引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp

2019.06.12

デリカD:5の買取相場2019年度版!デリカD:5の下取り・売却で失敗しないために

デリカD:5は、三菱自動車の自動車の中でもかなり歴史のあるモデルです。 RVと1BOXを見事に融合させ、ミニバンでありながらも、アウトドアユース・アクティブライフを実現できる自動車として人気を博してきました。 2019年に入り、ついにフルモデルチェンジが実施されましたが、それまで11年の長きにわたりブラッシュアップを繰り返し、根強い人気を維持してきた底力のある車です。 今回はそんなデリカ:D5の買取相場金額やリセールバリューについてご紹介していきます。

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

デリカD:5の中古市場での人気について

前述のとおり、デリカD:5はフルモデルチェンジを行うことなく、2007年より継続して販売がされきた、日本車では極めて稀な一台です。
当然、コアなファン層がつかない限りこれだけの長寿化は難しく、RVの性能を1BOXが持っているという点において、デリカD:5以外に選択肢がないのも要因の一つと考えられるでしょう。
このことから市場では非常に堅調な値動きを見せています。
流通台数が長期販売モデルとして多いにもかかわらず、買い手がついてしまうために、そういった意味で優秀な一台であることは疑いようがありません。

特にアウトドア派の家族にはとっておきの一台となるはずですし、お子様が大きくなっても余りあるキャパシティがあるモデルですので、旧モデルのデリカD:5から、新型デリカD:5への代替えも多かったようです。

買取査定額が期待できるデリカD:5の人気グレード

デリカD:5は非常にグレードの多い車種になります。
もちろん長寿化に伴いメーカーのテコ入れがあったことは明白ですが大きく分けてガソリンモデルとディーゼルモデルに大別できます。

スペックを比較すると実は燃費性能などに差はなく、基本的に動力性能の差となります。
クルマの性格上やはりトルクの太いディーゼルが市場で人気であり、最終モデル特別限定車のシャモニーについては現在、現行型より高く販売されている車両があるくらいです。

次にエアロで装飾を施した都会派モデルのローデスト、アクティブギアが取引額ではかなり優位に働いている傾向があります。
しかしながら全般的に指名買いをされることの多いこのデリカD:5どのグレードでも資産価値のある自動車であると言えそうです。

買取査定額が期待できるデリカ D5の人気カラー

どんな自動車でもやはり外すことができないカラーはホワイトとブラックです。デリカD:5においても、ホワイトとブラックが他カラーに同年式、同等走行距離の車両に比べ、5万円から10万円の高値で買い取りがなされております。
しかし、限定車や特別仕様車の場合はそもそもの選択肢がなく、アクティブギアなどは通常マイナスに働く要素でもあるオレンジを使っておりますが、値落ちの非常に少ないグレードであり、走行距離が出ていても高値取引がされているカラーといえます。
このことからデリカD:5は通常他社車に比べて、カラーに対しては寛容な値動きを見せる車であることがわかります。

1年落ちデリカD:5の目安査定額

新車から1年落ちとなると、通常は減価償却が一番進む期間である”新車登録から1年”を経過するため、輸入車であれば目も当てられないほどの価値になる年です。デリカD:5でも1年目に多く減価償却される点では同じといえます。

しかし、同クラスに現状ライバルはいないわけで、多少使用感はあれども新車の納車を待つよりは、中古あれば現物を確認してから乗ることができるため、デリカD:5の1年落ちの中古車の人気は高いです。
そういった背景から、1年落ちデリカD:5は新車価格に対して約70%以上の残価は期待できます。

例えば、1年落ちDパワーパッケージの最高査定額は250万円、最安値で約211万円と、かなり高額な査定額になっています。しかし、カラーによってやはり差が出ています。

5年落ちデリカD:5の目安買取査定額

中古車に根強い人気のあるデリカD:5は、一度車検を通した上で55万キロを走破した車でなんと1年落ちの車両と同等近い水準190万円~210万円と相当の残価がつく場合があります。

つまり新車で購入後長く乗り続けるのがデリカD:5における正解の乗り方であるのがわかりますね。
70%前後の残価が確保されているため、資産価値は非常に高いといえます。

10年落ちデリカD:5の目安買取査定額

10年落ちの国産車は思ったよりも元気な車が多く、デリカD:5の場合も10年くらいであればまだまだ楽しめる車です。
デリカD:5、アウトドアの用途で乗られることが多いモデルの性格上酷使され、荒れた車両も多く出てきます。

その中で車両評価は状態によって大きく異なり、走行距離が13万キロオーバーのブラックカラー30万円程度状態の悪い車両ですと15万円程度査定相場金額です。
しかし距離の浅い状態の良好な個体ですと100万円の高値をつける車もあります。

事故車・修復歴ありのデリカD:5の場合は?

デリカD:5アクティブに使われる可能性の高い車種になりますので、考えなければならないの事故車になってしまった場合の買取相場です。
実際に査定相場を見てみると、デリカD:5の事故車現状買取平均額は約15万円程度になっています。

運悪く事故車扱いになってしまう損傷があった位の現状車では48万円程度の最高値がついています。
また、年式次第ですが、10年落ち事故車で5万円くらい、なんとか自走可能なレベルでの事故現状車で約1530万円ほどが買取相場となります。

そして修復歴有デリカD:5は、10年落ちで35万円程度2年落ちですと170万円程度と減額は意外と大きくない印象です。
これは、中古市場での人気がそのまま反映されている結果であると考えられます。

デリカD:5の残価率・リセールバリューは?

車を資産として見た場合に、重要になる指標が【残価率】です。
例えば、新車で購入した場合、デリカD:5 アクティブギアの車両本体価格は2017年当時で¥3,763,800であり、3年3万キロ乗って売却した場合に、買取最高値は¥2,770,000でした。
つまり3年間で¥993,800の償却をし、その残価率は73.6%ということになります。
次に3年で過走行6万キロの買取最高値が¥2,250,000、同様の計算で59.8%ということになります。
3年低走行1万キロの場合、買取最高値は¥2,430,000で残価率は62.3%となり、デリカD:5における上記事例の平均値で65.2%となりました。

さらにそのデリカD:5の残価率は、3年をまたいで5年目の車検時であっても大きな変動はなく、2014年式の走行距離5万キロの買取最高値は¥2,170,000であり、残価率は57.7%にも及びます。
デリカD:5資産価値としても非常に価値の残る一台に間違いはなさそうです。

自動車は毎月毎月多かれ少なかれ減価償却していく消費財です。
何より大事なのはどの車を買うかになりますが、手放すタイミングも大事です。
価値を時々はかってみて、一番メリットのある時に手放すのが吉になりますよ。

この記事はいかがでしたか?よければシェアをお願いします。