引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior.html

買取相場 | 2019.08.20

経済性の高さと室内の広さで大人気のセレナ。最新の買取相場はどれくらい?

Posted by UruCar編集部

1991年にフロントノーズのあるボディスタイルを採用し、国産初となる2BOXミニバンスタイルをまといデビューした「バネットセレナ」。1994年に車名を変更し現在の「セレナ」になりました。 現行のセレナは全高1.8m以上の1.2~2.0L、7/8人乗りクラスのミニバンで最高燃費(26.2km/ℓ)をマークしています。 スペース効率が高く、その上燃費まで良く、さらに手の届きやすい価格帯販売されているためにファミリー層に大変人気があります。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

セレナの中古市場での人気について

セレナはグレードやラインナップも豊富に揃っており、ミドルサイズのミニバンの中でも、特に室内空間の広さから中古市場でも幅広い支持が集まっています。
また、シートアレンジの豊富さから得られる汎用性の高さやコストパフォーマンスの高さからミニバンファン、ファミリーユーザーから高い人気があります。

買取査定額が期待できるセレナの人気グレード

セレナにはS、X、Gのメイングレードが3つあり、さらに特別な外装が施されたハイウェイスターが存在します。その他XVやハイウェイスターVなど、付加グレードのVセレクションが用意されているので、グレードの多い車種と言えます。
装備や機能で考えた場合、上位モデルのエルグランドにも設定が有るハイウェイスターが、買取価格が期待できるグレードとなるでしょう。

買取査定額が期待できるセレナの人気カラー

セレナではダイヤモンドブラック・ブリリアントホワイトパールが人気カラーとなります。やはり日本国内で買い取り価格を考えると有利に働くのは白・黒で間違いないのですが、このセレナは現行モデルよりミニバンでは珍しいツートンカラーも展開しており、マルーンレッド×ダイヤモンドブラックの人気が高いです。
具体的には他色よりも10万円〜20万円高値で取引されています。

1年落ちセレナの目安査定額

1年落ちセレナは現行モデルです。ハイウェイスターの人気が高く、買取相場で高値を維持しており、ボリュームゾーンでは走行距離が浅いハイウェイスターで220万円〜250万円前後、1〜2万km走行で175万円〜190万円前後の買取価格を推移しています。
以上から、1年落ちセレナの場合は平均で220万円が、査定額のボリュームゾーンとなるでしょう。

7年落ちセレナの目安査定額

7年落ちのセレナは世代としては先代モデル、セレナとしては4代目に該当するモデルです。この年式はライダーグレードが高値で取引されています。
4〜5万km走行のライダーで買取価格相場が150万円前後、ハイウェイスターでは95万円〜130万円程度と、距離に応じて査定額の差が大きくなってきています。

10年落ちセレナの目安査定額

10年落ちセレナは3代目になります。当然走行距離も多くなり、状態も10年も経てば傷みやヤレが出てくるでしょう。特にファミリー世代で使用された履歴が残るクルマが多いモデルですので、状態により査定額に大幅な価格差が出てくる年式でもあります。
最安値では買取価格で5万円〜10万円程度、最高値では45万円〜85万円程度まで大きく差が出てきます。

ファミリーユーザーの場合、ミニバンは長期間乗られる傾向があります。
この年式になってくると査定額が落ちてくるのは仕方のないことではありますが、資産価値として考えた場合、乗り換えを検討すべき年式ではないでしょうか?

事故車・修復歴ありのセレナの場合は?

およそ28年に渡り販売実績があるセレナ。中には修復歴のある車両も出てきます。実際に事故歴のあるセレナは高年式の現行モデル、かつ走行距離が浅い車で130万円~170万円前後、平均155万円前後の査定額になります。

セレナの残価率・リセールバリューは?

セレナは、その広大なスペースにより車椅子を積めることから、医療介護の現場からもニーズのあるモデルです。
中古市場ではどのような値動きをしているのでしょうか?実際の価値の残り方を残価率計算を用いてを見える化してみました。

例えば、1年0.8万km走行のe-POWERハイウェイスターVで平均買取価格が291.8万円でした。
ベースとなる新車販売価格が343.5万円で、ディーラーオプションを車両本体価格の10%ほど付加したと仮定して、支払額が380万円なので、その残価率は76.7%という事になります。つまり75%~77%の残価率が期待できるということです。

同じく5年4万km走行で平均買取価格が122.6万円、残価率が32.3%なので、期待値としては32%~34%前後となります。

最も売却検討された11年8万kmの平均買取価格は32.4万円で、その場合の残価率は8.5%となります。
これくらいの年式の場合は残価率の期待値で8%~10%ほどになると思いますが、ここから見えてくる事は、セレナユーザーは買い替えよりもメンテナンスに費用をかけ、一台の平均所有期間は長い傾向にあるという事です。

ですが、もし乗り換えたいと思える次のモデルが決まっているのであれば、残価率が高い3年以内で乗り換え検討をオススメします。

セレナは1991年に誕生してから現在まで国産ミニバンを支えてきました。今秋(2019年0)にはAUTECHモデルが発売されるなど、グレードの多さは健在です。
また、介護向けのライフケアビークルグレードも装備が豊富で社会に貢献しています。
高額査定を狙うのであれば、こまめな点検で車の状態を維持していくことが重要なポイントになってくるでしょう。
さらに平均所有年数が高いことから、距離・登録日が浅い車ですと高めの査定が期待できるモデルともいえますので、手離しを考えられているようでしたら早めの査定がオススメです。

[PR]

厳選された非公開在庫から中古車を探しませんか?

全国500店舗、中古車買取実績No.1の ガリバーの「中古車ご提案サービス

インターネットに出ていない非公開在庫を、全国500店舗、中古車買取実績No.1のガリバーの「中古車ご提案サービス」車種・年式・予算 等の簡単な入力で、全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。

  • 安心の全車保証!最長10年保証あり

    重要機構部品を最長10年までの保証サービスがお選びいただけます。
    高額の修理代の不安がなくなります。
  • 中古車でも返品OK

    車選びは間違えても大丈夫、と言えるような大きな安心を。
    納車後国産車100日・輸入車30日以内なら中古車なのに返品可能!
  • 徹底検査で修復歴の有無をご案内

    徹底検査で修復歴の有無・内外装の
    ダメージを詳細にお伝えします。
毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る ※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

えっ?この車、ホントにこんな高い金額で売れるの?…
そんな値がつく、カーセンサーの無料一括査定

  • 提携会社数約1,000社!
  • 同時見積数最大30社!
  • しつこい営業電話無し!
  • 業者の丁寧な対応

カーセンサーは、提携している買取業者数は約1000社
全国各地の業者から車種に合わせてあなたの車を最も高価で査定してくれる業者を選んでくれます。 先方からの連絡回数(電話)頻度が少なく、面倒がありません。
下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくないので
売却の秘訣はまずは複数の業車に査定をする事、精度の高い金額をカーセンサーは実現します。

無料で一括診断!
あなたの愛車査定

CARこの記事で紹介した車