引用:https://www.weds.co.jp

カスタム・アフターパーツ | 2021.01.08

アルミホイールメーカー・wedsとは?他のホイールと何が違うのか

Posted by 菅野 直人

日本には、大小合わせると多数の自動車用ホイールメーカーがあり、さらに複数のブランドを抱えている例も多く、どちらかというとメーカー名よりブランド名の方が知名度が高いパターンも多いかもしれません。そんな中でも、自らの車名を冠したスポーツアルミホイールブランドを持ち、そのブランドでSUPER GTのチームにもスポンサードしている「weds(ウェッズ」は、割と有名なメーカーかもしれません。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

国産カスタムホイール黎明期の一翼を担った「weds(ウェッズ)」

https://www.weds.co.jp

今や9つものアルミホイールブランドを持ち、その他にトラック用アルミ「TMF」などを販売する東京車輪、3ピース鍛造アルミを得意とするスーパースター、カー用品店や福祉施設、携帯電話販売など多様な事業を展開するバーデンと、いずれも個性的な企業を傘下に持つ「weds(ウェッズ)」。

一部で「日本初のアルミホイールメーカー」とされていることもありますが、実際は少々複雑で、「日本初のアルミ鍛造3ピースホイール」と自社HPでは紹介しています。

そもそもwedsの前身、日産ディーラーへ新車添付品を納入する企業として日宝株式会社が創立された1965年頃とは、乗用車が庶民のマイカーになるには少しお高い時代で、国産アルミホイールなどレーシングカー用でさえ存在せず、第1回日本グランプリ(1963年)に出場したメーカーワークスでさえ、純正鉄チンホイールをぶった切り、円筒を溶接してワイド化した、即席の加工ホイールであったという時代です。

この加工ホイールは、黎明期のレーシングカーやカスタムカー用のカスタムホイールとして、レース屋さんを中心に商品化され、さらに海外から招待されたレーシングチームの履いていたアルミホイールやマグネシウムホイールに刺激を受けたレース関係者を中心に、それらの国産モデルをつくろうという動きで始まりました。

さらに、アメリカでは既に深リムでワイドな市販車カスタム用アルミホイールが人気を博しており、製造すれば飛ぶように売れる状況から、1967年には日本でも輸出向けアルミホイールが登場、国内でも販売されるようになりました。

そうしたレース屋さんやアフターパーツメーカーの動きを純正ホイールメーカーが見逃すはずもなく、今でもレクサス用純正アルミホイールなどを製造する純正ホイールメーカー「中央精機株式会社」(※なぜかこれがwedsの前身と誤解される場合がありますが、れっきとした現存メーカーです)で、鉄チンにクロームメッキ加工を施した「エルスター」というカスタムホイールが開発されます。

この「エルスター」を1969年2月から西日本地区発売元として販売していたのが、まだwedsになる前の日宝株式会社です。

この時点では、まだ中央精機株式会社が製造するホイールの販売を手がけているにすぎず、ホイールメーカーというわけではありませんでしたが、1970年代から盛んになる公道向け国産カスタムホイール黎明期の一翼を担っていたのは間違いありませんでした。

weds、始動!モータースポーツへも参入

http://wedssport.jp

1973年11月、他社ホイール部門の譲渡を受け、本社を大阪から東京へ移転すると同時にWorld Elstar Distributor Systemの略である「weds」をブランド名とし、「株式会社ウェッズ」へと社名も変更します。

人気商品「エルスター」がその名の由来であり、原点ともなったwedsですが、1977年には日本初のアルミ鍛造3ピースホイール「レーシングフォージ」を発売し、国産ホイールに新たな歴史を刻みました。

同年には、GC(グラチャン)レースなどの前座として開催され、TSレースともどもメインレース以上の熱い戦いと人気を誇ったマイナーツーリングカーレースに関わり、1985年には、坂東商会(現在も有名なRACING PROJECT BANDOHの母体)へスポンサードして、コロナExivによりJTCC(全日本ツーリングカー選手権)へ参戦、同チームが舞台をJGTC/SUPER GTへと移しても関係は続き、現在に至ります。

その際の名称は、現在も続くスポーツアルミホイールやブレーキパッドなどスポーツ系パーツブランド「ウェッズスポーツ(Weds Sports)」で、スポーツカーに興味のある車好きにとっては、このブランドがもっとも馴染みがあり、wedsを代表するブランドと言えるかもしれません。

マーケットリサーチ能力と企画力によりトレンドを先取りし、今や9ブランド!

https://www.weds.co.jp

現在に至るwedsの特徴は、鋳造・鍛造のメリットを併せ持ち、強度を確保しながら軽量化を達成しつつ、デザインの自由度も高い「AMF製法(スピニング製法)」など高い技術力と、市場からの要望を素早く吸い上げ企画に活かすマーケットリサーチ能力により、9ブランドから多種多様なニーズに応えたホイールを販売していることです。

高級セダンからミニバン、軽スーパーハイトワゴンまで、芸術的な造形美で足元を引き締める、「Kranze(クレンツェ)」シリーズ。

パワフルでダイナミックな印象を与える「MAVERICK(マーベリック)」シリーズ。

アルミ削り出し鍛造製法で質実剛健を追求した「F zero(エフゼロ)」シリーズ。

豊富なカラーバリエーションで最先端のカスタマイズを提唱した「LEONIS(レオニス)」シリーズ。

軽快なスポーティ志向の「NOVARIS(ノバリス)」シリーズ。

耐久性や耐腐食性に優れたカスタムホイール「RIZLEY(ライツレー)」シリーズ。

本格オフローダーやSUV、リフトアップ車両によく似合う「WEDS ADVENTURE(ウェッズアドベンチャー)」シリーズ。

プレミアムカーをスポーティに仕立てる高級車向け「DELMORE(デルモア)」シリーズ。

多彩なサイズやデザインラインナップを誇り、適合車種も多い「STYLISH WHEEL(スタイリッシュホイール)」シリーズ。

そしてスポーティというよりスポーツ用途そのものの軽量高性能を極限まで突き詰めた「WedsSport(ウェッズスポーツ)」シリーズ。

いずれも個性派が揃っており、様々な方向性のドレスアップからチューニング、純粋なモータースポーツ用までユーザーのあらゆるニーズに応えるカスタムホイールの企画・開発を続け、常に新たな提案を披露するなど、時代をリードするホイールメーカー、それがweds(ウエッズ)です。

 

↓ホイールにまつわるオススメ記事↓

ホイールナットの選び方とは?種類や特徴について

アルミホイールのスパッタリングメッキとは?どのような特徴がある?

アルミホイールの鍛造と鋳造はどのように違う?それぞれの特徴とは