引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/fuga/exterior_interior.html

買取相場 | 2019.09.02

歴史ある高級セダン、2代目フーガは買取市場ではどう評価されている?

Posted by UruCar

かつて日産にはトヨタ クラウンと高級セダン市場での覇権を争った、セドリックとグロリアという姉妹車がありました。 時は流れて2台とも車種整理によって廃止されましたが、その後継として2004年に登場したのが日産 フーガです。 2009年にモデルチェンジした2代目が2019年現在も販売中で、シーマやスカイラインと並ぶ日産高級セダンの三本柱を担っています。 以下、主に2代目フーガに関しての記述となります。

最新売却前に見たい、編集部一押し!一括査定サイトまとめ

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

フーガの中古市場での人気について

日産フーガは2004年にセドリック/グロリアの流れを受け継ぐ高級セダンとして登場し、2009年にはフルモデルチェンジを果たして2代目に移行、2010年にはハイブリッド車も追加されたロングセラーモデルです。

海外ではインフィニティ M、2014年以降はインフィニティ Q70として販売されており、日本ではM/Q70の標準ボディ仕様が2代目フーガ、ロングボディ仕様が5代目シーマとして販売されているほか、前者は2代目プラウディア、後者は2代目ディグニティとして三菱にOEM供給されていた時期もあります。

日産のラインアップ中ではスカイラインより高級、シーマよりスポーティで個人ユーザー向けという位置づけです。
現行型は2009年のモデルチェンジから10年を経ているいるものの、トヨタ/レクサス以外で選べる数少ない国産FR高級セダンとして、根強く支持されているようです。

買取査定額が期待できるフーガのグレード

2代目フーガのラインアップは2.5リッターV6DOHCエンジンVQ25HR搭載の250GT、3.7リッターV6DOHCエンジンVQ37VHR搭載の370GT、3.5リッターV6DOHCエンジンVQ35HR+モーターを搭載したハイブリッドの計3グレードとなり、370GTのみ4WDの370GT FOURを設定。

370GT FOUR以外に高級内装やコンフォートサスペンションなどを標準するラグジュアリーグレード250VIP(2012年6月以前は250GTタイプP)、370VIP、そしてハイブリッドVIPを設定するほか、250GTと370GT FOUR、ハイブリッドには廉価版のAパッケージが設定されています。

中古車買取で人気が高く高額買取が期待できるのは、排気量が小さく自動車税が安い250GT系ですが、専用の20インチアルミホイールやスポーツチューンドサスペンション、フロントバンパーを持つスポーティグレード、370GTタイプSも走りを求めるユーザーを中心に高い人気を得ており、2代目フーガの象徴ともいえる存在です。

買取査定額が期待できるフーガのカラー

フォーマルな使い勝手を意識した高級セダンだけに、白系のブリリアントホワイトパールと黒系のスーパーブラック/ガーネットブラックが流通台数としては圧倒的に多い2代目フーガですが、それ以外の車体色も希少価値ゆえか、高価買取されている例が散見できます。
また、プレミアムブラウンやダークブルーもコアな人気を集めており、シーンを問わず活用できる点からみて、買取時には思わぬ高評価に繋がるかもしれません。
フーガにおける人気カラーという点では、特定のものをあげるのが難しいと言えます。

5年落ちフーガの目安査定額

2019年8月現在ではデザインも変わり、海外仕様のインフィニティ由縁の前後エンブレム、切れ長のヘッドライトに変更されている2代目フーガ。
それ以前の日産エンブレム仕様は2015年2月のマイナーチェンジまでで、そんな中で買取市場で注目されているのが5年落ち2014年式です。

5年落ちフーガの2014年4月当時のオプション込みでおよその新車価格と、2019年8月現在での平均買取相場は以下の通りです。

250GT Aパッケージ 新車445万円/買取価格110万円程度
250GT 新車482万円/買取価格90万円程度
250VIP 新車521万円/買取実績ナシ
370GT FOUR Aパッケージ 新車504万円/買取実績ナシ
370GT 新車516万円/買取価格73万円程度
370GT FOUR 新車540万円/買取価格89万円程度
370GT タイプS 新車587万円/買取価格98万円程度
370VIP 新車627万円/買取価格29万円程度
ハイブリッド Aパッケージ 新車580万円/買取実績ナシ
ハイブリッド 新車650万円/買取価格77万円程度
ハイブリッドVIP 新車709万円/買取実績ナシ

まだ比較的新しいためか、250GTや370GT FOUR Aパッケージ、ハイブリッド Aパッケージ、ハイブリッドVIPの買取価格のデータはありません。

7年落ちフーガの目安査定額

2012年6月の一部改良でトランクオートクロージャーなど快適装備を追加し、250GT タイプPのグレード名を250VIPへ変更した、2012年式7年落ち2代目フーガのオプション込みでおおよその新車価格と、2019年8月現在での平均買取相場は以下。

250GT Aパッケージ 新車439万円/買取価格82万円程度
250GT 新車473万円に対し買取価格77万円程度/買取実績ナシ
250VIP(旧250GT タイプP) 新車504万円/買取価格70万円程度
370GT FOUR Aパッケージ 新車497万円/買取実績ナシ
370GT 新車506万円/買取価格50万円程度
370GT FOUR 新車529万円/買取価格74万円程度
370GT タイプS 新車560万円/買取価格66万円程度
370VIP 新車608万円/買取実績ナシ
ハイブリッド Aパッケージ 新車594万円/買取価格57万円程度
ハイブリッド 新車638万円/買取価格71万円程度
ハイブリッドVIP 新車696万円/買取価格56万円程度

370GT FOUR Aパッケージと370VIPの買取参考データはありません。このくらいの年式でも走行距離が少なければ、5年落ちに対し平均相場はそう下がらない印象を受けました。

9年落ちフーガの目安査定額

11月にハイブリッドが追加され、基本ラインアップがほぼ出揃った2代目フーガのオプション込みでおおよその新車価格と、2019年8月現在での平均買取相場です。

250GT Aパッケージ 新車439万円/買取価格56万円程度
250GT 新車470万円/買取価格55万円程度
250GT タイプP 新車501万円/買取価格60万円程度
370GT FOUR Aパッケージ 新車497万円/買取価格41万円程度
370GT 新車504万円/買取価格37万円程度
370GT FOUR 新車527万円/買取価格35万円程度
370GT タイプS 新車542万円/買取価格63万円程度
370VIP 新車605万円/買取価格58万円程度
ハイブリッド 新車650万円/買取価格60万円程度
ハイブリッドVIP 新車709万円/買取価格66万円程度

過走行や程度の良し悪しにより査定額はマチマチ、結果的に平均買取相場を大きく下げる要因になっていますが、たとえ走行距離が少なめでも買取価格が100万円を超えるようなグレードは、人気の370GT タイプSくらいといえましょう。

事故車・修復歴ありのフーガの場合は?

日本国内では現在需要の少ないセダン、それもロングセラーモデルゆえ、2代目フーガの事故車・修復歴車市場での買取事例はそう多くはありません。
多くは走行距離10万kmを超えた過走行車であり、買取価格もそれに見合った5~11万程度、平均すると8万円程度が相場となっています。

フーガの残価率・リセールバリューは?

トヨタ、レクサス以外で選べる貴重なFR高級セダンとはいえ、根本的に需要が少ないジャンルゆえ、2代目フーガのリセールバリューは決して高いものとはいえず、残価率も低めです。
9年落ちの2010年式で残価率はおおむね7~13%程度で推移していますが、これが7年落ち2012年式でもおおむね8~19%、5年落ち2014年式でおおむね5~25%といったところ。

平均相場を牽引しているのは廉価版250GT Aパッケージや250GTといったグレードで、2代目フーガに関していえば新車価格に関わらず買取価格はあまり変わらず、それゆえコスパの高いグレードほど残価率が高い傾向です。
例外は人気のスポーツグレード370GT タイプSです。
このグレードは5年落ちなら残価率17%、7年落ちでも9年落ちでも残価率12%程度を維持しており、9年落ちが22~100万程度、走行距離が3万km以下と少なめなら、108万円程度で買い取られています。

高級セダンとしての見栄えと自動車税など維持費の安さを両立した250GT系と、イメージリーダーであり「技術の日産」「走りの日産」を象徴する370GT タイプSが、2代目フーガにおける大きな目玉といえるでしょう。

一括査定シェアNo1,フーガの
査定相場を見る
04月10日 17:51:34現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

フーガの下取り、売却で損をしないためには?

買い替えの場合、ディーラーにそのまま下取りに出してしまうと数十万の差がつくこともあります。

直接買取店へ持ち込まれる場合も1店舗だけの査定だと適切な金額でない可能性があります、なぜなら買取は店舗によっての需要や、オートオークションの相場などの状況で金額が大きく変わるからです。

下取りに出す前に、お車の買取相場と最高買取額をナビクルで調べてからから交渉することが、 愛車の売却や、中古車購入で損をしないための近道です。

ナビクルなら買取相場や
複数社の査定額が
一目でわかる!

  • 172万
  • 130万
  • 112万
  • 97万
  • 121万
  • 99万

たった一度依頼を出すだけで、複数の中古車買取店へ査定依頼が可能。
JADRIという団体に所属する超優良の買取業者のみと提携、業者同士が競争しながら査定するので、一番高い査定額がわかります。

JADRI所属の優良店のみ一括査定サイトの「シェアNo1のサービス」のナビクルをオススメしています。 ほんの45秒の行動が、将来失うことになるかもしれなかった「車の価値」を守ることになるかもしれません。

通常の査定と比べ20~80万高く売れる可能性があります。 さらには申し込み後、相場額実際の取引額に基づいて算出した概算価格も、24時間いつでもスグにWeb上で確認できます。

一括査定シェアNo1
JADRI所属の有料買取店のみ
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!
一括査定シェアNo1,まずはフーガの
査定相場を見る
04月10日 17:51:34現在の
全国のリアルタイムの査定相場を配信中!

フーガの査定事例

  • 2020/01に査定

    フーガ 350GT

    490,600
    2008年(H20)50千km

  • 2020/01に査定

    フーガ 350GT

    188,100
    2006年(H18)127千km

毎日500台入荷するフーガの非公開車、見ませんか?

たとえば、特定の車種や、モデル、また、将来的なモデルチェンジや型落ちの可能性、年間20万台以上を買い取るガリバーしか知らない最新の再販、リセールバリューの動向情報も無料で相談、提供可能です。

ガリバーの「中古車ご提案サービス」は市場に出る前の70%の「非公開車両」から中古車の提案があり探す幅が大きく広がる中古車探しの際は最もおすすめするサービス。

ネット、市場に出ていない車や絶版車、マニアック車などの希少価値の高い車、一般にはまだ出回っていない車を探せます。
ネットなどで欲しい車を探し、実際の相談、購入は「中古車ご提案サービス」で非公開車両から吟味するという中古車探しが賢く中古車を選ぶ最良の手段とも言えます。

サービスは10年保証+返品OK 最短で即日で連絡、専任の担当者付き。 「今は買うか分からない」でももちろん歓迎してくれます、思っていたより思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

フーガの
非公開車両を見る

CARこの記事で紹介した車