引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=from_corollasport_navi_exterior

買取相場 | 2019.10.03

新世代コンパクトスポーツ、カローラスポーツの市場価値は?

Posted by UruCar編集部

2019年9月のモデルチェンジで全車3ナンバーとなった新型カローラ。 それに先立つ2018年6月、先代にあたるオーリスの後継車として登場していたのがカローラスポーツです。 1.8リッターハイブリッド車とともに設定された1.2リッターターボ車には、FF車へ6速MTが設定されるなど走りに振ったハッチバック版カローラの、買取市場での評価は?

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

カローラスポーツの中古市場での人気について

2018年6月に新登場したカローラのハッチバック版「カローラスポーツ」のルーツをたどれば、1984年に発売された「カローラFX」へ行き着きます。当時は三菱ミラージュやマツダ ファミリアなど、2BOXタイプのコンパクト車が人気となっており、国民車的人気を誇っていたカローラが販売台数トップを譲り渡すほどでした。

ハッチバックどころかキャビンの広い現代風のFF化すら遅れていたカローラですが、1983年に初のFF車、5代目E80系が登場。
そして翌年ようやく発売された3ドア/5ドアハッチバック版がカローラFXでした。

しかし、初代E80系、2代目E90系と人気を得たカローラFXでしたが、3代目E100系は残念ながらバブル時代の一時期ハッチバック車の人気が低迷したこともあって失速。1995年で販売終了、一時日本でのカローラハッチバックの系譜は途絶えてしまいます。

しかし、ヨーロッパなど海外では、引き続き4代目E110系まで好評を得て販売を継続しており、日本でもバブル崩壊後にコンパクトなハッチバック車が見直され、さらにステーションワゴンブームの影響で5ドア車への”営業車のようだ”、という偏見もなくなっていたことから、2001年にカローラランクス/アレックスとして復活しました。

2006年以降はオーリスの名で2代続けて販売されていましたが、2代目オーリスからモデルチェンジにあたってカローラ・ブランドへ復することが決定。
2018年6月にフォルクスワーゲン・ゴルフなど輸入車ハッチバック車へ対抗するブランニューモデルとして登場したのです。

トヨタの新設計アーキテクチャ「TNGA」に基づく新プラットフォームや、オーリス末期、あるいは人気SUVのC-HRへ採用されて定評のあるハイブリッド、またはダウンサイジングターボエンジンを搭載したパワーユニットのみならず、電子制御MTの「インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)」や、最新のカーコネクテッド技術、予防安全技術を搭載したカローラスポーツは、新世代のコンパクトスポーツとして期待されています。

買取査定額が期待できるカローラスポーツのグレード

カローラスポーツのラインナップは、基本的にダウンサイジングターボの1.2リッターターボエンジンを搭載したFF車と4WD車、1.8リッターハイブリッドシステムを搭載したFF車の3種類で、それぞれに標準的な「G」、装備厳選した廉価版「G X」、豪華版「G Z」が設定されています。

さらにターボ車にはFF3に6速iMTも設定されるほか、CVTも10速スポーツシーケンシャルシフトマチックとスポーティ。
「GZ」および「ハイブリッドGZ」にはさらに、4輪のショックアブソーバーの減衰力を状況に応じて瞬時に切替可能な「AVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム)」がメーカーオプションで設定されました。

発売から1年少々ですから、まだ具体的にどのグレードが買取市場で高評価といわれる段階にはありませんが、ほかの車での評価をみるかぎり、購入後3年以内ならハイブリッド車の上級グレードが、それ以降はスポーティなターボ車の評価が高くなる傾向でしょう。

買取査定額が期待できるカローラスポーツのカラー

現状でカローラスポーツの高価買取上位は白系のホワイトパールクリスタルシャインが多く、ついで同じ白系でもスーパーホワイトII、黒系のアティテュードブラックマイカ、銀色のシルバーメタリックと続きます。

カローラ銘柄としては、まずトラディショナルなカラーが上位にくるのは当然といえますが、シアンメタリックやブラッキッシュアゲハガラスフレークなど、青系のカラーも高値で査定されており、フォーマルな場や冠婚葬祭のみならず、個性を重視したボディカラーがグレードによっては有利になるかもしれません。

1年落ちカローラスポーツの目安査定額

1年落ち2018年式カローラスポーツは、発売2ヶ月後に6速iMT仕様がターボ車のFFへ追加された以外、発売時点からの変更や特別仕様車の設定はまだありません。

オプション込みでおおよその新車価格と2019年9月現在での平均買取相場は以下のようになっています。

G X(FF CVT / FF 6MT /4WD CVT):新車241万円/買取実績なし
G(FF CVT / FF 6MT /4WD CVT):新車254万円/買取価格138万円程度
G Z(FF CVT / FF 6MT /4WD CVT):新車272万円/買取価格159万円程度
ハイブリッドG X(FF):新車266万円/買取実績なし
ハイブリッドG(FF):新車278万円/買取価格161万円程度
ハイブリッドG Z(FF):新車296万円/買取価格171万円程度

買取実績や走行距離が少なく、上級グレードが高価で買い取られているという状況で、査定額に差が出てくるのはまだ先の話になりそうです。

事故車・修復歴ありのカローラスポーツの場合は?

発売したばかりのカローラスポーツですが、既に事故廃車買取実績があり、修理を断念するレベルの廃車が部品取り扱いで28万円と、市場の2割以下で買い取られています。

もちろん、同じ部品取りでもどれだけ使える部品が残っているかで残価は変わってきますし、中古車市場でも約150万円程度から販売されていますから、場合によっては通常の相場の5~6割り程度で買い取られて修理されることもあり得るでしょう。

カローラスポーツの残価率・リセールバリューは?

2019年9月現在での買取市場での相場は、1年落ち2018年式で平均残価率が54~58%程度(全グレード平均で約57%)、平均買取価格は138~171万円程度(同、約157万円)となっています。

購入直後から残価率が約5割になるかどうかという車種も少なくないなかでは、カローラスポーツは比較的健闘している方で、2019年9月に新型が登場したセダンやワゴン(カローラツーリング)に比べれば、市場価値が評価されているといえるでしょう。

今後についてはプリウスやアクアといった、ハイブリッド車が総合的に低年式になるほど評価が落ちていくのに対し、スポーツモデルは希少価値もあって評価が下げ止まる傾向にありますから、カローラスポーツも同様の流れをたどるか、あるいはハイブリッド車もターボ車のスポーツ性に引っ張られて、下げ止まる時期が少し長く続くかもしれません。

なお、カローラスポーツでは夜間歩行者検知機能などで高い評価を得ている、最新の予防安全システム「Toyota Safety Sense」や、コネクテッドカーとしての中核技術である車載通信機「DCM (Data Communication Module)」を全車に標準装備していますが、これら最新技術は世代交代も早いため数年すると型落ち感も強く、買取評価へ反映させるには早い時期であるなければならないことに、注意すべきと思われます。

カローラ スポーツの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えを検討されている場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ買取に持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、カーオークションの相場、経費などその他の状況で金額が大きく変わります。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額を一括査定で調べてからから交渉されることを強くお勧めします。 愛車の売却や、中古車購入で損をしないために是非お試しください。

一括査定なら買取相場や
複数社の査定額が一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

かんたん車査定ガイドなら、テレビCMや車雑誌で有名な一流の車買取業者はもちろん、コダワリ派も納得の専門業者、JADRI会員企業の中から最大10社の無料査定
通常の買取と比べて査定額が平均17万円UPと、シェアNo,1もうなずける実績。

申し込みは45秒で完了、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

一括査定シェアNo1,まずはカローラ スポーツの
査定相場を見る

カローラ スポーツの査定事例

  • 2019/10に査定

    カローラスポーツ G

    2,178,000
    2018年(H30)1千km

毎日500台入荷するカローラ スポーツの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

カローラ スポーツの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車

10月度サイト別査定相場
平均:212.9万円/自社査定中古車買取台数No,1、買取金額だけ知りたいでもOK
平均:-万円/一括査定専門店最大8社から見積もり、最高額を選べる。金額だけ確認もOK
平均:117.4万円/一括査定47秒で無料一括査定スピード回答、73%の人が高く売れたと実感。平均23万もお得!
平均:-万円/一括査定利用実績450万人突破!3社以上の比較で平均17.6万円アップ!
平均:-万円/一括査定最大30社から見積り、最短で即日査定、すぐに査定額がわかる。
平均:-万円/一括査定全国150社以上へ一括査定、現金10万円プレゼントキャンペーンあり