引用:https://www3.nissan.co.jp

2019.06.28

シーマの買取相場2019年度版!シーマの下取り・売却で失敗しないために

シーマは、バブル期には”シーマ現象”なる言葉を生み出し、30年に渡って日産のパーソナルカーとして最上級の座を守り抜いてきた、歴史のあるモデルです。 最上の素材を用い、最上の乗り味を提供し、ハイヤーやタクシー、公官庁にも納入実績のあるこの高級車は、売買にあたり相場推移がどのような傾向にあるのか、調べてみました。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

シーマの中古市場での人気について

シーマはどの世代にも固有のファンが存在する素敵な自動車です。
平均して保有年月も長く、初代から現行型までデザインを見ても古臭さを感じない自動車と言えるでしょう。
総じて中古市場では若者から人気が高く、VIPカーカスタムのベースとなることが多いモデルとなります。
相応のニーズはあれど、日本車としては非常に高額な車両であること、ボディサイズの大きなセダン車であること、また以前のモデルでは大きな排気量を積んだ車であることから、街乗りメインやファミリーユースの一般ユーザーからのニーズはそれほどに高くはないようです。
しかし、だからこそ値ごろな価格で最上の乗り味を味わえるために、好みの合致するユーザーは積極的にこのシーマを選ぶと、満足度の高い一台となることでしょう。

買取査定額が期待できるシーマの人気グレード

現行シーマは全てがハイブリッドモデルであり3グレードでの構成、走行性能に差は設けられておらず、装備差でグレードがハイブリッド・ハイブリッドVIP・ハイブリッドVIP Gとランク分けされています。
そして後席の快適装備が充実するハイブリッドVIP以上のグレードが買取査定にはプラスに働く傾向があるようです。

買取査定額が期待できるシーマの人気カラー

シーマの場合はそもそもが公官庁や役員車など、ショーファーカーとしての性格も与えられているために、ブラックの流通量が極めて多いモデルとなります。
つきましてはカラーによるプラス査定という概念自体に乏しく、ブラックまたはそれ以外といった査定基準になるため、黒以外の査定が5万円ほど減額になることが多いようです。

2年落ちシーマの目安査定額

新車から2年落ちのシーマは車両本体価格の高い車が故に、減価償却が激しく進む時期にあたります。
また、市場として減少傾向にある大型のセダンであることも災いし、走行距離次第にはなりますが買取額は320万円~360万円前後で推移します。

7年落ちシーマの目安査定額

7年前のモデルでは現行初期モデルが該当し、結構な台数が流通しています。
年月が経った自動車なのは間違いないのですが、現行モデルなこともあり所有満足度は高い一台ではないでしょうか?
実際に値段の下がり方も落ち着き、走行距離により170万円~230万円程度の査定相場で推移しています。

10年落ちシーマの目安査定額

10年落ちのシーマは、非常に息の長かった先代の後期モデルとなり、新車販売台数も少なく中古市場では人気の高いモデルです。
走行距離が浅ければ、おおよそ120万円~140万円程度の買取査定が期待できます。
年式相応の走行距離の場合には60万円~80万円前後の査定額が相場のようです。

事故車・修復歴ありのシーマの場合は?

新車販売価格の高額なシーマは、修理をするにも技術と費用のかかる車です。事故現状車の場合ですが、自走可能なレベルの3年落ち現行車で100万円~150万円程度に、先代モデル以下ですと5万円~10万円ほどの査定額になってしまいます。
修復歴に対しても多少敏感な値動きをしており、3年落ち現行車3万キロ走行車の場合、220万円~250万円で推移しています。

シーマの残価率・リセールバリューは?

シーマを含め、国産の大型セダン車は乗って快適、装備も充実、走りも良く、見栄えもします。
しかし残念なことに、時代の流れではありますが、その価値残存率は非常に低いカテゴリーとなってしまうのが現実です。

例えば、シーマを新車で購入した場合、ハイブリッドVIPで¥8,486,640、2年2万キロ乗って売却した場合の買取最高値は¥3,400,000でした。
つまり、2年間で¥5,086,640もの金額を償却してしまい、その残価率は40%ということになります。
新車で買った場合、月間約20万円もの償却が進むことになります。

また、3年過走行6万キロの買取最高値が¥2,400,000で、同様の計算で残価率は28.3%に。
その他、3年低走行1万キロの場合の買取最高値は¥3,250,000で、残価率は38.3%となり、平均値で35.5%です。

新車で購入する場合、法人需要としてはちょうどいい償却率となりますが、個人使用の場合はかなり勇気のいる選択となりそうな車です。

シーマの残価率は、市況から考えてもライバル車から考えても、少し見劣りしてしまう結果になりました。
しかし、法人需要から考えると極めて妥当で、快適な居住性を誇り、レッグスペースも広大です。
むしろ手放しの際には雑所得計上をせずに済むので、税金計算などは楽になるかと思います。
日々刻刻と下がっていく査定価格、もし手放しを考えられているようなら一分一秒でも早い方が有利といえるでしょう。

この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。

総合評価 ★★★(3)

おクルマの査定は車買取台数No.1の ガリバーで!

  • 入金は最短で2営業日
  • 手続き代行サービスあり!
  • 代車無料貸し出し

総合評価 ★★★(3)

サービス説明

買取金額のご入金は最短2営業日で可能。ご契約後でも、ガリバーに車を引渡した翌日までは無償でキャンセルが可能。代車を無料で一定期間お貸ししています。売却時の面倒な手続きも全てガリバーが対応します

サービス評価

現金化の速さ
★★★(3)
買取金額
★★★(3)
対応
★★★(3)
信頼度
★★★(3)
売却までの時間
★★★(3)

口コミ

担当者の対応はとても良い

★★★(3)

温和な担当者の方で、営業トークなどなく、とても対応が良かったです。 取引の説明も親切丁寧でした。 査定額も希望以上となったため、即決しました。 一点残念なところはリサイクル料と税金は少しわかりにくかった。 でも機会があればまた、お世話になりたいです。

スムーズな対応が良かった

★★★(3)

車種と年式を入力するだけで良いのでとても便利。 数回のメールの後に店舗へ持ち込みましたがとてもスムーズに取引ができました。 買取後に書類などに問題がなかったかなどフォローをしてもらえたので助かりました。

一番高かった

★★★★(4)

テレビCMで見て問い合わせをしました、20分くらいで査定は完了して自分が思った以上の金額だったのでガリバーで売りました。 一応心配なので別の何社かに査定をしてもらったのですがガリバーが一番金額が高かったので結果的にも満足です。

総合評価 ★★★★(4)

リクルートが運営するクルマ総合情報サイト

  • 中古車物件の掲載台数が全国完全網羅
  • 安心のリクルート運営
  • カーセンサーだけの店舗あり

総合評価 ★★★★(4)

サービス説明

中古車物件の掲載台数が全国完全網羅で20万台以上。 中古車買取一括査定も全国の買取店が参画。 たった3分程度の入力作業で完了。 カーセンサーにしか掲載していない買取店も!

サービス評価

現金化の速さ
★★★(3)
買取金額
★★★(3)
対応
★★★★(4)
信頼度
★★★★★(5)
売却までの時間
★★★(3)

口コミ

メールでの連絡がメイン

★★★★(4)

一括査定なので電話がたくさんかかってくると思っていましたが、1社のみであとの3社はメールでの連絡のみでした。 事前に情報を送っているため、何度も同じ説明をしなくて良いのは助かりました。 アフター保証もとても良かったです。

査定の金額に関しては、かなり価格の差が大きい

★★★(3)

初めての査定依頼でしたが各社丁寧な対応だと思いました。 査定の金額に関しては、かなり価格の差が大きいなと思いました。 相場価格を知るだけだとあまりはっきりした金額は言ってくれないので、きちんとした査定を出さないと実際の買取金額は教えてくれないのは少し疑問でしたが仕方がないのかなと思いました。

多少手間でも一度一括査定に出してみるのが良さそう

★★★★(4)

一括査定だとカーセンサーが良いと聞き、査定依頼をしました。 ディーラーの下取り価格より高値で売却ができたので多少手間でも一度一括査定に出してみるのが良さそうです。 特にしつこい業者さんも居なかったので安心して取引ができました