引用:https://toyota.jp/vellfire/

買取相場 | 2019.11.29

驚異的なリセールバリューを誇るヴェルファイア、高額買取の秘訣は?

Posted by UruCar編集部

ヴェルファイアは兄弟車であるアルファードを、より若者へ向けてデザイン変更をした、トヨタのラインナップ内では高級ラインに位置するミニバンです。 この、アルファードとヴェルファイアは日本国内のみならず、海外でも信頼性の高さと内外装の仕立ての良さから非常に人気が有ります。 日本でのミニバンブームは、シボレーのアストロが始まりと言われており、日本国内では大きなサイズであるアストロでも、本国では小さめのサイズであることからミニバンと呼ばれており、それが現在の『ミニバン』という呼称になったと言われています。 アルファード・ヴェルファイアもミニバンカテゴリーではありますが、十分に大型であり、室内空間の広大さ・乗り心地の良さや静粛性の高さからも積極的にショーファードリブン(運転手付き)での使用が多くあります。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

ヴェルファイアの中古市場での人気について

ヴェルファイアは広大な室内に、ワンボックスでは不利とされてきた静粛性にまで気を遣い、さらに全座席で大人が快適に過ごせるだけの居住性を持っています。
このことから、公用車としてショーファードリブンで使用されるなどの実績もあり、実に快適な移動空間を持ち合わせていることがわかります。

さらにヴェルファイアは若者世代に支持を受ける、押しが強く非常に目立つ外観、特にフロントマスクを持っており、アルファードとの棲み分けを行っています。
そして国内での人気はもちろんのこと、このヴェルファイアはアジア諸国でとても人気が有り、特に現在はマレーシアへの輸出が盛んに行われているのが特徴です。

買取査定額が期待できるヴェルファイアの人気グレード

ヴェルファイアは前述の通り、日本国内での使用にとどまらず、アジア諸国へ向けての輸出需要も高いモデルです。
国内再販時と輸出時では、グレードや装備、排気量に対する考え方に若干の相違が生まれます。
その理由は、輸出をする相手国によって当然トレンドも違いますし、税制も違うために関税のかかり方、先方での税金のかかり方が違ってくる為です。

例えば、国内再販であると3.5リッターモデルにしかグレード設定のない『エグゼクティブラウンジ』が最も人気があり、需要が供給を上回る事がある理由から高価査定が期待できます。
また、アジア圏内ですと香港ではエグゼクティブラウンジの人気は非常に高いです。

しかし、国内からのヴェルファイアの輸出において大きなシェアを占める対マレーシア輸出で考えた場合、まずマレーシアという国では輸入規制があるため、新車登録から1年以上5年未満の自動車のみしか輸入されません。
さらに、マレーシア国内では3.5リッターやハイブリッドモデルよりも、2.5リッターモデルが人気のようです。
つまり、『1年以上5年未満の2.5リッターモデルであると、マレーシアで強い需要があるために、国内での買い取り価格よりも高価格での買取が可能』ということになります。

もし手放しを考えた場合、ご自身の車がこのラインに立っていることが高価査定の最低基準となります。
さらに、この時注意したいのが、どこの買取店に相談・査定を依頼するべきなのか、というところです。
車の売却後に、最終的に海外への輸出になる場合でも、輸出パイプを直接自社で持っている買取店に売る方が、中間マージンの有無の観点から『高価買取を期待できる買取店』ということになります。

買取査定額が期待できるヴェルファイアの人気カラー

ヴェルファイアには、兄弟車のアルファードとともに圧倒的な人気カラーが存在します。それがブラックとパールホワイトの2色です。決してカラーバリエーションが多い車ではないのですが、この2色が他色に比べて5万円~10万円程度の高価査定で推移しています。

アルファードの買取 相場 2019年度版!アルファードの下取り・売却で失敗しないために

1年落ちヴェルファイアの目安査定額

2018年のヴェルファイアは対輸出でどのような値動きをしているのでしょうか?
今回は、マレーシアへの輸出に特に強い株式会社ENGのデータで見てみます。

オプション装備では、3眼LEDヘッドライト、リアエンターテイメント、モデリスタのフルエアロ等が高価査定に繋がる傾向があり、3.5リッターのモデルで500万円~540万円前後、マレーシアで人気がある白の2.5ZGエディションですと、430万円~470万円前後とかなり高額な査定額が期待できます。

2年落ちヴェルファイアの目安査定額

2017年モデルの値動きは、上記と同じく株式会社ENGのデータで、2.5ZGエディションの走行距離の浅いモデルで370万円~400万円前後、レザーシート、サンルーフ等メーカーオプションが多く装備されているモデルでは380万円~410万円前後で買い取りがされています。

驚異的なのは、国内では相当な過走行である2年落ち、走行距離78,000キロの個体でも、なんと360万円程度の査定額がついていることです。

3年落ちヴェルファイアの目安査定額

2016年モデルの値動きは、アルファード同様興味深い価格推移をしており、距離が出ていても装備次第で2017年モデルと変わらない、むしろ高価買取がされる場合が出ています。

同じく2.5ZGエディションで見比べると、380万円~400万円前後の買取価格が確認できました。
フルオプションに近いモデルでは400万円~420万円前後の買取も確認ができました。
これは、3年落ちでオプションを加味しない場合の車両本体価格と同じ査定です。

4年落ちヴェルファイアの目安査定額

2015年モデルでも高価買取は変わらず、走行距離の伸びた個体も多くなる中で、なんと走行距離の浅い2.5ZGエディションオプション充実モデルですと、340万円~380万円前後の査定金額がついています。

過走行10万キロオーバーでも280万円~310万円前後、ボリュームゾーンで350万円~360万円前後の査定がつくため、ヴェルファイアの残価率は非常に高いと言わざるを得ません。

5年落ちヴェルファイアの目安査定額

2014年のヴェルファイアの査定はどのような推移をしているのでしょうか?
5年経過すると通常国産車でしたら平均残価率は50%を割り込み、もしも輸入車でしたら30%前後となってしまう車齢です。

しかし、輸出需要のあるヴェルファイアは、モデルチェンジ前となる2014年式で、なんと220万円~250万円前後の査定額で、残価率にして60%前後の残価率があります。

事故車・修復歴ありのヴェルファイアの場合は?

事故車でもヴェルファイアの人気は根強いものがあり、しっかり修復がされている個体であれば国内消費でも需要の方が上回り、修復無し車の約70%程度の査定が期待できます。
つまり、2年落ち修復歴有りの車で270万円~290万円、3年落ち車でも同等の買取額が期待できるでしょう。

ヴェルファイアの残価率・リセールバリューは?

https://toyota.jp/vellfire/

日本国内だけでなく海外需要もあるヴェルファイア。

オプション価格を購入時に車両価格の10%〜15%ほど加味して考えると、ヴェルファイアで人気の高い2.5ZGエディションを新車購入した場合、¥4,362,120×1.15で約500万円前後の総支払額となります。
例えば、その後約1年乗って売却した場合に、株式会社ENGで買取最高値は¥4,600,000でした。1年間で40万円の金額しか償却をしておらず、その残価率は90%~92%程度ということになります。
つまり、月々3万円程の支払いで新車のヴェルファイアを1年間楽しむことができるのです。
また、3年落ちの買取最高値が¥4,000,000で、同様の計算で残価率78%~82%程度に。

その他、5年落ちの買取最高値が¥2,700,000で、モデルチェンジ前ですので2.4ZゴールデンアイズⅡの価格が¥3,795,429であることから、オプション代金を15%加味して437万円程の購入金額となり、残価率は60%~63%程度となりました。

ヴェルファイアは乗って満足度が高く、売っても損をしにくい。償却財である自動車としては値落ち幅の相当に少ないモデルであることは間違いありません。

アルファード・ヴェルファイアを専門店で売った方がいい理由。

買取時の驚くべき高額査定に、輸出入のカラクリが隠されているアルファード・ヴェルファイア兄弟は、基本的にディーラーでの下取りやガリバー・ビッグモーターのような一般買取店よりも、株式会社ENGのような『輸出入が自社で出来る』買取店に直接査定依頼をすると、高価査定が期待できます。
その差が生まれる原因は、『再販ルートの持ち方』の差につきます。

一般的な買取店は、車の買取後すぐに業者間オークションへと流します。
大型買取店ですと、自社での店舗販売のルートがここにプラスされ、さらにENGのようなアルファード・ヴェルファイアの車種専門業者ですと、そこにプラスして海外への輸出ルートまで確保できるわけです。
当然、輸出需要のあるモデルについては専門業者でなくとも輸出をしますが、間に輸出業者が挟まるので、利ザヤ(エンドユーザーからすれば買い取り価格)は低くなります。

このことから、特定の人気車種ではノウハウを持つ専門業者への売却が有利に働くわけです。

購入から1年を経過した、マレーシアへの輸出可能なヴェルファイアをお持ちの方は是非査定依頼をしてみて下さい。
もしかすると、持ち出しは限りなく少なく、新車に乗り換えられる可能性もありますよ!

一括査定シェアNo1,ヴェルファイアの
査定相場を見る
01月22日 08:55:26現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

ヴェルファイアの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をユーカーパックで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないために是非お試しください。

ユーカーパックなら買取相場や
複数社の査定額が
オークション形式で一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度ユーカーパックで査定を受けるだけで、最大5,000社以上の中古車販売店へオークション形式で入札が可能なため高額の査定が期待できる、今までの車買取業界の仕組みをガラッと変えたサービスです。

最大5000社、中古車業界人の「自分で使いたい売却サイトNo1」 私たちではユーカーパックをオススメしています。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

希望売却額を決められる!
営業電話が来ない
個人情報が流れない
査定は1度のみ!
5000店に無料査定まずはヴェルファイアの
査定相場を見る
01月22日 08:55:26現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

ヴェルファイアの査定事例

  • 2020/01に査定

    ヴェルファイア 2.4Z ゴールデンアイズⅡ

    2,348,500
    2014年(H26)55千km

  • 2020/01に査定

    ヴェルファイア 3.5Z Gエディション

    2,897,400
    2014年(H26)49千km

毎日500台入荷するヴェルファイアの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

ヴェルファイアの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車