引用:https://toyota.jp

2019.07.19

超有名な国産スポーツカーの86 驚きの残価率、リセールバリュー

Posted by UruCar編集部

現行のトヨタ86(ハチロク)のネーミングルーツは、現在でも人気の高いAE86型レビン・トレノで、トヨタがAE86のように若者に手の届きやすい価格帯でユーザーと共に成長し、走る喜びを伝えたいと、スバルと共同開発をしたスポーツカーです。 2012年からマイナーチェンジを繰り返し現在までユーザーに愛されてきたモデルとなります。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

86(ハチロク)の中古市場での人気について

86はコンパクトかつ手の届きやすいFRスポーツカーとしてとても人気の有るモデルです。
スポーツカーとして人気が有るということは、アフターマーケットのチューニングパーツ類も非常に充実すると同義であり、ノウハウも蓄積されているということですね。長く楽しめて自分色に染めることが出来るという点でも中古市場で盛り上がりを見せています。

買取査定額が期待できる86(ハチロク)の人気グレード

GRMN
14R
14R-60
プレミア価格

86は現在G・GT・GTリミテッドの基本3グレードで展開されており、GTリミテッドの人気が高いです。
さらに特別な装備が付加されたGTリミテッドブラックパッケージも存在します。
また86には限定モデルも存在し、GRMNや14R、14R-60ではプレミア価格での取引がされています。

買取査定額が期待できる86の人気カラー

ブラック
ホワイト
3万円前後プラス

車両の性格からカラーでの査定価格に大きな差は無い傾向にあります。
ブラック・ホワイト共に人気色なのは間違いありませんが、他カラーと比べても3万円前後プラスがあるか無いかで推移しています。
むしろ、再販時にセカンドユーザーから欲しいと思われるような綺麗目なカスタマイズがされている方が、査定金額に影響があるようです。

3年落ち86(ハチロク)の目安査定額

3年落ち 平均210万円~230万円前後

86は国内のスポーツカーの市場で特に人気が高く、残価値も3年目までが一番残るラインになります。データを見ていくと平均210万円~230万円前後の買取相場で推移しています。
3年3万キロを走破しても残価値は大きく残っている印象です。

5年落ち86(ハチロク)の目安査定額

5年落ち 160万円~180万円がボリュームゾーン

5年前のモデルでは車両の性格が性格なので状態によって査定額が変わります。標準状態で比較をすると値動きの推移は160万円~180万円ほどがボリュームゾーンで、状態やチューニング度合いによってプラスやマイナスが発生してきます。

7年落ち86(ハチロク)の目安査定額

7年落ち 120万円~140万円がボリュームゾーン
7年落ち(過走行) 90万円~100万円程度

7年落ちの86はデビュー初期のモデルとなります。現行モデルとしての息が長い車ですので中古市場でもいまだ活発に売買が行われており、残存価値も人気の高さから十分に残っていると言えます。
ボリュームゾーンの買い取り価格としては120万円~140万円、過走行でも90万円~100万円の買い取り価格が期待できます。
7年落ちで考えると残価の残り方は大きいモデルと言えます。

事故車・修復歴ありの86(ハチロク)の場合は?

3年経過の修復歴あり 120万円~140万円程度

スポーツカーである86は残念なことに事故歴を負った車も少なくありません。
しかし、カスタマイズのためにフレームを切って事故修復歴あり車扱いになる場合もあるでしょう。
修復歴あり車について、セカンドユーザーが寛容な場合があるのもこのスポーツカー市場の特徴でありますので、通常車の大まかに33%から38%前後の減額調整になることが多いです。
具体的には、3年経過の修復歴あり車で120万円~140万円程の買い取り額で推移することが多いようです。

86(ハチロク)の残価率・リセールバリューは?

経過年数 走行距離 最高買取額 残価率
2年落ち 2万キロ走行 買取最高値¥2,080,000 65.3%
3年落ち 通常走行2万キロ 買取最高値¥1,940,000 61%
5年落ち 買取最高値¥1,540,000 48.4%

86は現代に生きる数少ないスポーツカーです。人馬一体を感じ、車を操る喜びを得られ、新車で購入が可能な稀有な存在ということができます。

86は人気の高いGTリミテッドを新車購入した場合、金額が¥3,183,840で、その後約2年2万キロ乗って売却した場合に、買取最高値は¥2,080,000でした。
つまり2年間で¥1,103,840を償却しており、その残価率は65.3%ということになります。

また、5年落ちの時の買取最高値が¥1,540,000で、同様の計算で残価率は48.4%に。
その他、3年通常走行2万キロの場合、2年の時大きくとかわらず、買取最高値は¥1,940,000で残価率は約61%となり、平均値で58.2%です。

車を操り、チューニングし、楽しむということに重きを置いて考えられているならば、こんなに残価の残るスポーツカーは国産車にあまり例がありません

ユーザー同士の意見交換も活発なモデルですので友人関係も増えると思います。リセールも良く、人生にもいいエッセンスになってくれる一台になるのではないでしょうか?

2012年から販売され、数々の特別仕様車や限定モデルを発表してきた86。
リセールを考えても非常に優秀な一台です。次のステップアップも今の相棒が86ならばしやすいのではないでしょうか
しかし、日々査定価格は下がります。次のモデルが見えているようであれば早めの査定がオススメです。

愛車を相場より10万円以上高く売る方法をご存じですか?
中古車の一括査定ならそれが可能です。

  • 提携会社数約1,000社!
  • 同時見積数最大30社!
  • しつこい営業電話無し!
  • 業者の丁寧な対応あり!
  • 事故車にも対応!

一括査定サービスのカーセンサーは、提携している買取業者数は約1000社
全国各地の業者から車種に合わせてあなたの車を最も高価で査定してくれる業者を選んでくれます。

先方からの連絡回数(電話)頻度が少なく、忙しくても売却可能です。
下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくありません。
安心のリクルート運営なのでサポートも万全です。

3分程度で完了
カーセンサーで査定額を調べる