売却、買取ガイド | 2019.07.14

車売却はどっちがお得?査定と直接買取のメリット・デメリット徹底比較!

Posted by UruCar編集部

「車を売りたいけど、どう売るのがベストなんだろう?」 車を売りたいと思った時、そんなことを思う方々も多いのではないでしょうか。 車を売却するときの方法には査定と直接買取がありますが、それぞれの売却方法におけるメリット・デメリットはどうなっているのでしょうか? そんな疑問にお答えすべく、今回は車売却における査定と直接買取のメリット・デメリットについて徹底紹介させていただきます!

以下の文中の買取査定額は、投稿日時点での目安になります。実際の査定額については相場状況や車両の状態によって大きく変動しますので、あくまで参考金額としてご覧ください

高額売却できる方法は?下取り、直接(店舗)買取、一括査定の比較表

女性

さて、まずはざっくり理解を深めるためのメリットデメリットの評価シートをみてましょう、

各車売却方法の評価一覧表

車の売却方法には、一括査定、直接買取、下取りがあります。
それぞれの売却方法のメリット・デメリットについて以下のようにまとめました。

売却価格 契約処理の簡単さ その他メリット・デメリット
一括査定 高い 簡単 〇:高価買取してくれる業者が分かる
×:複数の業者から電話があり、対応が面倒になりがち。
直接買取 標準 普通 〇:一括査定より早く売れる
△:相見積もりしたい場合、手間と時間がかかる
下取り 低い 普通 〇:車購入と車売却が一括でできるため、簡単
△:下取り金額を交渉しにくい

詳細は以下でご紹介して行きますので、まずはこちらの表で全体感を掴んでいただければと思います。

市場の原理を活用!一括査定とは?

一括査定とは、ネットで一括査定サイトを利用して車を査定してもらう方法です。
一括査定サイトを利用すると、サイトに車両情報と個人情報を登録するだけで、サイト運営会社が複数の買取業者を紹介してくれます。
複数の買取業者があなたの車の査定を希望する場合、買取業者からの電話が鳴りやまないといった事態になることもありますが、多くの買取業者に車を査定してもらうことで高価買取を実現できる可能性がグッと高まります。

直接買取とは?

直接買取とは、買取業者の店舗に出向いて車を買取りしてもらうことをいいます。
店舗で査定してもらうことで、約30~60分で買取金額を提示してもらうことができ、買取金額に納得が行かない場合は、その場で買取金額の交渉を行なうことができます。
直接取引で複数の買取業者の買取金額と比較するためには、手間と時間がかかるため、競売させたい場合などはあまりオススメしない方法になります。

最も手軽な販売方法、下取りとは?

下取りとは次に車を購入する店舗で、これまで乗ってきた車を買取ってもらうことをいいます。
同じ店舗で車の購入から買取りまでしてもらえるため、手続きは楽にできます。
しかし下取りは、「買取り」ほど高い金額はつきませんし、「買取り」のように金額を交渉することが難しいというデメリットがあります。
とくにディーラーの下取りは、「買取り」と比べるとかなり低い価格しかつかないのが実情です。
なぜならディーラーは新車の販売台数を伸ばすことが営業の目的であって、中古車を引き取ることは本来の目的ではありませんので、お客様が下取りを希望したときに車を下取っているからです。

そもそも売却価格に差が出る理由は?

まず前提として把握しておきたいのは一括査定や直接買取では、査定価格にそれほど大きな差が出るわけではない点です。
なぜなら、基本的に車の査定は年式、走行距離、ボディカラー、グレードで価格を決定しているからです。

売却価格の決定要因は相場だけでなく、パーツの状態

ネットでも車の買取相場を検索することができますが、買取相場はあくまでも買取「相場」です。
年式、走行距離、ボディカラー、グレードを基準として、外装・内装の状態、装着パーツの状態によって買取金額は大きく左右します。
そのため、どこに出すか?以上に、どんな状態で出品できるか?が大事という点は頭に入れておきましょう。
買取相場はあくまでも参考程度にして、詳細の買取価格は買取業者に査定してもらうことで知ることができます。

厳選された非公開在庫から中古車を探しませんか? [PR]

全国500店舗、中古車買取実績No.1の ガリバーの「中古車ご提案サービス

インターネットに出ていない非公開在庫を、全国500店舗、中古車買取実績No.1のガリバーの「中古車ご提案サービス」車種・年式・予算 等の簡単な入力で、全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。

  • 安心の全車保証!最長10年保証あり

    重要機構部品を最長10年までの保証サービスがお選びいただけます。
    高額の修理代の不安がなくなります。
  • 中古車でも返品OK

    車選びは間違えても大丈夫、と言えるような大きな安心を。
    納車後国産車100日・輸入車30日以内なら中古車なのに返品可能!
  • 徹底検査で修復歴の有無をご案内

    徹底検査で修復歴の有無・内外装の
    ダメージを詳細にお伝えします。
毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る ※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

えっ?この車、ホントにこんな高い金額で売れるの?…
そんな値がつく、カーセンサーの無料一括査定

  • 提携会社数約1,000社!
  • 同時見積数最大30社!
  • しつこい営業電話無し!
  • 業者の丁寧な対応

カーセンサーは、提携している買取業者数は約1000社
全国各地の業者から車種に合わせてあなたの車を最も高価で査定してくれる業者を選んでくれます。 先方からの連絡回数(電話)頻度が少なく、面倒がありません。
下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくないので
売却の秘訣はまずは複数の業車に査定をする事、精度の高い金額をカーセンサーは実現します。

無料で一括診断!
あなたの愛車査定

スムーズに買取を進めるために!一括査定の流れ

それではここからは買取の一括査定におけるフローをご説明させていただきます。

STEP1. 一括査定を申し込む/おすすめの査定業者

一括査定を申し込む場合は、自分で一括査定サイトを検索して利用します。
例えば「カーセンサー」の一括査定サイトは、全国の1000以上の買取業者が登録されており、その中から最大30社の買取業者から車の査定を受けることができます。

お好きな一括査定サイトにアクセスすると「査定依頼フォーム」がありますので、あなたが所有している車の情報と、あなたの個人情報を入力しましょう。
早ければ1時間もしないうちに、複数の買取業者から「車を査定させてほしい」という電話がきます。
電話をかけてくる買取業者の中には、ガリバーやビッグモーターなどの大手買取業者が連絡してくるでしょう。
大手買取業者は財源が豊富にあることから、高い買取金額をつける傾向がありますので、車を査定してもらう際は大手買取業者がおすすめです。

STEP2. 売却業者を決める

一括査定サイトで連絡をしてきた買取業者すべてに車を査定してもらうことが、高価買取を実現する秘訣です。
しかし数十社にも及ぶ買取業者が連絡してきた場合は、すべての買取業者に査定を依頼することは難しいですので、あなたが査定してほしいと思う買取業者を自分で選びましょう。
売却業者を決めれば、売却の手続きをとってもらいましょう。

STEP3. 売却に書類を用意し、契約する

車の売却先が決まれば、売却に必要な書類をそろえなければいけません。
車を売却するということは、あなた名義の車を別の個人または法人の名義に変更する必要があるのです。
売却に必要な書類は、以下を参考にしてください。

普通自動車 軽自動車
自動車検査証 自動車検査証
印鑑登録証明書 自賠責保険証明書
自賠責保険証明書 軽自動車納税証明書
自動車納税証明書 印鑑(認印可)
実印 振込口座情報
振込口座情報 リサイクル券(預託済みの場合)
リサイクル券

STEP4. 引き渡しを行う

前述の必要書類と車を引き渡すと、数日後に買取金額があなたの銀行口座に振り込まれます。
買取金額が振り込まれれば、車売却のやり取りは終了です。

直接買取をする場合の流れ


さて、次は直接買取する場合の流れを説明していきたいと思います。

査定に必要書類を用意する

車を売却するうえで最終的に必要な書類は前述の通りですが、車を査定してもらうときに欠かせない書類が「自動車検査証」(車検証)です。
車検証は、車の買取金額を決めるための年式、型式、車検有効期限などが掲載されています。
また自賠責保険証明書、自動車納税証明書も車を売却するために必要な書類であるため、車を査定してもらうときに提示が求められる書類の1つです。

業者を決め、店舗に持ち込み査定してもらう

車を査定してもらうために必要な書類がそろえたら、どの買取業者に車を査定してもらうかを決めて、店舗に持ち込みましょう。
店舗に持ち込む際は、事前に予約しておくことでスムーズに査定してもらうことができます。
査定の間の待ち時間は約30~60分で、その間に中古車査定士と車の状態を一緒に確認するときもあります。
車の査定が終われば買取金額が提示されますので、その金額に納得できればそのまま車の売却手続きをとることも可能です。

売却に必要な書類渡して、契約する

買取業者に車を売却することが決まれば、車売却の契約を交わします。
契約を交わしたら、先ほどご紹介した売却に必要な書類をそろえましょう。
印鑑登録証明書など、役所に出向いて取らなければいけない書類もあります。
必要書類を買取業者に渡せば、車の名義変更手続きなどを進めてくれ、最終的に買取金額をあなたの口座に振り込んでもらって取引終了です。

まとめ

今回は車売却で査定と直接買取のメリット・デメリットについてご紹介しました。
車を売却する方法は、一括査定、直接買取、下取りがありましたが、それぞれ買取金額の高低、メリット・デメリットがあることがお分かりいただけましたでしょうか?
記事では、一括査定と直接買取の流れについてもご紹介しましたので熟読なさってください。
車は一括査定を利用することで、高い買取金額をつけてくれますのでお得でした。
今回の記事を参考に、どの方法で自分の車を売却するのかを決めてみてはいかがでしょうか!

[PR]

厳選された非公開在庫から中古車を探しませんか?

全国500店舗、中古車買取実績No.1の ガリバーの「中古車ご提案サービス

インターネットに出ていない非公開在庫を、全国500店舗、中古車買取実績No.1のガリバーの「中古車ご提案サービス」車種・年式・予算 等の簡単な入力で、全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。

  • 安心の全車保証!最長10年保証あり

    重要機構部品を最長10年までの保証サービスがお選びいただけます。
    高額の修理代の不安がなくなります。
  • 中古車でも返品OK

    車選びは間違えても大丈夫、と言えるような大きな安心を。
    納車後国産車100日・輸入車30日以内なら中古車なのに返品可能!
  • 徹底検査で修復歴の有無をご案内

    徹底検査で修復歴の有無・内外装の
    ダメージを詳細にお伝えします。
毎日500台随時更新!お得な非公開車両を見る ※保証内容、返品などの詳細はガリバー公式サイトでご確認ください。

えっ?この車、ホントにこんな高い金額で売れるの?…
そんな値がつく、カーセンサーの無料一括査定

  • 提携会社数約1,000社!
  • 同時見積数最大30社!
  • しつこい営業電話無し!
  • 業者の丁寧な対応

カーセンサーは、提携している買取業者数は約1000社
全国各地の業者から車種に合わせてあなたの車を最も高価で査定してくれる業者を選んでくれます。 先方からの連絡回数(電話)頻度が少なく、面倒がありません。
下取りに比べると、10万円~30万円高い査定額が出ることも珍しくないので
売却の秘訣はまずは複数の業車に査定をする事、精度の高い金額をカーセンサーは実現します。

無料で一括診断!
あなたの愛車査定