引用:https://toyota.jp/c-hr/

買取相場 | 2020.03.01

新世代コンパクトSUV!トヨタ C-HRは買取市場ではどんな値動きをする?

Posted by UruCar

1990年代半ばからヒットしたクロスオーバーSUVは数々のヒット作を生み出し、ミニバンと並ぶ主要ジャンルとなるまでに急成長しました。 トヨタもかねがねこのジャンルを注視していたようで、比較的手が届きやすいコンパクトカークラスに的を絞ったC-HRを、2016年末に新時代にマッチするダウンサイジングターボと得意とするハイブリッドを手土産に引っ提げてデビューさせました。今回はC-HRの買取相場に関してご紹介します。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

C-HRの中古市場での人気について

1980年代にはブリザード、2000年代からはキャミやラッシュといったダイハツからOEM供給を受けたコンパクトSUVを販売していたトヨタですが、これらはいずれもラダーフレーム式、あるいはビルトインラダーフレーム式シャシーに本格的な4WD機構を持つリアルオフローダーであり、万人受けするとはいいがたいのが実情でした。

その一方、1996年に発売したハリアーで、乗用車ベースのスポーティかつラグジュアリーなSUV”という、現在のトレンドを決定づける道筋こそつけたものの、初代RAV4(1994年発売)以降、小型SUVを販売することはありませんでした。
そんなトヨタが2016年12月に発売したC-HRは、まさに満を持して発売した小型SUVであり、発売前にあえてニュルブルクリンク24時間レースに出場させるほど、ロー&ワイドなクーペルックボディを持つ自慢のSUVだったのです。

大径タイヤと高い最低地上高を除き、5ドアクーペそのものといえるボディはそれこそデザイン最優先。追加された豊富なカラバリや豪華な内外装仕様、サードパーティ製を含む豊富なエアロパーツの相次ぐ発表などにより、市場では新時代の“スポーティカー”として圧倒的な支持を受けました。

買取査定額が期待できるC-HRのグレード

C-HRのグレードは基本的に1.2リッターターボで4WDのS-TおよびG-T、1.8リッターハイブリッドでFFのSおよびGではじまり、2018年5月にS-TとG-Tにも安価なFFモデルが追加されました。
くわえて、2017年11月には灯火類をすべてLED化した特別仕様車 LEDエディションを設定。2018年5月にはLEDパッケージとしてS-TとSへカタログ設定するとともに、G-TとGは標準でオールLED化されています。

また、2018年12月には上級グレードであるG-TとGへ豪華内外装を施し、コンパクトクラスながらも高級SUVとして、より魅力ある特別仕様車モードネロ、モードブルーノを追加。
買取市場で査定額も残価率も高いのはハイブリッド上級グレードのGで、ついでガソリンターボ上級グレードのG-T、および両グレードのLED仕様となります。
そのキャラクター性から、やはり上級モデルが歓迎される傾向にあるようです。

買取査定額が期待できるC-HRのカラー

C-HRの買取査定額上位をみると、ホワイトパールクリスタルシャインあるいはブラックマイカという定番カラーが圧倒的で、そこにメタルストリームメタリックがチラホラ混ざる印象です。
メーカーオプションのホワイト&ブラックマイカ、ブラック&ホワイトパールクリスタルシャインという2トーン仕様も人気があるようですが、斬新なデザインとは対象的に、車体色に関してはやはり定番が好まれる傾向が強いようです。

1年落ちC-HRの目安査定額

1年落ち2019年式C-HRは、1.2リッターターボ車「S-T」および「G-T」のFF車へ、クラッチ操作を検出してエンジン出力を最適調整、クラッチのみでの発進操作をスムーズにするほか、変速時のエンジン回転数制御まで行う電子制御MTの6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)を2019年10月から選択可能としたモデルです。オプション込みでのおおよその新車価格と2020年2月現在での平均買取相場は以下の通りです。

●S-T(FF/4WD)※2019年10月6速MT・FF車追加:新車268万円/買取実績なし
●S-T LEDパッケージ(FF/4WD):新車269万円/買取価格151万円程度
●S-T GR SPORT(FF・6MT):新車300万円/買取実績なし
●G-T(FF/4WD)※2019年10月6速MT・FF車追加:新車299万円/買取価格171万円程度
●G-T モード ネロ(FF/4WD):新車303万円/買取価格166万円程度
●G-T モード ブルーノ(FF/4WD):新車303万円/買取実績なし
●S(FF):新車296万円/買取実績なし
●S LEDパッケージ(FF):新車294万円/買取価格167万円程度
●S GR SPORT(FF):新車341万円/買取実績なし
●G(FF):新車327万円/買取価格178万円程度
●G モード ネロ(FF):新車328万円/買取価格176万円程度
●G モード ブルーノ(FF):新車328万円/買取価格198万円程度

平均買取価格:172万円程度
平均残価率:約56%

2年落ちC-HRの目安査定額

2年落ち2018年式C-HRは、2018年5月から4WDのみだった1.2リッターターボ車へFF車を追加し、2017年11月から発売されていた特別仕様車「LEDエディション」の全光源LED化を「G-T」および「G」で標準装備としたほか、「S-T」および「S」では改めて「LEDパッケージ」として追加グレード化しています。

さらに2018年12月には、「G-T」および「G」をベースに豪華仕様の内装やバックカメラ、RCTA(リアトラフィックアラート)を装備した特別仕様車「モード ネロ」「モード ブルーノ」を発売しました。オプション込みでおおよその新車価格と2020年2月現在での平均買取相場は以下の通りです。

●S-T(FF/4WD)※2018年5月FF車追加:新車268万円/買取価格144万円程度
●S-T LEDエディション(4WD):新車279万円/買取価格135万円程度
●S-T LEDパッケージ(FF/4WD):新車269万円/買取価格151万円程度
●G-T(FF/4WD)※2018年5月FF車追加:新車300万円/買取価格166万円程度
●G-T LEDエディション(4WD):新車308万円/買取価格139万円程度
●G-T モード ネロ(FF/4WD):新車303万円/買取実績なし
●G-T モード ブルーノ(FF/4WD):新車303万円/買取実績なし
●S(FF):新車289万円/買取価格157万円程度
●S LEDエディション(FF):新車294万円/買取価格130万円程度
●S LEDパッケージ(FF):新車294万円/買取価格141万円程度
●G(FF):新車321万円/買取価格159万円程度
●G LEDエディション(FF):新車322万円/買取価格177万円程度
●G モード ネロ(FF):新車328万円/買取実績なし
●G モード ブルーノ(FF):新車328万円/買取実績なし

平均買取価格:150万円程度
平均残価率:約51%

C-HRを高く売るためのポイント

C-HRは2016年12月に発売されてから3年3ヶ月ほどとまだ新しく、都会派クーペルックSUVということもあり、着座位置は高いとはいえ悪路走破性をメインとした車ではないため、リフトアップなどオフローダー的なカスタマイズでもしていない限り、高価売却を狙うならまずは内外装にオフローダー的な、あるいはアウトドア的な傷やシミを作らないことがポイントです。

オフローダー的なカスタマイズは専門店では評価されますが、一般的な買取ですと新車同然のコンディションを内外装ともに保ち、査定前に徹底的な洗車と車内清掃、消臭を行っておくのがポイントとなります。

C-HRの走行距離による値動きの変化

C-HRの2020年2月現在における走行距離ごとの買取相場を紹介します。

10万km台:102.3万円~104.3万円
9万km台:115.0万円~121.0万円
8万km台:106.0万円~135.2万円
7万km台:93.0万円~153.7万円
6万km台:96.0万円~153.7万円
5万km台:108.0万円~153.7万円
4万km台:101.3万円~186.4万円
3万km台:113.6万円~194.4万円
2万km台:113.6万円~194.4万円
1万km台:106.6万円~217.1万円

まだ新しい車種ということもあり走行距離が少ない車が多いのですが、傾向としては5万km台に達するまでが程度良好なら高価買取の可能性が高く、8万km台以上で過走行として査定価格が下がりがちになるようです。

C-HRを売るのにベストなタイミングは?

初回登録から3年が経過しそうであったり、最初の車検を迎えたか、あるいは間もなく迎えるというタイミングで査定額の下がる車が見られるため、現状では「初回車検までに間があるうちに売ってしまうか、そのまま乗り続けるか」がひとつのポイントとなります。

「S-T」や「S」を全光源LED化した特別仕様車「LEDエディション」や「LEDパッケージ」は今でこそ標準のグレードと比べてさほど査定で差がついておらず、むしろ新車価格が高いことを考えれば残価率が低い傾向すらあるものの、今後年式が古くなるにしたがって、標準のグレードより査定でプラス要素になるかもしれません。

逆に、現在では高額査定の対象である「モード ネロ」「モード ブルーノ」といった豪華内装の特別仕様車、あるいは同じくシート表皮へ本革を使った「G-T」「G」グレードは、年式が古くなると本革の経年劣化によって価値が大きく下がる傾向にあるため、高価買取狙いであれば、これらのグレードは長く乗り続けるより早めの売却を検討した方が良さそうです。

同様にハイブリッド車も年式が古くなるほど通常のガソリン車より残価率の低下が激しいことから、買取市場での「人気の時期」はかなり短く、人気車種のC-HRでもガソリン車と差がないのは1年落ちまでであり、2年落ちの2018年式で既に数%も残価率に差が出ており、高価買取が見込めるのは程度がよくとも5~6年落ちまでと考えた方がいいかもしれません。

事故車・修復歴ありのC-HRの場合は?

C-HRは人気車ということもあってエアバッグが開いた事故車でも修復すれば販売が見込めるため、2018年式1.2リッターガソリンターボ車の事故車買取価格が137万円程度と、通常の買取市場と比較しても85%程度で高額買取が見込めます。
もちろん修復困難なダメージを受ければ問題外ですが、事故にあってしまったとガッカリする前に事故車買取に出すと、思わぬ査定結果が得られるかもしれません。

C-HRの残価率・リセールバリューは?

まだ発売されて3年とたっていない“最新型”といえるモデルだけに、C-HRの残価率は1年落ちの45~62%から、2年落ちでも50~59%と、走行距離や車検残による差しか出ていないようです。

ただし、他の新型車が登場したこともあって人気は比較的落ち着いており、買取市場へ続々と流れ込んでくるC-HRに対して需要も控えめなゆえか、買取価格はS-T系で120~152万円、S系で148~165万円、G-T系で155~168万円、もっとも人気のG系でも188~199万円程度となります。
ただ、G系は買取実績の大半を占めるにも関わらず、全グレード中最高の残価率と買取価格を誇っており、リセールバリューの面から見てもC-HRの“買い!!”は、GおよびG系の上級グレードと断言できます。

一括査定シェアNo1,C-HRの
査定相場を見る
07月09日 21:08:35現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

C-HRの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
ナビクルは超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

優良店のみ一括査定サイトの「シェアNo1のサービス」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

一括査定シェアNo1
優良買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
一括査定シェアNo1,まずはC-HRの
査定相場を見る
07月09日 21:08:35現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

C-HRの査定事例

  • 2020/01に査定

    C-HR S LEDパッケージ

    2,282,500
    2019年(H31)9千km

  • 2020/01に査定

    C-HR G-T モード ネロ

    2,750,000
    2019年(H31)35千km

毎日500台入荷するC-HRの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

C-HRの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車