引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

買取相場 | 2019.06.21

使い勝手抜群!人気ミニバンのフリードの資産価値が高い理由とは?

Posted by UruCar編集部

フリードは、『最高にちょうどいいホンダ!』というキャッチーなCMで2008年にデビューした、最高車齢がまだ10年ほどの新しいモデルです。 コンパクトカーのサイズに、ミニバンの室内空間と乗車定員、両側スライドドアを持ち合わせているため、大きな車庫がなかったり、運転に自信がない奥様も運転しやすく、子育て世代には最高の一台となるでしょう。 そんなフリードの買取実績やリセールバリューについてご紹介していきます。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

フリードの中古市場での人気について

フリードは前述の通り、とても多くのニーズを満たすことのできる、まさに万能の一台です。
実際に室内空間はなかなかに広大であり、サイズはコンパクトサイズ、取り回しは良好、燃費も良いのにミニバンとして使える、なんとも非の打ちどころがない優秀なクルマです。

当然、新車時の人気も高く、中古市場でも多くの車が活発に取引されています。実際に筆者もフリードを査定に出したことがありますが、かなり良好な査定額が出てきてびっくりしたことがあります。

買取査定額が期待できるフリードの人気グレード

Gホンダセンシングの両側スライドオプション付き プラス査定傾向
モデューロX ホンダセンシング プラス査定傾向

現行のフリードはわかりやすいグレード体系が形成されており、ベースグレードのB、リア左のパワースライドドア装着車のG、快適装備・安全装備充実のGホンダセンシングで構成され、それぞれに四輪駆動モデルが設定されています。なおG以上のグレードでないと7人乗りは選択できません。

買い取り額で期待値が高いのがGホンダセンシングの両側スライドオプション付きや、まだデータは少ないものの、エアロが装備されたモデューロX ホンダセンシングでしょう。
また7人乗りのニーズも高く、こちらもプラス査定になります。

買取査定額が期待できるフリードの人気カラー

ホワイト
ブラック
査定金額に5万円~10万円程度の影響
ブルー 平均価格並み

フリードの場合、ホワイトとブラック、ブルーが新車時の販売数で見た場合の人気カラーです。
フリードの中古市場ではCMのイメージもあり、ブルーも平均価格並みでの査定額が期待でき、ホワイトとブラックは不変のプラス査定カラーとして査定金額に5万円~10万円程度の影響を与えています。

3年落ちフリードの目安査定額

2016年モデル Gホンダセンシング 180万円~200万円程度

新車から3年目までのフリードは特にライバルらしいライバルも多くないマーケットの形成もあり、再販売時の需要の高さからも買取価格が期待できます。

例えば、現行初期の2016年モデル、人気グレードのGホンダセンシングで、180万円~200万円程度とかなり優秀です。
これはむしろ、異常値ともいえるほど査定額が高いです。

7年落ちフリードの目安査定額

先代中期モデル 7年7万キロ 100万円~120万円程度

7年前のモデルとなると、フリードの先代中期モデルが該当し、現在でも流通が活発になされています。
例えば、7年7万キロを走破した車でグレードによりですが、100万円~120万円程度の残価があります。
7年で50%前後の残価値が確保されているため、資産価値は相当に高い部類です。迷ったら買って悩めば大丈夫。それ位資産価値がある車と言えるでしょう。

10年落ちフリードの目安査定額

5万キロ前後 45万円~60万円程度

10年落ちのフリードは先代の初期モデルとなり、7万キロから10万キロを走破した車が多く見ることができます。
査定額の変動は主に内外装のヤレや傷がメインになります。
距離が5万キロ前後であれば、買取相場は45万円~60万円程度で、平均50万円前後と相変わらず高値安定しており、安心感があります。

事故車・修復歴ありのフリードの場合は?

10年落ち 5万円~10万円程度
2年落ち 90万円~100万円程度

極めて残価値の高いフリードですが、意外な弱点が事故車・修復歴あり車の場合です。
人気のある車ですので市場流通量も豊富、元の販売価も高い車ではないので直すよりも中古で次の代替えにつながることも多いわけです。

そのため、事故現状車では一桁万円~20万円程度が通常の買取額となるでしょう。
運悪く事故車扱いになってしまう損傷があった位の現行(高年式)現状車では、90万円の最高値がついているようです。

そして修復歴有のフリードの場合、買取相場は10年落ちで5万円~10万円ほど、2年落ちですと90万円~100万円と、修復歴なしの車と比べるとかなりの差が発生する傾向にあります。

フリードの残価率・リセールバリューは?

クルマは日々残存価値の下がってゆく消費財です。今日より明日、明日より明後日と、日々価値は減ります。
しかしこの減価償却が少ない自動車を選ぶと、お財布には優しいクルマであったと言えます。

これを残価率と呼び、残価率の高い車は結果的にお得な車となります。
そんな残価率ですが、フリードの場合はどうでしょうか?

グレード名 走行距離 買取金額 残価率
Gホンダセンシング 2年 2万キロ ¥1,950,000 92%
Gホンダセンシング 3年 6万キロ ¥1,330,000 62.7%
Gホンダセンシング 3年1万キロ ¥1,670,000 78.7%

例えば、フリードを新車で購入した場合、グレードがGホンダセンシングで価格が¥2,121,600、現行型初期を2年2万キロ乗って売却した場合の買取最高値は¥1,950,000でした。
つまり2年間で¥171,600しか償却せず、その残価率はなんと92%ということになります。
これは、新車で買って毎月一万円払っていればいい計算です。

また、3年で6万キロの買取最高値が¥1,330,000、同様の計算で62.7%。
3年で1万キロの場合、買取最高値は¥1,670,000で残価率は78.7%となり、平均値で77.8%です。

この数値は自動車業界では異常値といえます。
中古で購入せずに新車購入をして乗り換えを続けると、レンタカーを借りるよりも安い金額で乗り続けられる、そんな車がフリードです。

フリードは残価値が非常に残りやすい車であることがわかりました。
代替えを早く進めると得をすることすらありそうです。
つまり、フリードの売り時は思い立ったその日かもしれません。どんな車も、間違いなく日々価値が下がります。
現在の価値を早めに調べて賢い乗り継ぎはいかがでしょうか?

[PR]

厳選された非公開在庫から中古車を探しませんか?

全国500店舗、中古車買取実績No.1の ガリバーの「中古車ご提案サービス

インターネットに出ていない非公開在庫を、全国500店舗、中古車買取実績No.1のガリバーの「中古車ご提案サービス」車種・年式・予算 等の簡単な入力で、全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。

  • 安心の全車保証!最長10年保証あり

    重要機構部品を最長10年までの保証サービスがお選びいただけます。
    高額の修理代の不安がなくなります。
  • 中古車でも返品OK

    車選びは間違えても大丈夫、と言えるような大きな安心を。
    納車後国産車100日・輸入車30日以内なら中古車なのに返品可能!
  • 徹底検査で修復歴の有無をご案内

    徹底検査で修復歴の有無・内外装の
    ダメージを詳細にお伝えします。
毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る ※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

えっ?この車、ホントにこんな高い金額で売れるの?…
そんな値がつく、カーセンサーの無料一括査定

  • 提携会社数約1,000社!
  • 同時見積数最大30社!
  • しつこい営業電話無し!
  • 業者の丁寧な対応

カーセンサーは、提携している買取業者数は約1000社
全国各地の業者から車種に合わせてあなたの車を最も高価で査定してくれる業者を選んでくれます。 先方からの連絡回数(電話)頻度が少なく、面倒がありません。
下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくないので
売却の秘訣はまずは複数の業車に査定をする事、精度の高い金額をカーセンサーは実現します。

無料で一括診断!
あなたの愛車査定

CARこの記事で紹介した車