するキャストの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

キャストの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車