引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

2019.06.21

フリードの買取相場2019年度版!フリードの下取り・売却で失敗しないために

フリードは、『最高にちょうどいいホンダ!』というキャッチーなCMで2008年にデビューした、最高車齢がまだ10年ほどの新しいモデルです。 コンパクトカーのサイズに、ミニバンの室内空間と乗車定員、両側スライドドアを持ち合わせているため、大きな車庫がなかったり、運転に自信がない奥様も運転しやすく、子育て世代には最高の一台となるでしょう。 そんなフリードの買取実績やリセールバリューについてご紹介していきます。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

フリードの中古市場での人気について

フリードは前述の通り、とても多くのニーズを満たすことのできる、まさに万能の一台です。
実際に室内空間はなかなかに広大であり、サイズはコンパクトサイズ、取り回しは良好、燃費も良いのにミニバンとして使える、なんとも非の打ちどころがない優秀なクルマです。

当然、新車時の人気も高く、中古市場でも多くの車が活発に取引されています。実際に筆者もフリードを査定に出したことがありますが、かなり良好な査定額が出てきてびっくりしたことがあります。

買取査定額が期待できるフリードの人気グレード

現行のフリードはわかりやすいグレード体系が形成されており、ベースグレードのB、リア左のパワースライドドア装着車のG、快適装備・安全装備充実のGホンダセンシングで構成され、それぞれに四輪駆動モデルが設定されています。なおG以上のグレードでないと7人乗りは選択できません。

買い取り額で期待値が高いのがGホンダセンシングの両側スライドオプション付きや、まだデータは少ないものの、エアロが装備されたモデューロX ホンダセンシングでしょう。
また7人乗りのニーズも高く、こちらもプラス査定になります。

買取査定額が期待できるフリードの人気カラー

フリードの場合、ホワイトとブラック、ブルーが新車時の販売数で見た場合の人気カラーです。
フリードの中古市場ではCMのイメージもあり、ブルーも平均価格並みでの査定額が期待でき、ホワイトとブラックは不変のプラス査定カラーとして査定金額に5万円~10万円程度の影響を与えています。

3年落ちフリードの目安査定額

新車から3年目までのフリードは特にライバルらしいライバルも多くないマーケットの形成もあり、再販売時の需要の高さからも買取価格が期待できます。

例えば、現行初期の2016年モデル、人気グレードのGホンダセンシングで、180万円~200万円程度とかなり優秀です。
これはむしろ、異常値ともいえるほど査定額が高いです。

7年落ちフリードの目安査定額

7年前のモデルとなると、フリードの先代中期モデルが該当し、現在でも流通が活発になされています。
例えば、7年7万キロを走破した車でグレードによりですが、100万円~120万円程度の残価があります。
7年で50%前後の残価値が確保されているため、資産価値は相当に高い部類です。迷ったら買って悩めば大丈夫。それ位資産価値がある車と言えるでしょう。

10年落ちフリードの目安査定額

10年落ちのフリードは先代の初期モデルとなり、7万キロから10万キロを走破した車が多く見ることができます。
査定額の変動は主に内外装のヤレや傷がメインになります。
距離が5万キロ前後であれば、買取相場は45万円~60万円程度で、平均50万円前後と相変わらず高値安定しており、安心感があります。

事故車・修復歴ありのフリードの場合は?

極めて残価値の高いフリードですが、意外な弱点が事故車・修復歴あり車の場合です。
人気のある車ですので市場流通量も豊富、元の販売価も高い車ではないので直すよりも中古で次の代替えにつながることも多いわけです。

そのため、事故現状車では一桁万円~20万円程度が通常の買取額となるでしょう。
運悪く事故車扱いになってしまう損傷があった位の現行(高年式)現状車では、90万円の最高値がついているようです。

そして修復歴有のフリードの場合、買取相場は10年落ちで5万円~10万円ほど、2年落ちですと90万円~100万円と、修復歴なしの車と比べるとかなりの差が発生する傾向にあります。

フリードの残価率・リセールバリューは?

クルマは日々残存価値の下がってゆく消費財です。今日より明日、明日より明後日と、日々価値は減ります。
しかしこの減価償却が少ない自動車を選ぶと、お財布には優しいクルマであったと言えます。

これを残価率と呼び、残価率の高い車は結果的にお得な車となります。
そんな残価率ですが、フリードの場合はどうでしょうか?

例えば、フリードを新車で購入した場合、グレードがGホンダセンシングで価格が¥2,121,600、現行型初期を2年2万キロ乗って売却した場合の買取最高値は¥1,950,000でした。
つまり2年間で¥171,600しか償却せず、その残価率はなんと92%ということになります。
これは、新車で買って毎月一万円払っていればいい計算です。

また、3年で6万キロの買取最高値が¥1,330,000、同様の計算で62.7%。
3年で1万キロの場合、買取最高値は¥1,670,000で残価率は78.7%となり、平均値で77.8%です。

この数値は自動車業界では異常値といえます。
中古で購入せずに新車購入をして乗り換えを続けると、レンタカーを借りるよりも安い金額で乗り続けられる、そんな車がフリードです。

フリードは残価値が非常に残りやすい車であることがわかりました。
代替えを早く進めると得をすることすらありそうです。
つまり、フリードの売り時は思い立ったその日かもしれません。どんな車も、間違いなく日々価値が下がります。
現在の価値を早めに調べて賢い乗り継ぎはいかがでしょうか?

この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

総合評価 ★★★(3)

おクルマの査定は車買取台数No.1の ガリバーで!

  • 入金は最短で2営業日
  • 手続き代行サービスあり!
  • 代車無料貸し出し

総合評価 ★★★(3)

サービス説明

買取金額のご入金は最短2営業日で可能。ご契約後でも、ガリバーに車を引渡した翌日までは無償でキャンセルが可能。代車を無料で一定期間お貸ししています。売却時の面倒な手続きも全てガリバーが対応します

サービス評価

現金化の速さ
★★★(3)
買取金額
★★★(3)
対応
★★★(3)
信頼度
★★★(3)
売却までの時間
★★★(3)

口コミ

担当者の対応はとても良い

★★★(3)

温和な担当者の方で、営業トークなどなく、とても対応が良かったです。 取引の説明も親切丁寧でした。 査定額も希望以上となったため、即決しました。 一点残念なところはリサイクル料と税金は少しわかりにくかった。 でも機会があればまた、お世話になりたいです。

スムーズな対応が良かった

★★★(3)

車種と年式を入力するだけで良いのでとても便利。 数回のメールの後に店舗へ持ち込みましたがとてもスムーズに取引ができました。 買取後に書類などに問題がなかったかなどフォローをしてもらえたので助かりました。

一番高かった

★★★★(4)

テレビCMで見て問い合わせをしました、20分くらいで査定は完了して自分が思った以上の金額だったのでガリバーで売りました。 一応心配なので別の何社かに査定をしてもらったのですがガリバーが一番金額が高かったので結果的にも満足です。

総合評価 ★★★★(4)

リクルートが運営するクルマ総合情報サイト

  • 中古車物件の掲載台数が全国完全網羅
  • 安心のリクルート運営
  • カーセンサーだけの店舗あり

総合評価 ★★★★(4)

サービス説明

中古車物件の掲載台数が全国完全網羅で20万台以上。 中古車買取一括査定も全国の買取店が参画。 たった3分程度の入力作業で完了。 カーセンサーにしか掲載していない買取店も!

サービス評価

現金化の速さ
★★★(3)
買取金額
★★★(3)
対応
★★★★(4)
信頼度
★★★★★(5)
売却までの時間
★★★(3)

口コミ

メールでの連絡がメイン

★★★★(4)

一括査定なので電話がたくさんかかってくると思っていましたが、1社のみであとの3社はメールでの連絡のみでした。 事前に情報を送っているため、何度も同じ説明をしなくて良いのは助かりました。 アフター保証もとても良かったです。

査定の金額に関しては、かなり価格の差が大きい

★★★(3)

初めての査定依頼でしたが各社丁寧な対応だと思いました。 査定の金額に関しては、かなり価格の差が大きいなと思いました。 相場価格を知るだけだとあまりはっきりした金額は言ってくれないので、きちんとした査定を出さないと実際の買取金額は教えてくれないのは少し疑問でしたが仕方がないのかなと思いました。

多少手間でも一度一括査定に出してみるのが良さそう

★★★★(4)

一括査定だとカーセンサーが良いと聞き、査定依頼をしました。 ディーラーの下取り価格より高値で売却ができたので多少手間でも一度一括査定に出してみるのが良さそうです。 特にしつこい業者さんも居なかったので安心して取引ができました